TRUNK DIARY -ナナメカラタカラヅカ-

宝塚見て早半人生。まだまだ未知の世界すぎて幸せ。

今日も引き続き「花89期すみれかふぇ」

いや・・・なにこの昨日に引き続いての


だいみりゆるゆるトーク・・・


このふたりは時間を止める魔法とか使っているのですかね。


と、いうことでなぜか同期のことを「夢咲さん」「壱城さん」「七海さん」と

苗字+さん付けで呼ぶだいもんさんに身もだえしつつ、

今日も花89期の話題です。


おそらくパンケーキ屋の売り上げ、昨日は大変だったと思われます。


っていうかじゃっかんテロップがジョジョ仕様になりつつあるのは

スタッフさんの遊び心なんですかね。

語り合うふたりがマンガの主人公みたいだから?

・・・私はみり様にジョジョ立ちしてほしい。絶対似合う。(なんの公演?)


さすがサイトーヨシマサのミューズ。いや、ほんと似合うって!!!

やって!!組本でやって!!!(こんなに熱くリクエストしても絶対無理なのはわかっています、

おふざけで・す・よ★)


①み「なんか取り立てていうようなことあるかな?」


・・・トークコーナーのいろはをぜひ星のさゆみちゃんに教えてもらってください、

明日海さん・・・スタッフさん、もう泣きそうな声で頼んでるじゃないですか・・・。


②だ「私たちね、真面目だからさ」


・・・本人たち、認めた。


音校時代も

「この問題について、どうしたらまとめられるか」

とかをこんこんと話し合っていたらしい。


私、このふたりと同室でも絶対眠くなるわ・・・(←不真面目)


っていうかふたりとも卒業したら政治家になればいいよ。

ちょっと演説とかは無理かもしれないけど、そこそこ日本の将来は

明るくなると思う。ここまで真面目だと。


今までこのコーナーでもふっと微笑みはあっても大爆笑がない、

花89期の真面目組のふたり。


③ふたりとも朝が弱い。


初輝よしや君、天使です。起こしてくれたらしい・・・89期の天使だ。


④ボケとツッコミに対しても、真面目。


だ「そういや私、ボケてない」


もうこの二人、くじに縛られすぎなんですよ・・・。

みり様なんて、「お笑いの人とか天才だね」と言う始末。真面目に。


誰だよ、このくじ方式提案したの。

ふたりともそんなに悩まなくていい問題でかなり悩んでるよ!!!


真面目すぎるがゆえに、ツッコミ使命感に燃えている(でもゆるゆる)みり様を

笑うのがだいもんさんしかいないっていう、このスタジオの空気感がたまらないよね。

(しかも大爆笑じゃなくて、「あはは」程度の笑い)

(スタッフあきらめてる)



⑤「100周年への思い」が真面目すぎてちょっと笑えてくる。


真面目も通り越すと、笑いが生まれる。これ新発見。

まさに、「味の向こう側」です。噛んでいると甘味が出てくる、という。

思い出すのは「ホームレス中学生」(古い)。


⑥「そろそろ写真に気づいてください」というカンペを声に出して読む、明日海りお


・・・この人ダメだ。


⑦み「ハイチーズ、って誰が言ってくれるんですか?」


・・・明日海りお、大丈夫か。花組のこれからのなうおんが怖いです。



・・・そのあとの趣味ジェンヌが某国営放送の「基礎英語」を思い出すのですが、

これ、タカニュですよね?(確認)。


涼華まや嬢のアテレコ顔がもうアメリカ人顔で、ちょっとこの子見たいと思いました。

表情まで外国人。あの子やりよるわ・・・。