TRUNK DIARY -ナナメカラタカラヅカ-

宝塚見て早半人生。まだまだ未知の世界すぎて幸せ。

4月にまかキキオーシャンズ11がついに降臨すると聞いて仕事が手につきません。

ちょっと…ちょっとまじで?

 

まかキキでオーシャンズって!!!!!!!!!

 

と、いうことで23日ぶりです。

いやー、自分でもこのテンションの爆上がり感がやばいです。

LINEの通知の数に「あたしなんかしたっけか…!?」とヒヤッとしたら

次の瞬間「ま・か・キ・キ!!!!!!!」(仕事終わりのガッツポーズ)

いろいろなものが飛びました。うん、もうなんか、どうでもいいや。(だめ)

 

さて、そんなこんなで9月です。気温も落ち着き、繁忙期も落ち着き、

やっといろいろなものに着手できるな…と思っていましたが

オタクに休みなどあらず。

「まとめて1カ月の宝塚関連の感想をとりあえずいう」ブログと化している

このサイトではございますがまあ、お茶でも飲んで…

気持ち的にはムラのジェラード5個分くらい買いたいくらいの

テンションです(それでも3000円弱)。

 

宙組オーシャンズ再演するって?4月まで死んでも生きるしかない☆

あのね、こう言ってはアレなんですけども博多座の裏が

芹香さん主演(おめでとうございます!!!宙で真ん中!!めでたい!!!!)

ということでね、

「ああ…真風さん(ダーク色軍服エリートぼんぼん「僕のマーシャ…」)と

芹香さん(頭にペルシャ猫のっけた(※ロシア帽のことです)神戸の怪物)が

雪ぞりの上で愛を育む場面が見れないとは…この世の終わりだぜ…!!」

とまで思ってむせび泣いてたところでの!!!!待ってましたご褒美でーす!!!!

宙組オーシャンズ11」(再演)

あ、あ、ありがとうございます!!!!!!!

勢いで23時から新公(星組)見ちゃってさ、

「うああああああああゆりかちゃん(可愛い)

「芹香さんがただのキキちゃん(可愛い)

「天才礼真琴がヘタレ(可愛い)

「天寿さん(神々しい)

という一連の感想(定期)を胸に抱えて

「ねえ!!!ライナス!!!ライナスは誰がやるの!!!???」と、

ギンギンに目がさえたところで

あたしの記憶は止まっている(※寝落ちという)

あ、流れで星組本公演も見たんだけど(寝落ちてないし)

ライナスゆりかちゃんが恐ろしくヘタレでかわいかったです★(変わらぬ溺愛)

流れで次の日花組新公も見たんですけど、ベネれいちゃんが

キャンキャン吠えてるスピッツみたいでかわいかったです★(変わらぬ溺愛2)

 

そういえば「オーシャンズ8」をレイトショーで見たところだったんですが

あれ私すっごく好きです。どこを切り取ってもゴージャスで!!!!

あたしの好きなサンドラ(言うセリフひとつひとつがエッジが効いてるおしゃれなジョー

(いい生田君みたいなセリフ))で、

あたしの好きなケイト(やることなすこと男前で薄いウォッカを女の子に指導する姿がセクシー

(正塚先生のいい女像みたいなキャラ))で素晴らしかったです!!!

私の生きてるうちにちなつさんにルー(ケイト)をやってほしい

(=緑のジャンプスーツを着てほしい)とと、

寂しがり屋のわがままハリウッド女優アン・ハサウェイ

彩みちるさんにぜひ。もうあのブリッコと小悪魔ノリと女の敵、なのに

めちゃくちゃ可愛いアン・ハサウェイみちるさんしかいない。(断言)

 

で、そのあと「オーシャンズ」シリーズアマプラで見て(暇人なの…?)

名作だ!!!ブラッドピットが好きだ!!!とひとり騒いだ後

「でもやっぱりオーシャンズはダニーとラスティが肝だよね…」と

また星組新公を見た次第です。あたし思ったより暇みたいだね。

4月はムラでゆりかダニーに会えると思うと夜も眠れません。(寝てください)

あーもう何回行こう~~~~(もはや回数)

 

今日のファントム配役がジョルジュとガブリエル(定期)

ひなた…!!!!!!!(号泣)

今やめるの…やめるの!!!!?????

雪組の楽しみがまた消えようとしています…あなたの

雪組99期男役ッ★陽向春輝ですッ★」っていうまぶしい笑顔が…

あの銀橋で誰よりも釣っていたひなたがあああああああ!!!!

とても残念だけれど、最後までキラキラの笑顔で舞台を所狭しと

駆け回ってください。忘れないよ…。

 

ひなたの退団にむせび泣いていた頭にファントム配役が効きます。

え?ちょっと待て。雪組御曹司二大勢力彩風咲奈と永久輝せあが

もはや酷さが人外と話題の(※あくるさんの中だけで)

キャリエールだって?

御曹司っていうのは女心を弄んでこそ一人前なんだぜ★っていう

ブラックジョークかい?

あたしが知ってる御曹司はだいたい金で解決してだいたいツンデレ

10割絵に描いたイケメンでだいたい両思いになると

「おいいいかげんにしろよ」ってくらいいちゃついて

だいたい「大丈夫かよそれで」って思ってるうちに結婚するパターンの

御曹司しか知らないけど!!!(※韓国ドラマの一般的な御曹司キャラです)

 

…可愛いひとこと超絶イケメンのサキナさんに何してくれるんじゃ!!!と

今日もキャリさん嫌いが止まらないあくるさん。

あ、ベラドーヴァひらめちゃんが楽しみです。薄幸の歌姫ベラドーヴァ。

赤ちゃんエリックを抱きしめて歌うベラドーヴァ…ひらめちゃん…

あ!時系列狂うけどこれもサキひらめ。

…ジョルジュとガブリエル…!!!(定期)

 

風間ルキーニが天才

思わず「おださん」と呼ぶしかない天才っぷりに震えました(スカステ映像)

なんだろう、おださんは例えばなんですけど、

同期がやっと哺乳瓶でミルクを飲むくらいのレベルになったとき

電子レンジで自分で「あたため」を押して牛乳を温めるくらいの

レベルの違いを見せつけられるよね。え?例えがわかりずらい?

100年にひとりの天才現る、だよ。

 

そしてれいこちゃんフランツは中堅一のマザコン皇帝だし、

3時起床4時に公務開始、7時には就寝、だけど不眠症

エリザベートが近くにいないと眠れない…みたいなエリザ始まって以来の

フランツだろうなっていう。イメージ。

 

美弥さん、焦らずゆっくり、元気に戻ってきてください…!!!!!

 

定期でハリーがいい仕事する

スタンが水美さんって聞いて納得のハリーの(やりたい仕事だけする)

大御所っぷりに今日も震えが止まらない。

あと、華優希ちゃんをティーナを配したのには100点満点だし

発光100%のピンクのサテンパンツが今から楽しみすぎる

(ティーナといえばそれ)

 

まかキキフィーバーに便乗して

私は「あくるさんのマイブームを聞いてほしい病」が定期にやってくるので

勝手に書きます(リアル世界に誰も聞いてくれる人がいない)

ツイッタ-でちょっと前にフォロワーさんと盛り上がったんですけど

トッケビ」をぜひ宙組でやってほしい。

いやあ噂に聞いていたトッケビすごいです!!!!めちゃくちゃ面白い!!!!


【公式】韓国ドラマ「トッケビ ~君がくれた愛しい日々~」Blu-ray&DVD予告編

(また韓ドラかよ…とはもう言ってくれるな)

コーヒープリンス」で一世を風靡したコン・ユさんが変わらずの

おしゃれさとかっこよさにトッケビ(鬼)と死神の友情がめちゃくちゃ

面白いです。まかキキに脳内変換してみて?

350年ぶりの恋に戸惑うトッケビ(真風)と同居する死神(芹香)

寝ている死神(芹香)にいたずらするトッケビ(真風)

お互いの恋について語るトッケビ(真風)と死神(芹香)

 

…ま・か・キ・キ!!!!!(萌えが止まらない)

 

と、いうことで今月も終わろうとしています。

10月はムラで真ん中に立つ真風さんに会えます!!!!!!

ああ!!!!生きる!!!!!!!(ちょろい)

宙組・ウエストサイドストーリー感想。真風星風の演技の温度差が心地よい、感情の断捨離WSS

鉄は熱いうちに打て!!!!

 

と、いうわけで自分がのらないと書けない人間ということは

わかっているのでその気があるうちに書く!!

 

おととい「君の膵臓を食べたい」を見ました。

私、深キョンと松ケンのドラマでゲイ役をした北村匠海くんに

えらくわかりやすくハマった口でキミスイ

 「(セカチューで泣けなかった自分には)ハードルが高い」

思っていたので地上波放送をダラダラ見たのですが

結果:手の中のスマホで見ていたLINEマンガ

「マリーミー!」に大感動。

(※キミスイをもはや見ていない)

 

あれですねえ、マリーミー!はハチクロを思い出すふしがあって

「せわしない日常の中で見つけた小さな幸せ」って大事だなあ、なんて

思い出すマンガですね。

ちなみにマリーミー!の秋保

(真面目で頭脳明晰、だけど融通が利かない男だがひまりに会って

世界が変わった(君と出会って僕の世界が色づいた系)

ずん様にやってほしい。ひまりさんは一択です。まどかでお願いします。

(企画書を提出したい気持ちでいっぱい)

(でもこの「小さな幸せ系」映像化とか実写化するとしらけることは知ってるんだ…)

ハチクロもだった…森田役の伊勢谷に出会えたことだけがよかったことだったと…)

(ねえ、キミスイは?)

 

ということでWSSのざっくりとした感想です。

前記事でも書いた通り「真ん中にたつゆりかちゃん」にはえっらい感動して

「あの真風さんがアメリカの若者を頑張ってやっている!」

「あの真風さんが一番明るいライトをあびている!歌も主旋律を歌ってる!!」

「あの真風さんが(以下略)」

…といちいち「今までの真風さんとの違いに感動」していたんですけど

WSSはねえ…病むよね。

というか、これ言っちゃうともう終わりじゃん?っていう感じなんですけど

日本って島国だから人種差別とか全く「ヤバい」っていう感覚がない

WSS全然頭に入ってこない

(それをいってしまうと

もう終わり感がすごい)

自分でもまあまあ薄情というか、アレだな~とは思うんですけど

ぶっちゃけコレでした。

映画と四季のWSSも見てるんですけど、映画は自分がハイティーン(←苦笑)の

多感な時期に見たこともあって「ミュージカルって素晴らしい!!!」っていう

ハレルヤミュージカルな気分で感動して(昔のミュージカル映画って全部

人がやってるのがすごい。CGとか音声とかいじってないから生身の人間の

底力を感じる…)

四季版は去年地元で見たんですけど後味の悪さがはんぱなかった(小声)。

(同じ四季で人種ものでも「コーラスライン」は楽しかったから

もう完全にWSSにハマれない人間なんだよなあ…)

 

そんなこんなでWSSをしらっと

「そっかー…人種差別ってたいへんね(平べったい浅い感想)」

っていう感じで見ていたんですけど、

宙組生のリアル男子のデニム姿(素晴らしいよね、高身長にすらっとしたラインが)

チーム感(なんせワンピースで育ったから少年たちの熱い友情に弱い)

そしてまかまどのリアル身長差&初々しいカップル感

トキメキの導火線着火準備OK!!という

うん★宙組の醍醐味!!!っていう自分的「正しい宙組観劇の仕方」ができたのは

すごく精神衛生上よかったです☆

(っていうか今回もみんなの兄貴こと風馬翔さんがいい兄貴っぷりを

披露されてて(「この中で一番強い」に全米が納得のディーゼルさん)

翔兄さん…退団て!!!退団って!!!???)

 

真ん中で発光する若者★真風涼帆/トニー

あの、海外ってなんであんなに名前にこだわるっていうか

「僕、実は○○っていうんだ…君だけはその名前で呼んでほしいな★」っていう

めんどくさいエピソードが多いんでしょうか…名前…ひとつでよくない…?

(ミドルネームとかもなぜ必要?と思う日本人あくるさん)

 

で、トニーです。

愛を知り、恋に盲目になり「マリーア!!マリーア!!寝ても覚めても

君のことが好きだよ!!ずっと一緒にいたいよ!!!マリーア!!!!」

中の人にはない熱量で相手を愛するトニーですが

私ね~、自分が意外とゆりかトニーには好感がもてたことにホッとしたんですよ!

たぶんゆりかちゃんの演じ方ががさらっとしていたのがよかったんです。

もともと感情的に芝居する人じゃないのは知ってて、それがまた

役者・真風の好きな要因のひとつなんですけど

トニーって感情がこもりすぎる役者がすると、かえって引くパターンの役だと

思いました。なんだろうな?セリフとかする行動が

「おいおい、ちっと落ち着け…動く前に3秒考えてみろ?」

(それはあくるさんがよく言われるセリフ)という感じの男だから、

0ではないけど+3くらいのゆりかちゃんの演技の仕方がちょうどいい感が

すごくあって。「3秒考えてみて、それでいいと思って行動しました。」感が

出ているトニーでやっぱり役者・真風さんが好きだな~と思った。

この絶妙な塩梅、さじかげん、適度な距離感。

まあゆりかちゃんなら、結婚しよう!ってなったら「僕たちには敵が多すぎる。

外堀から埋めていく方法でとりあえず1年頑張ってみよう?」って

まずは(味方にすると強そうな)留依蒔世くんからじわじわと攻めてくかなと

思うし、ケンカになる前に「まずは弁護士を立てて法廷で闘おう、

あいつら所詮ナイフと力だけだし」とか理論法で相手破滅させそうだし

というかそもそも「何をするにも金が必要か…働くか」って

決心してドクの店をアメリカナンバー1の売上にしちゃいそうな

人間としての賢さを持つトニーが出てるのがさすがだな!!!と

思います。

夢見るオトメン★トニーを逆にあそこまで冷静に演じられると

「ゆりかちゃん好き!!!!」って言うしかない★

(トゥナイトを主旋律で歌うゆりかちゃんに涙)

 

愛しさと切なさとしたたかさと★星風まどか/マリア

いちいちケチつけんな!と怒られそうですが「マリーア」「アニータ」呼びに

「-」をつける必要ある?と思う日本人あくるです

(←いやほんといちいちうるさいわ!さっきから!!)

 

マリアさん。この子は…強い。もう本当の意味でメンタルも何もかもに、強い。

思わず「マリア姉さん」と呼びたくなるほど強い。

あと、感情に無駄がない。

好きなものは好き!興味のないものはない!!っていう

あのチノ(ナウオンのりくがめんどくさくてかわいいぃぃぃぃぃ←もはや何でもいい)

をバッサリいってる姿!潔くて断捨離絶対得意だよね!!

ねえそういう行動が一番めんどくさいこと引き起こすんだよ…っていう

ロミジュリ世界にツッコミいれたくなる部分を全部排除したマリアさん

現代のアメリカ女子だなーって思います(イメージです)

(主にゴシップガールのイメージです)

(でもマリアさんあんなイジメはしない。だって時間の無駄だから。)

 

少女マンガ女子をやらせたら右に出るものはいない系娘役星風まどか

(愛、恋、トキメキの表現力のすさまじさといったらアナタ。100期ってなに?)

なのに、今回は+強さとしたたかさも持っててすとんと納得できるんですよ。

マリアって無駄がないから私の中で好きなヒロインなんですけど

まどかちゃんってすごいですねえ。これが星風まどかか!!!!って

思い知らされました。のびしろよ…。

あと単純に、声がいい。スッキリとしてて、すっと耳に入ってくる感。

 

まかまどはスッキリしてるんですよね。

え?それいる?っていうツッコミが一切ないコンビ。

ふたりの演技相性がいいのもあるし、「そこの感情無駄だと思うから

さらっと流そっか(^^)」みたいな計算が合うのかなって思う。

という意味では今の宙組WSS、あっていたのではないか?と思います。

重きを置くところを変えるだけで全然違う印象になるから芝居は面白い。

(四季版は本当にめんどくさくてしんどかった…

「そこはいい、そこは」って思うとこが中心すぎてなかなかつらい)

 

ロミジュリと違って最後マリアが1人生き残るのがつらいんですよね~WSS

あと、天国の場面があるかないかでえらい違いよね。

あたし、小池版のロミジュリがなんであんなに回数見れるんだろって

思ってたんですけどたぶん天国のシーンが「こんなハートなんか作って…

悲惨な話だけどふたりが幸せでよかったな」って思えるからなんだなあ。

 

あとフィナーレ。フィナーレってすっごい重要ですね!!!

りくのソロダンスで世の中の嫌なこと

だいたい忘れられるから!!!!!

(ねえそれ昨日も言った)(無駄な字数使いやがって)

 

思ったことを箇条書きしていく。(できるだけさらっと)

・あいちゃんのガタイは宙組の宝だと思う。

久々に鈍く光るナイフ☆愛月ひかるを見れてよかった。

・あっきーリフのヴィジュアルが天下一品。

ノーブル貴公子×デニム+スカジャンて+あっきーのスタイルって。無双か。

・ずん様のアニタが男前すぎてあたしあの中だったら

ずん様と付き合いたいです。(アニタ女性だよ)

宙組94期カルテットがそろってる!!!!っていう感動がすごい。

私は眼鏡理系男子なりおちゃんが好みでした。けど実はグイグイいくよね、あの眼鏡。

(目で追いかけてたら例のあの場面でりおちゃんが

すごいやらかしててヒエ…って思いました)(こわいよあれは)

ディーゼル風馬さんはジェット団どころか宝塚いちの強さだと思う。

ねえ、退団ってなに?(もう一度問う)

・あきえびを見れるってだけでチケット上乗せできる公演、WSS

(あきえびは宙組の宝で91期奇跡の産物)

・何が楽しいって、女子4人のベッドトーク

宝塚でセックスアンドザシティやったらいいのに。需要ここにあるで。

ゴシップガールもいいけど、たぶんまどかさんが断捨離したらストーリーなくなるよね

(無駄なことが楽しいゴシップガールはシーズン3までしか見れてない)

・すっしーさんが現役イケメンすぎて管理職とは?となる宙組あるある。

・今日も春瀬が目を引くおいしいイケメン。春瀬央季の使い方が正しくて泣ける。

・パーティーの場面のあきもが!!!あきもが今回もかっこよかったです!!!

(群舞で目を引くんですよね…あきも…好きやで)

・帝王・若翔りつくんが帝王にふさわしい帝王感。

あれは大物ですよ。誰かわからなかったけどニコさんの

「今日も帝王が帝王だったよ★」の報告に「あれが噂の~」ってすぐにわかったよ。

・りくが今回も情けなくてきゅんきゅんしました!!!!(安定)

 

以上です。「続く」は自分には向いてないことがわかった!!

ってことで仕事いってきます。

あくるさんの梅田の夏休み報告(はてなさんから恒例「生きてる?」メールを受けまして、ご無沙汰してます)

毎日暑い日が続きますね。みなさまお元気でしょうか?

 

ってどの面下げて書いてるのかって?

…はい、毎度おなじみはてなさんから

「あくるさん~生きてますか~そろそろ更新しましょうよ~」の

メールが来まして、慌てて

「お!おぉ!生きてる生きてる!更新?するする!!」

という、自分でもとてもちょろい奴だと思います。

ほら、自分が弱っているときにふいうちでくる久方ぶりの友人からの

LINEって嬉しいですよね?はてなさんのメールはね、

「ああ、私の存在を覚えている人がいる…!!!!」っていうアレに近い。

(※はてなのメールはただ単にサービス継続のためのメールだし

人ではない。自動配信です。気づいてあくるさん。)

 

とかなんとかいいながらすべてが中途半端ですみません~~~~!!!!!

どうでもいいこと書く前に(はてなへの意味不明な情)

全部中途半端に終わっている自分が嫌です。

完結している記事の方が少ないってどういうことだ?(知らんがな)

結局さきちゃんダントンの素晴らしさも書けてないよ。

そんなこんなでNHKさんの放送も終わってるしね!!??

(いやあ素晴らしかったよ、NHKさん神アングルすぎてさ…

私たちの受信料無駄にしてない★ってリアルに感じるよね←何様?)

 

と、いうことでひかりふるの続きはこれからにこうご期待!ということで

(期待していいの?あくるさんに期待してもだいたい返ってこないけど!?という

世間の声、届いてます!)←じゃあ聞いて

とうに過ぎ去ったあくるさんの夏休み報告に参りたいと思います。

…え?8月の上旬…だったかな?(亀にも失礼なほど亀)

 

ちなみに、なんかのブログで読んだんだけどジャニヲタがブログに

かける時間は平均3時間なんだって。

3時間かー…あたしここまでに1時間たってるけど。

それはなぜかって?

サンテ!のプラチナキンパ(というかほぼ白)の

芹香斗亜さんが

私の目を支配しているからだよ★

(BGMにと思ってつけたら案の定BGMじゃなくてメインになった件)

あのさあ、サンテ!の黒スーツの群舞のところ、THE花組ですっごいいいよね。

っていうか金髪×ソフト帽の芹香斗亜さん完璧じゃない?完璧すぎない?)

 

WSS夏の陣in梅田を見てきました。

 

いやーーー、7月シフト調整の時に「5日の夜番がいなくて」って

言われたとき土下座せんばかりの勢いで

「お願いです!!!行かせてくださいぃぃぃ」と半ば泣き落として

(えぇ…7月で契約切れの派遣さんに1日だけ!!って名の通り泣きつきましたよ)

WSS行ってきました。

WSS自体、なんつうかいろいろ考えさせられる公演でこれはまた

ゆっくり感想書きたいなあ…(と思ったらもう白鷺の新公発表されとるがな。

もえこ…!!!!)と思っているのですがよくよく考えたら

「本公演(別箱だけど)でセンターに立つ真風涼帆」

見るのが初めてでした。

 

あたしね、第二のヅカヲタ人生が始まったのが「ロミジュリ」の真風死だったので

(それ10052回くらい聞いた)なんか感慨深かったです。

あの時、梅芸で真風死に出会ったから今の私がいるわけで。

そういえばあの時もB席の端っこで、あの一言もしゃべらない人に

釘づけだったのですがそれから何年たちました?

…いや数えるのはよそう?(自分で言っておきながら)

そう、結構な年月経ってるわけですけど私が真風涼帆に堕ちた劇場で真風涼帆が

恋をして、愛を知り、憎しみ、

そして死んでいったんですよ。

ゆりかちゃん、人間してるじゃん!!!!

っていう謎の感動よ。

(いつまであくるさんは真風死にとらわれているのか)

 

…話だすと止まらないですね。やっぱ別記事にします。

私のWSS夏の陣、ひとことで表します。

「蒼羽りくのフィナーレのソロダン

(だと思っている)で

世の中のたいていの嫌なことは忘れられる」

…はい。あくるさんは今日も元気です!

 

オフ会してきました。

 

「オフ会」という響きが通じるのだいたい30ボーダーラインだよね~と

自嘲気味に笑いながら本厄会オフ会開催(開催時間30分)。

こう、本厄会で察して?って感じで書いてますけど察しても何も

同い年のヅカヲタ3人がただ「初めまして~!」Ozさん・愛媛在住)と

「久しぶり~!」ニコライさん・岡山在住)ってわちゃわちゃ30分お茶しただけ

なんですけど(30分…短すぎた…愛するには短すぎる…←このへんがただのヅカヲタ)

(っていうか30分という短さになったのはJR東海ぷらっとこだま」の

安さにこだわってしまった結果という…私の腐ったドケチ根性のせいで…(泣)

ごめん!今度行くときは安さになんてこだわらず時間をちゃんと考慮したうえで…!

(あくるさんコスパを重視したつもりが逆に時間が短すぎて話足らずに

自分の精神状態が悪くなるっていう(自業自得)

 

なんというか、2人ともそのまんまな方々です。ブログの文章そのまま!!!

お前が言うかっていう話なんだけども、月1で会うリア友より

話が弾む距離感って。すごいよ。

話題がキラキラしてる!!!(語彙力)

共通の趣味があるってすごいなあ~~~。

この年になってひしひしとありがたさが身に沁みます。

…で、30分何の話をしたのか覚えてないんだけど(あくるさん最近ほんとだめ)

とにかく楽しかったです!!!1カ月近く経ってるけど!!!!

なんのためのブログなんだか!!!!(いやほんとごめんなさい)

 

あと、宝塚に行くとほぼ会ってるささめさん(ゆりかちゃんの真ん中を

一緒に見るという夢が実現した)と

Aちゃん(絶賛アリ地獄中(ありちゃん大好き病))とランチして

ニコさんのブログでよく話題があがるCさん

(ゆりかちゃんのことが三度の飯より好きだと思う)ともお話しできて

丸1日リア充っぽい日を過ごすことができました!

普段が会社と家の往復でさ…心ものどもカラッカラだから…

楽しかった…!!!!

(でも楽しすぎてテンションがおかしくて空回りした感も否めないあくるさん)

好きなことを話す時間、友達、宝塚

プライスレス。(真顔)

 

ありがとうございました!!!!

(って8月も終わりにこれをいう私な)

(みんなエリザの話してる)(なんなら白鷺の話してる)

…新大阪でピンチヒッターで入ってくれた派遣さんにおみやげ買ってたら

(新大阪のお土産ってあんな感じなんですね。あたし関西へ通って早何年かですけど

おみやげ買ったの初めてでしたよ…)

自分のご飯買う時間なくなって(和saiで買うのが恒例だったのに(おいしい))

ニコさんにもらった岡山の名産で飢えをしのぎました。

(名古屋でうどん食べようと思ったらもう終わってたって…

こんないい1日だったのに…終わりが悲しい!!!!!)

WSSの終わりのむなしさばりに悲しい!!!!)

f:id:leexxx:20180829164017j:plain

知らない地元銘菓たち。あたし愛媛といえばタオルだし

岡山といえば稲葉さん(B'z)な偏った知識でさ(てへ)

愛媛の果汁うま!!!!牛窓(牛乳だと思ってた)うま!!!!

f:id:leexxx:20180829164031j:plain

ここって閉まるって知らなかったよね?(知らなかったこといっぱい)

ということで。

あくるさんの梅田の夏休み(1日リア充気取り編)でした。

はーーーー楽しかったなーーーーーーー!!!!

またあたし頑張れるよ!!!!(だったら早く更新しろっていう)

 

…2時間。これ書いて2時間。

実質書いてたのは50分。1時間10分何してたって?

プラチナキンパ芹香斗亜さんに

見とれてたけどそれが何か。

(うわあーーーー逆ギレしたこの人!)

(というか!みやちゃんのバウ!!!!!アンカレ!!!!

アンナ・カレーーーーーニナ!!!!!!!!!!(テンション爆上がり)

(れいこちゃんの「妻の日記です…」と海ちゃんの病み役の続き具合が!!

月組Pのわかってる感が!!!凄まじい!!!!!)

 

あたし月組Pが5組の中で一番(いろんな意味で)やり手

(いろんな意味で)がめつい説が最近消えないんだ。

(あらゆる方面にいってる)(得意げに)

 

(な…思い出しテンション上がりつらい…早くWSSの感想書こ)

雪組「ひかりふる路」感想①魂が震える歌唱力を持つ望海風斗と真彩季帆

こんばんはー!!!

 

ハマるとそればっかりになることで有名なあくるです。

最近ひしひしと「私たちの世代がターゲットにされすぎている」

ひしひしと感じるエンタメ界なんですけども(あくるさんがそういうことに

興味を持ちすぎているだけな気もするけど)

今日ね、「な、な、なつかしい!!!!」の一言に尽きる

映画を見てきたんですよ。


映画「BLEACH」

こう…「ソウルソサエティ」とか「ホロウ」とかめちゃくちゃ

単語として覚えているけどそれってマンガの吹き出しの中でだったわけですよ。

「ああ、実写化するとなかなか人間が言いにくい単語なんだな」

ぼんやり思いながら宮崎アニメに出てくるようなホロウと戦っている

福士蒼汰君とか早乙女太一君とか見ていたんですけど。

まあ、ざっくりいうと「規格外のチャンバラ映画」っていう感想ですが

ヅカヲタ的な感想を言うとすれば、

「一護も恋次白哉兄様もできることなら早霧さんにやってほしい」。

ちなみに雨竜は望海風斗一択だと思います。

(眼鏡に詰襟、手芸が得意な生徒会長・生き残りクインシー望海風斗)

公開は7/20です★

ちなみに私は何にハマったって主題歌を歌う

[ALEXANDROS]です。

(歌詞全く聞き取れないけどメロディラインがえげつないほどかっこいい)

(帰り道にApple musicでダウンロードしながら聞ける時代っていいよね)

 

で、そんなこんなでひかりふる路をリピートしています。

いやーーーーー…ドハマリ。

寝ても覚めても「ひかりふる」※言葉通り

ちょうど音楽の話題が出たのでというのもアレなんですけど、

この作品の何がそんなにいいかってやっぱり音楽でした。

もうミュージカルでしか表現できない、

魂が震える楽曲たち。

 

私、実をいうと「歌に重きを置かない人」なんです。

と、いうか単純に聴く力が弱くて。歌詞を1回聞いただけで覚えられる方って

いらっしゃるじゃないですか。その能力が皆無なんです。

観劇後「歌詞で泣いた」ということをよく私言ってると思うんですけど、

それ実はプログラムの「文字」を必死に繰り返し読んで覚えてるだけ。

耳だけでは理解できないんですよ…

(なので映画も実は洋画の方がよく覚えてる(字幕で覚えるから))

なので私と会話したことがある人は「…この人ちゃんと聞いてたかな?」って

思うと思う(よく「そんなこと言ってた!?」っていう言葉を繰り返してるはず)

私は「ルサンク」で絶対脚本が載ってて欲しい派です。

(何を言っているか「視覚」で理解できるから)

 

なので、音楽はメロディライン命です。

ひかりふる」はどの楽曲もメロディラインはもちろん素晴らしいんですけど、

もう一線を画して圧倒的歌唱力を誇る

トップコンビの歌がすごい。

何だこの人たち?ってなった。

タカラジェンヌの歌唱力じゃないわ!!!!!ってなりました。

なので咲ちゃんが歌い始めたとき

「よかった…宝塚だ…雪組だ)!!!」って安心したよ★(いい意味で)

(あの…ちょっとこれ後々語るんですけどこの彩風咲奈すごいですよね?

え?ダントンって…ダントンってこんなに漢気がある人でした!?

っていうか咲ちゃん…!!!咲ちゃんもうすべてにおいて5皮くらい剥けてて…!

最初のガブリエルとの会話で「ハハッ(ベタな)」って思ってたんですけど

ひらめちゃんとキスした瞬間「ギャオーーーーーース!!!!!!!」って

なったから…咲ちゃん…最高の彩風咲奈更新おめでとう…

(パーソナルハイスコアたたき出してさらにワールドスコア更新、金メダルの彩風咲奈

選手のご降臨だぁーーーーー(感涙)!!!!)

 

ど真ん中ミュージカルソングがハマりすぎる望海風斗と真彩季帆

この2人、間違いなく日本のミュージカル界をひっぱっていく人たちに

なるんだろうなあ…と思わせる雪組トップコンビ。

うますぎて言葉を失うほどうまい。

今確かにワイルドホーン氏を召喚させる力を持つタカラジェンヌ

この2人と天才礼真琴さんあたりしかいないんじゃないだろうか。

高音もめちゃくちゃきれいに出るし、なんというか

「ストーリーがちょっとアレでも

正直この2人が歌ってくれるならまあいいや★」

なんて思いますよね…そりゃファントムやるよなあ…

しかもこの2人重厚な音楽がめちゃくちゃ似合う。

アンサンブルで歌うことが主のミュージカルで

アンサンブルの中で光る、埋もれない声を出すから。

そういう面でも「ミュージカル女優」というより「ミュージカル歌手」。

 

正直ね、望海さんと真彩ちゃんは歌唱力がありすぎて

二番手、下級生の頃から「うますぎるから目立ってしまう」タイプだったと

思うんです。

宝塚ってトップありきじゃないですか。

トップより前をいっては絶対だめ。っていう暗黙のルール。

だから、うまいからいいんだけど歌うと真ん中より目立ってしまうときがあって、

そういう意味でちょっと周りから浮いている瞬間があった気がするんですよ。

 

別にそれが悪いわけじゃない。

むしろ、レベルをあげるためには必要な力なんですけど

だけど宝塚の場合はちょっと特殊で、難しくて

「真ん中より目立ってしまうことが悪」となる時も

あるんだよなーーーって感じたことがあります。

うますぎて悪目立ち、ってとてももったいなくてアレな話なんですけど。

 

少し話が脱線するんですけど、宝塚って真ん中に立つ人=誰よりも何もかもうまい

じゃないところが魅力だと思っています。私は。

逆に成績が悪かったって後から笑うトップスターの方が多い世界で、

それが面白いというか「どうなるかわからない!」ってハラハラドキドキ、

最後まで見なきゃ!!って気にさせる、見応えがある!ずっと見ていたい!!と思う。

 

望海さんも真彩ちゃんも、真ん中に立っている姿を見たことは何回もあるけど

ここまで大劇場サイズが似合うスターだとは思わなかった。

2000の客席を圧倒させる歌唱力。

歌だけで泣かせることができる実力。

 

「葛藤と焦燥」の真彩ちゃん、何事!!??って思ったよね。

 

…あたし、本当にこれ劇場で聞かないって何してたんだろうね?

 

次回!「世界記録保持者・彩風咲奈のダントンの魅力」です。

いや~~~~私は彩風咲奈にね、貯金通帳を預けたいよ!!!!

(ちょろい)

お久しぶりです、生きてます。~不死鳥のように蘇るヅカヲタ~

え、あくるさん生きてたの?

 

…えー…どんなに忙しくあろうとも月一で更新していこう!という

低ハ―ドルでやっているブログなんですけども

(そしてそのハードルさえ

宣言していないことに気づいた。今。)

みなさんお元気でしょうか…?あくるです。

そう、もはや人影もないこのブログですが

なんとなく自分の記録としてゆるゆるやってるので消す勇気もなく。

(っていうかもう書き方を忘れてしまったってくらい

今書いては消して書いては消している状態…やべえ…)

 

でもさ、人間ってやっぱり自分が見て思ったこと、

感じたことを書き留めておきたいじゃん?

感動したことは忘れたくないじゃん?

だってそれは生きてる証なんだから!!!って

リア友(※マンガ仲間。四季ファン。フィギュアスケートおたく。

このブログの存在は知らない。)に熱弁したら

「うん…わかった、わかったから。コーヒー飲んで?圧がすごい。」

と一蹴されて彼女は町田君のラストスケートのチケットの入手方法の

大変さを語り始めました。(町田君はプロスケーター引退)

…チケットってどの

(おたく)業界も大変なのね…

↑軽くあしらわれたのにエンタメおたくの話は聞きたいチョロイ奴

っていうか町田君を語るあんたの圧もすごいよ。

本人の前では言えない小心者の私。

(というかこの友人とお茶するきっかけが

「天河のライビュってどうやって見ればいいの?」という半分解脱している身とはいえ

布教に余念がないヅカヲタとしてほっておけない案件だったので

いそいそと韓国料理をたらふく食べてコメダで11時まで粘ったのですが、

結局天河の話は15分で終わり時間の大半は彼女の町田君愛

アマゾンと楽天どっちが得かという話

彼女の異常なモバイルSuicaへのこだわりという

大変偏った内容だったため韓国料理の威圧的なボリュームだけが腹に残るという

なんともヅカヲタとしては悔いが残る女子会だった。

よく「自分の話しかしない」と評されるあくるさんが彼女の前では

その力を発揮することもなく聞き役に回っているところに彼女の底力を感じる)

…で、何の話でしたっけ?

 

6月…今思い返すと、何をしていたんだっけ?という気がしないでもないのですが

星組さんにちゃっかり行きました。

残しておきたいじゃん!!と言いながら残してねーな?あくるさん?

という白い眼を自分に向けながら近況と最近のヅカヲタ的なはなし。

 

ひかりふる路を見たよ。

 え?今更!?って思われると思うんですけど、やっと見れました。

とにかく語りたいので、次ちゃんと記事書きます。

お前はこれを見ずいったい何をしていたんだ!?息してたか!!!

(※たぶんしてない)

って思ったことすぎて、気づけば食べようとしてた「揚一番」

興奮の手汗で手の中で湿気てたよ。

 

②宝塚の本棚を作りました。

 クローゼットに入れっぱなしだった宝塚関係の書籍を1回ちゃんとしたいと

思っていたので連休でニ〇リで買ったカラーボックスに入れてみました。

…入りきらなかったです★

次の休みにもう一個購入しようと思います。(カラボを)

※書籍を処分しようという気はさらさらない(財産だから)

 

③「ブランクがすごい。」

 星組観劇の際、あろうことかお芝居であの如月蓮さんがわからなかったんです。

これはひどいと事態を重く受け止めたささめさん(ソウルメイト)が一言

「ブランクがすごい。」

…私もショックだった…あの役むしろれんれんしかしないだろ?ってね…

定期的に見ないとだめだなって痛感しました。うん。

そして幕間終演後、終始「極美くんが!!!」「極美くんが!!!!」

「極美慎が!!!!!!!」としか言わなかった自分は

なんてミーハーなんだろうと思う。れんれん、ごめん。

 

月組のれいこありドリーム止まらない。

 「THE LAST PARTY」を見てきた友人と話していて

フィッツジェラルドのれいこちゃんが異様にハマってたという話題で

「れいこちゃんは

んだ公爵を想い続けて早くあの世へ行きたいと

思っている未亡人を一生愛する役とか、

破滅的な愛とか不倫とか実らない恋をしてそうだよね~

でさ、ありちゃんはその恋が実らなくてもハイ、次!

この経験を活かして次僕頑張る★とかステップアップしてくよね~

れいこちゃんはたぶん失恋とかするとご飯食べれなくなって

失恋廃人タイプでさ、

小さなことに死にそうなくらい悩むんだけどそれを聞いてありちゃんが

「えっそんなことで悩んでるんですか?!(しょーもな!!!!)

とかって小ばかにした「(笑)」みたいな感じで

ちょっとディスってほしいなーとさえ思う!!!」

…っていう話をしてて(上の発言は全部私です)最後に出した結果が

「れいこあり、いいよね!!!

対極の感じがたまらんね!!!!!」っていう。

(…何の話なん?)

 

私、最近つくづく思うんだけどれいこありドリームが止まらないのって

たぶん不治の病だと思うんだ…(思いつめた顔で)

 

ありちゃんは見かけ砂糖菓子なんだけど中は

腹黒くてSっぽいのがいいですよね★(誰に言ってんの)

 

⑤明日海さんから風間くんへ~劇団の重い愛~

 そもそもLAST PARTYの初演話で

あくる「なんかさ~、公園かどっかで

フィッツジェラルドフットボールの少年と話しているところが

印象に残ってて、その少年めちゃくちゃキレーな顔してると思ったんだよね~

 

…のちの明日海りおである。」(語り/汝鳥伶)

友人「ねえ、そのフットボールの少年、今回風間君だったよ」

月組わかりやすい★

劇団の重い愛が今回もさく裂★

 

こういうのが楽しいですよね~宝塚の再演★

(めちゃくちゃわかりやすい配役する

宝塚への愛しさが日増し)

そしてあくるさん、10数年前も「とりあえず顔のきれいな子」は

チェックを怠らない。面食いにもほどがある。

 

⑥サイトーくんの偏愛がもはや愛しくなる

 サイトーくんて本当に愛され演出家だな~~と思うんですけど

(「サイトーくん、今回も濃い(^^)」

「サイトーくん、ブレナイ(^^)」

「サイトーくんがオタクすぎてわかる(^^)」

↑キラルの全体的な感想(雑)

 

久々にねえ、キラルがもーーー星組!!!!!!」っていうショーで

むっちゃくちゃ楽しかったんですよ!!!体感5分でした!!!!(大興奮)

なんていうか、柚希礼音の遺伝子が久々に「俺たちの出番来たーーーー!!!!」

ってワキワキしてる感じですよね。

星組のショーってこれでしょ!!!っていうギラギラ感よ…

癖になる。

 

特にサイトーくんの偏愛が強いのがあーちゃんの衣装ですよ。

「サイトーくん、漏れてるよ!!!」って言いたくなる衣装の数々。

リアルお人形あーちゃんのために俺が1針1針縫ったんだ…っ!!っていう

もはやお家芸「サイトーのどや顔」がさく裂しそうな

衣装の数々。サイトーくんの夢はヅカファンの夢←あくるさんの夢の間違い

※サイトーくんとあくるさんはたぶん前世は同じ星の生まれ

 

でね、このサイトではおなじみニコ黒さんとこで知った情報なんですけど

サイトーくんの趣味が違う意味でさく裂してる(らしい)

愛聖女よ。赤ジャージのちゃぴ先輩を見て思い出したこれ

(30代の乙女たちよ一緒に叫ぼう)

リルラ リルハ

懐かしすぎて…お姉さんたちの世代はこの人の「バタフライ」をみんな歌ってたのよ…(結婚式で)

木村カエラさんがよく赤ジャージに古着のスカートとか履いてたよね…

ショート×ショート前髪×一歩間違うと田舎の中学生ジャージっていう

おしゃれ女子しか着こなせない衣装をね、

ちゃぴ先輩はさらっと着るわけですよ。

 

ちゃぴ先輩、どこまで上り詰めるんですか。

もはや龍(ドラゴン)←サイトーくんがふりそうなルビ

 

…ニコライ少尉が「わかる!!拡散して!!!」って応援してくれたので

さらっとします。(ぜんぜんさらっとしてねえ)

 

⑦っていうかキラルの感想も書きたい。

 もはや体感3分のキラルなんですけど(短くなってる)

私ね、個人的にめちゃくちゃ気になる下級生を見つけましてね。

久々に、たぶん「ドS」のきゅん(100期眞ノ宮るいのこと。

愛称は「胸キュンが止まらない♡まのみやきゅん略してきゅん」です

(どうしてもこの説明をいれたいあくるさん)(言ってて恥ずかしくないの?)

以来のときめきなんですよ。

天飛華音くん。

すごい目に飛び込んでくるんですよ。なんかね~、玄人!!!って感じ!!!!

「なんかすごいよ~~~なんかすごいよ~~~~!!!!」って

「極美慎」と同じくらいのテンションで言ってました。

(本当に迷惑しかかけないひとですみません・・・)

 

もし今から見る方いらっしゃったらぜひ見てほしい。

みつるさん(兄貴)率いる銀橋で最下で踊ってるのがあまとくんです。

いわゆるアイドル路線じゃないのはわかる。

(というか新公が天才礼真琴の役の時点で技巧者なのがモロバレ)

たぶんあくるさんが好きなのが意外です!って思われそうなタイプだけど

自然と目が行く、天飛華音。辞書登録しないと出ない名前。

さっさとしよう。

 

と、いうことでキリがいいので7までにします!!

(あくるさんのキリのいい数字っていったいいくつ?と思われそうな

感じなのは承知しています)(この前は8っていってたから)

 

…久々にあげる記事が3000文字超えって。

あんた。みんな忙しいのよ…?(帝一の話したら4000文字越えした)

 

あ!!あと最後に一個言いたいこと。

私、今第3次映画ブームが半端ないんですけど

帝一の國

これを若手バウでやってほしい。

(若手イケメンの流行りのやつ?って軽い気持ちで見ると

めっちゃ感動するから軽率に見てほしい※過度な期待はダメ)

 

超絶ばかばかしいけどもうね…個人的には雪組やってほしいのよ…

叶ゆうりくんが大活躍の予感しかしないから。

(ぜひ野村周平の憎たらしい菊池を見たい。絶対いいから。

で、願わくばタッチー=吉田鋼太郎(王道)で。お願い!!!

菅田君は誰でもいい!!!あ、でも個人的な最後の願い。

頼むからボクテ(←志尊淳)はきゅんで!!!!!

(お願いが多すぎる)

スペシャルコラボ企画・月色の砂漠(3)

(あくるさん、忘れてましたか…?)

忘れてません!!

現実世界の厳しさと「ハベクの花嫁」(韓ドラ)と

「クイーンメアリー」(イギリスドラマ)と「おっさんずラブ」(日本のドラマ)

がただ面白いだけ(この4つの世界を行ったり来たりしてる人)

はい、ごめんなさい。(先に謝る))

ということで「月色の砂漠」第4回!

 

(1)ニコライさんターン(「ニコライ少尉の多少黒い瞳」に飛びます)

ことの発端、イスファンちのタルちゃんのとこにガリアんちの王子様が

やってくるよって。

(2)あくるターン

で、奴隷のギィちゃん仕掛けたよ

(文体が別マなのでよろしくです…)←書いたのあくるさんだから…

(3)ニコライさんターン

(再び「ニコ黒」に飛びます(略し方が雑)(ごめんなさい))

タルちゃんの「東洋の島国」発言で文明が開化したよ!!!

 

 あ、なんか「毎度おなじみですが~」みたいに書き始めたけど(不親切の化身)

あの大人気ヅカブログ(ニコライ少尉は地獄の世界に夢中です)

「ニコライ少尉の多少黒い瞳」とのコラボ企画のリレー小説です。

展開が読めないのは今この場面を開いているあなたと私、一緒だよ!

(ところで「おっさんずラブ」の林遣都くん、

デビューのときからずっと好きなんですけど最近の化け具合がすごいですよね?

彼がはるたんを見つめる目が切なすぎてちょっと泣きそうになるアラサー)

そうだよ、はるたんなんにもできないくせにモテモテで

そうだよね昔っから少女マンガはそういう女がモテたよ!←偏見

…でもはるたんめっちゃ性格いいから仕方ないわ…←あきらめ

あたしがもし牧でも部長にはるたんの嫌なところ10個いってどや顔して

「お前なんかに先輩の何がわかってんだバーカ!!」みたいな目してやりたい

(2話のハイライト(ここの部長と牧の不毛な感じでめっちゃ意味ある言い合いめっちゃ好き))←動機

…あたしもはるたんの性格目指して頑張るわ…

←目標を見つけて歩みだす~覚醒~

 

さて、あくるさんは何を言ってるのかな?★

クイーンメアリーとハベクも面白いよ!!!(お前はどこの国の住人なんだ)

 

だけど今回は砂漠の国の話だよ!!!(さっさとしろーーーーー!!!)

(前置きの長さだけは一流)

*************************

 「月色の砂漠」(3)

 

テオドロスは紙吹雪と派手なファンファーレを聞きながら、

キャーキャーと自分に向けられた黄色い声にとてもいい気分で

神輿の上に揺られていた。

ニコニコと手を振ったり瞬きするだけでこの国の女の子は

狂ったかのように自分に手を伸ばす。気持ちがいい。とても気持ちがいい!!!

 

「あれが今度うちにくる王子様ね?」

「あんな肌の色が白くて髪の色が金色に光っている人は見たことないわ」

「人間かしら?」

「え?神?」

「神かもしれない」

「えっじゃあタルハーミネ様は神と結婚するの?」

「ということは、この国は?」

神の国!?」

「ありがとうテオドロス様――――――!!!!!」

 

もはや宗教味を感じる狂気は、カラカラに乾いたイスファンの空気を

熱気を帯びたものに変えていた。

 

そこにスーツの男が二人。

「スーツ」という着衣を着ているところを見ると、

どうやらこの国の者ではないらしい。

上機嫌のテオドロスがその二人に気づくと、二人は身を隠す。

 

「おい、見つかったか?クール」

「いや…大丈夫だろ…あの女みたいな顔した王子様もこの暑さで狂ってるよ、たぶんな。

それより何か食わねえ?うちの星から飛ばして2時間、何も食ってねえぞ、

気づいてるかホット?」

 

お互いを「クール」「ホット」と呼び合う二人は麗しい。

しかしこの砂漠の国ではいささか目立ちすぎる。

 

「とりあえず…めし」ネクタイを緩めながらクールが伏し目がちに呟くと

「いや、めしの前に…この国の王女に会いに行かないとなあ?」

 

ホットがニヤッと笑った。「王女」という単語に過敏反応するクールを

明らかに面白がっている言い方だ。

 

「な、何が言いたい…」

「別に?さて、やつがやってくる前にさっさと片付けようぜ」

 

ニヤニヤ笑いが止まらないホットはそう言うと、

明らかに動揺しているクールに背を向けどこかの王族のような

気品がある優雅さで歩き出す。

 

「ったく、王女は王女でも全く違うだろ…」

 

クールは吐き捨てるようにつぶやくと、スーツの男たちは跡形もなく消えていた。

 

 「ねーえギィ!お父様に提案してみたわよ!?あなたを第一夫人にする件!」

 

またその話…ギィはうんざりといった様子で完全にただの駄々っ子と化した

タルハーミネを見やった。

昨夜、ベッドの上で「あんたを第一夫人にしてやるわ!」と

完全にこっちの意図を無視した結論をたたき出したタルハーミネが朝起きてした

行動はお祈りでもなく、朝ごはんでもなく、自分の婚約者を歓迎する

パレードをバルコニーから観察することでもなく、国王の執務室に向かうことだった。

 

「…で、何度も聞いてますけど国王は」

「うん!ダメだって!!」

 

ハキハキとした物言いでタルハーミネは言うと続けて一気にしゃべりだす。

 

「だいたいお父様は頭が固いのよ!ほら、昨日の晩東洋の島国に何人もの女を

一人の男が抱えている国があるっていったじゃない?

その国は過去に実の兄弟が1人の女を取り合ったこともあるらしいのよ!

なんでも弟の嫁を兄が横取りして弟は狂ってしまったとか。

そんな先進的な国が世の中にはあるっていうのに何よ、うちの国は奴隷ひとりを

なぜ第一夫人にしちゃいけないのよ?あーあ!

お父様ってなぜああも融通が利かないのかしら?

私も東洋に生まれてたら2人の男に取り合われて、その女は私のものだとか

歌に詠まれてはるか未来に語り継がれたりする女になってたかもしれないのに…!」

「い、いやすでにタルハーミネ様はそのような人物に」

「なれるかな!?」

 

タルハーミネのキラキラとした目に見つめられると、ギィは

「いやいやあんたまさにガリアの王子と俺っていう

二人の男に取り合われてるんだって!!」

…という言葉をぐっと飲みこむ。

 

「な、なれると思います…」

 

ダメだ、こいつ自覚がまるでない!!!バカなのか!?

目線の先のタルハーミネは

 

「あのお父様を倒すには…まず体力よね!?あとスキルアップよ、

語学を学ぼう…宇宙人とでも話せる語学センスを磨く!!!」

 

スクワットを始めていた。

 

「…バカだった」

 

そんなギャグマンガかあかねさすかの展開を繰り広げていたイスファンの宮殿に、

やつが着いた様子。ファンファーレがよりけたたましく、大きく響く。

 

「テオドロス様――――ご到着―――――」

 

色白で金色に輝く髪色に、色っぽさが漂う美…神様の化身。

まさに少女マンガの王子様のように花をしょってテオドロスが登場すると、

ギィは息をのんだ。

 

「あ、あいつは…!」

 

*************************

 

誰なんですか!?(丸投げ)

続きはニコ黒(※この略し方は無許可です)で!!!

 

ニコさん就職おめでとーーーーー!!!!(今更)

初演「凱旋門」を見て再演「凱旋門」にあってほしい8つのこと

こんにちは、あくるです。

最近「他のジャンルのおたくの人が宝塚にハマった話」を読むのが好きです。

特に「ひかりふる」以降若手俳優沼の方のブログに「望海さん…」とか

「朝美さん…」とか「サキナ様…」とか見るようになって

ほほう、ひかりふるの破壊度やばいな。

(コーヒーすすりながら)と思っているんですが

(そう、私は未見です。でもこれは好きなやつって確信してます。

だいたい望海さんが好きすぎて他のやつが近づくだけで舌打ちするような

朝美さんを見れるってだけでこの世のパラダイスじゃないですか…←今日も都合のいいお花畑化が著しい)

あとさ~、私たぶんひかりふる見たら即行

サキちゃんに通帳預けたくなるような行動を

する予感しかしないので気を付けようと思います★

(サキちゃんのマスクキャンペーンが終わってハッピー)←入りの話

 

さて、今日の本題です。

久々に初演「凱旋門」(雪組)を

見ました。

当時中学生で、宝塚にはどっぷりはまっていましたが

毎公演見ることはできなかったので毎日NHKの録画を見ていたんですけど、

私をこの道にハメたM(元コム教)が凱旋門は病む」といいながら

(あの子どこにお金があったのか)VHSを貸してくれて、それをものすごい回転率で

再生していたんですよ。主に「デパートメントストア」を。

(なんかあんまり世間の評判はよくないけどこれめっちゃ好きなんです…

轟さんがただのイケメンで雪組三兄弟(安蘭さん・成瀬さん・朝海さん)

死ぬほど可愛い。

ボーイの恰好でちょこちょこ歩いて「OK!任せてくれ!」(指さし)とかいうの。

あ、私は成瀬さん推しです。(後から人に「あ~わかる~絶対好きだよね」って

言われた)私ただのミーハーなんで雪組三兄弟マジでツボすぎて。

(同期スター3人同じ組にするってまじかよって今だと思うけど

(今だと水美さんと桜木さんと柚香さん(あるいはこっさん)を

一緒の組にするみたいな感じかなあ?私の偏見ですけど)

当時はもう同期萌えの極みで機関紙で毎回萌えエピソードが

これでもか!!って

大放出だったんで私あの頃にあの三人がいたせいで今があると思ってます

(よかったのか悪かったのかどっちにもとれる表現)

トドグンの大人っぽい雰囲気にデパートの安っぽいセット(ほめてる)が

ミスマッチすぎて最高。

 

で、あの時雪組三兄弟をこじらせたまま大人になった私が

今「凱旋門」を見て思うことを備忘録で書いておきます。

たぶんアンリが咲奈さんだったりなんといっても望海さんが二番手なんで

(でもこのボリスはまじでハイスペック男役しかできないやつなんで

望海さんの超技巧テクが大好きな人は絶対いいと思う)脚本の書き換えもされるって

書いてあったし全部このままということはないと思うのですが

さすが雪組、配役はちょっと楽しみな「それな!!」感があります。

これだけは言っておこう。

あーさみちるのピュアガチ純愛は

絶対萌える。

(ギターとヴァイオリン片手にお人形のようなふたりがニコニコほほ笑みながら

きゅっと一緒にいるとこ見れるだけでマジでありがとう…ってなれる)

(安い)(とても安い)

(安蘭さんと千咲毬愛さんも可愛いの極みでした。好きです!!!)

 

はじめに

私、人の感情をはかることがへたくそすぎてよく笑われるんですけど

(どうなのそれ)「凱旋門」再演っていう話聞いた時

理事降臨公演かー、へー、久しぶりだなあ~凱旋門か~…

(理事フランス大好きだからフランスの歌歌えるんだ♡って張り切ってたら

みんなフランス語で苦しんでる中自分だけ最後日本語でしか歌わせてもらえなかった

エピソードがすごく好きだったな~

いいな~フランス語…ってなってる理事と

なんでいしちゃんだけ日本語でいいの!?ってガチギレしてる雪組メンバーが

微笑ましかった…)(歌劇かなんかで載ってたけどニュアンスです)

程度にしか思ってなかったんですけど

(安定の脳内お花畑今日も絶好調)

ネット見たらすごいこう…ネガティブな意見をたくさん見まして。

確かにそう、望海さんトップ2作目でこのまま勢いづいていきたいところだと

思うし、貴重な大劇場公演を理事降臨でセルフカバーってどういうこと!?って

なるのもすっごくわかる。

私だってエエ声で

「名前はラヴィック。外科医。旅券、なし。」といって

パリの霧の中に消える望海さんを見れたかと思うと

(ついでにいうと咲奈さんボリスに「男のキスは嫌なんだよ…」って

言われながらもキスを受け入れたり(※BLではないです)とか

真彩ジョアンにここは北極か!?と思わせるような絶対零度の声で

「そう。よかったね。」って望海さんが言ったかと思うと

偉い人ぉぉお!!!

(ちゃぶ台ひっくり返し)みたいな気持ちにはなる。うん、わかる。)

 

なんだけど…理事降臨がうんぬんじゃなくて、こういう「重い、暗い、しんどい」

三重苦作品(宝塚の中でもまじで悲惨な方の悲劇。最後まで救いはありません)

今の雪組生がやるのは意味があると思うんです。

見てる側はね、下級生の出番ないし何度も見たいと思う作品ではないんですけど、

(たぶん円盤買っても明るく元気にハッピー宝塚!な大介作品ばっかり見るやつ)

美しい演出と美しいセリフ(言ってることは重くてうへぇ…ってなる)の中で、

端から端まで三拍子そろったレベルの高い組しかできない作品ではある。

中途半端なレベルでやると本当に作品の意味さえ迷子になると思うんだけど

今の雪組だったら18年前のクオリティを

はるかに上回った「凱旋門」ができる。

それを私は見たい。と思いました。

「理事のラヴィック」じゃなくて、

「今の雪組凱旋門が見たいんです。

 

ってことで独断と偏見で「凱旋門再演でコレが見たい!(頼んだ柴田先生!)」を

初演に基づきダラダラ~と書いていきます!

でももう脚本書き換えます~やら舞台美術衣装全部リニューアルします~やらは

公式で発表されてるんで見て「あの場面なかったじゃん!?」ってなったら

「私も見たかったよーーーーー!!!!」って一緒に泣きましょう★

(それだけ?)(それだけ…)(感想は悲しいことも嬉しいことも共有しよう…)

 

さて思いっきりネタバレしてます!!!準備はいいかい?

「落ち着け!!」って望海ボリスに言われたい!

はいスタートです!

 

1.ハイスペ男役の極みボリスの望海風斗が楽しみ

ボリスといえばとっくり、とっくりといえばボリスってほど

ボリスはとっくり愛好者です。あと望海さん、ドアマンでロシア人なので

「え、だって本人ロマノフの末裔でしょ」ってくらい

ハマると思うんでロシア帽(ペルシャ猫頭に乗っけてるみたいなやつ)も楽しみです。

 

あ、前述ですがこのボリス、初演が成功したのは8割香寿たつきボリスの

おかげなんで(当社比)ボリスは並大抵の男役ではできないと思ってます。

もう超ウルトラハイスペック男役しかできない役がボリスです。

ちなみに私はたーたんさんが「花の業平」(ムラ版)でやった藤原基経

今も望海さんがやってくれると信じている。(あれ二番手やで)

(大劇場に火が放たれるで)

望海さんが理事を「くそったれ…」て呼ぶのを聞いて静かにしたいと思います。

 

2.ハイメ(朝美絢)とユリア(彩みちる)のピュアガチ純愛に萌えたい

私、鑑賞中にメモを取るんですけど(テレビ鑑賞のときね)

読み返してびっくりした。

 

ハイメとユリア…いい

「ハイメー!」「ユリア―!」あーさみちる絶対カワイイ

ハイメとユリアはいい!!!

ハイメ(ギター)ユリア(ヴァイオリン)よい!!!!

 

 

頭悪い人のダイイングメッセージか?!

(気持ち悪い)

(いや同時上映であーさみちるサイドストーリー脳内で始まったから…)

とにかくカワイイ+カワイイ=最強みたいなカップルになるはずです。

死の鳥(雪組イケメン男役ダンサー祭り)にロープでぐるぐる巻きにされ

上手と下手に引っ張られながら「ハイメーーーー!!!」「ユリアーーーー!!!!」

てお互いを求めながら絶叫するところ見たい。

あそこだけでハッピーターン幸せバター味ひとふくろ食べれます。(太るよ)

あとそこの場面、オプションでローゼンフェルト(永久輝せあ)が

ロープで縛られて引きずられて行きます。(オプション扱いしないで)

あそこハッキリ言って地獄絵図なんですけど当時の世界情勢っていうか

ナチスドイツの卑劣さ、ファシズムの悲惨さ

絶対繰り返してはいけない歴史」は肌で感じるので目をそらさず見なくてはならない

場面だとと思います。本当に後味悪すぎ。

でも、ハイメユリアに萌えましょう!!!

(あくるさんそういうとこだよ)

 

3.カリ様の「逃げ足の速い死の鳥」トレンチ×ソフト帽で死ぬ

マルクス・マイヤーは私の永遠のイケメン役者成瀬こうきさんの役なので

どうしてもひいき目になるんですけど本当にマルクス・マイヤーの

ヴィジュアル最高。(あんたどの公演でもそのワード何回もいってるな)

これカリ様がやるんでしょ!?ハッピーターンあと2袋追加で!

ちなみにマルクス・マイヤー、悪魔シュナイダーに仲間を売り、

自分はそそくさと逃げる「逃げ足の速い死の鳥」(byひとこ)って

思いっきり軽蔑の目をされる役(でもその前はお酒飲んでじゃれあってる)

ひとこがカリ様とわちゃわちゃやってる…てなって

遠い目をしたい。

あとマルクス・マイヤーがあのヴィジュアルでピアノ弾いて

登場するんですけど悪いことは言わない、オペラ準備して?

 

4.自分の命よりゴッホ★空気読めない明るい絵画おたく永久輝せあが見たい

「かわいそうになあ・・・あ、こんな時に悪いんだけどコレ、今月の宿泊代★」

とゴールドベルクさん(まなはる)が自殺した場面で言う

ローゼンフェルト(永久輝せあ)。朝海さんの演技の力が大きいんですけど、

この子だけホテルメンバーで浮世離れしてるんですよ。

戦争の危機が迫ってるとか、人が無実の罪で何人も殺されてる、ということが

あんまりわかってない様子で。

「収容所に入ったほうが僕のゴッホは安全でしょ♡」っていうローゼンフェルト。

私は「こっち見たらまじコロス…」っていうひとこも好きですが

バカボンひとこも大好きなんでこれはいいひとこのはずです。

(お気づきの方もいらっしゃると思いますがもはやひとこだったらなんでもいい状態(病名:ひとこハイ))

 

5.ただのヒモ(綾凰華)

凪様ヴェーベル(白衣のイケメン)に「ヒモ」と吐き捨てるように言われる

ペペ。金にせこいただのイケメンのヒモ。

ひめリュシェンヌに金だけせびってDVとかやってそうなクズなんだけど

そんなあやなが見れるの今だけだと思うんでみんなオペラ準備して(2回目)

 

6.オールバック×黒燕尾のハイスペ映画俳優が異様にハマりそうな咲奈様に期待

かんしゃくもちで異常な支配欲の持ち主、ジョアンが好きすぎて

ラヴィックに嫉妬で狂ってしまいジョアンを銃で撃ってしまうという

「宝塚でよくある~」的な役アンリなんですけど

(そういう場面に遭遇するたび「???」ってなる私)

ジョアンを撃った後

「撃つつもりじゃなかったんです…!!!(うなだれて)すみません…どうか彼女を」と

この世の終わり顔で去る咲奈様が楽しみ過ぎて…!!!!

あと「彼氏の趣味で部屋の趣味が変わる女」ジョアンは私的には理解不能ですが

(で、アンリと住んでる部屋に平気でラヴィックを入れるジョアンも???)

「彼女を俺色に染めたぜ★」っていう咲奈様は嫌いじゃないと思います

(つじつまがあってないよ!!!)(早く気づいて!!!)

 

7.ルート(朝月希和)の若いツバメがヴィーゼンホーフ(縣千)

なんだこれ(白目)ってなったとこ。

ここ、完全サイドストーリーなんですけどまず、なぜルートさんと

ゴールドベルクさん(まなはる)はなぜ結婚したのか?ってところから話を

詰めたいです。結局ゴールドベルクさん自殺してしまうんですけど、

(ここがもう本当に苦しくて…思い出しただけで気持ちが重い)

ひらめルートとツバメ縣くんが一緒に収容所行こう…どこまでも

一緒だ!って決意して「男女は別の収容所だから」って言われた後が

書かれてないんですよ!ええええひらめちゃんと縣くんはどうなった!?

ってかまなはる自殺っていう事実(正確にはゴールドベルクさんが自殺)を

私最後まで受け止めきれなかったんでまなはるの存在は雪組の宝だと

ひしひしと感じました…(想像だけでとてもしんどい)

 

8.宝塚娘役の役で最高峰の難役・ジョア

最後です。真彩ちゃんはつくづく癖のあるヒロインをするなあと

思うんですけど。トップに就任した後のヒロインの名前がもう~そりゃ

難役・癖役揃いで。この学年で平たくいうと「共感できないヒロイン」

をやりまくる真彩ちゃんはある意味もう違う次元の娘役さんなのかな、って

思います。で、やっぱりうまいんですよね。「あ~~~こんな女やだな」って

思うんですけどうまく真彩ちゃんセンスで丸め込まれている(笑)

やっぱりそこは力がある娘役さんなんだと思います。

っていうかね、あの望海さんの横(なんでもできる完璧ハイスペ男役)で

相手役を務めるって結構メンタルやられそうな気がするんですよ。

「これもできない、あれもできない…」って私だったらなる。

(ていうかあくるさんメンタル弱すぎるでしょ)

けど真彩ちゃん一切そういうの感じさせないじゃないですか。

っていうか望海さんよりイケメンの目線とかするじゃないですか。

「学生時代はモテました♡」ってグラフで言うし女兄弟の真ん中っていう

スキルでしょ…そりゃイケメンになるわな。

たいした嫁ですよ。真彩ちゃんに釣られて終わる人生もいいかもなって

うっすら思います。

それがジョアン、本当に最強なんで

(朝の5時にラヴィックのホテル行ったり(でもラヴィックは3時まで待ってる)

「君の恋はどこから始まりどこで終わる?」に

「あなたに始まりあなたに終わるわ」(すごいセリフ)

「私を一人ぼっちにしてはいけないのよ?」(とか言いながらアンリと住んでる)

シュナイダーに怯えるラヴィックに「女と待ち合わせね!?」と

勝手に勘違いし激怒したりラヴィックもラヴィックなんですけど

ジョアン…ねえあんた…ちょっと落ち着こう?

私は星南のぞみちゃん(同期)になってパリのカフェでコーヒーを飲みたいです。

(ただの同期娘役萌え)

 

以上です。

なんかがぜん「凱旋門」見たくなってきたんですけど(お花畑も意外と悪くない)

冗談抜きでものっすごく演出やセリフ、舞台セットや照明まで

計算しつくされた「THEお芝居」という感じで、宝塚の

「愛と夢と希望をみんなにお届け!!!」的な要素は

皆無なんですけど

「愛とは」「平和とは」「死とは」を真剣に考えてしまう、

いったんたこ焼きでも食べて「あーさの顔が今日も美しかった~」的な

会話をしたくなる作品だと思うんで

(あと終わった後は「大介先生愛してます!!!」ってなると思う)

世界がざわついてる今、やる意味はあるんじゃないかな~と私は思う。

 

本当に生きる意味を考えさせられる作品です。

(あたしの言葉でそれが伝わらないのがめちゃくちゃ悔しいけどな)

 

…きっと望海さんは今の私を見てこう言うに違いない。

「落ち着け!!!!!」

(ラヴィック先生を電話口で諫めるボリスのセリフ)

(あのエエ声で言われてごらんよ?落ち着けないわ!)

 

ちなみに、初演のクレジットで演出補・荻田浩一、が流れた瞬間の

「やっぱりな」感は何物にも代えがたいです。

オギーの世界で死にたいって思う。

(高速ブラインドタッチで)