TRUNK DIARY -ナナメカラタカラヅカ-

宝塚見て早半人生。まだまだ未知の世界すぎて幸せ。

MENU

カメラに映らない人を見ようとしても、あの人には逆らえない。スカピン見納めてきました。

で、今日がスカピンマイ楽でした。

 

毎回思うのですがせっかく生で見てるので、宝塚は

映像が残る希有な劇団。日本で数えるほどしかない劇団なんですよね

そういう意味でも。ありがたい存在ですよ、あの世界を

おうちでも!!っていう。いい世界だよねえ、1万ちょっとで手軽に

見れるって。って私はこの会社の回し者でしょうか。

となるとこのブログ自体すごいステマになるなあ・・・それすらありがたい。

(※救いようがないお花畑)

 

なので映像で真ん中が見れるなら(しかもきっと私の裸眼よりいい映像で。

なんだかんだでスカステ画像さんは私の視力では見えてないところも

あると思う。国営放送さんレベルになったら私の視力なんてヘレン・ケラーレベル)

(見えていないといいたいんでしょう・・・)

カメラが写さないところを見よう!!!って心に誓うんです。

そうじゃないとチケット代払ってるの意味なくないか!?(※なくはない)

 

・・・でも、私今回気づいたんです。

 

人には絶対逆らえない、動かせないオペラ、そう、

自分の好みってあるよね。って。

 

たぶん察しのいい方ならここまで書いて

 

「ああ・・・あくるさんまたかいちゃん見てたんだなあ・・・」

 

って思われると思います。

 

うん、見てた★

 

毎回いうのもしつこいし絶対ウザいので自分から最初にいいます。

 

七海さんの顔のよさはおとめに特技で書ける。

 

うん、わかってる。人には好みがあるし美的感覚も十人十色です。

だけどかいちゃんの美しさは私はもう抗えない・・・。

ちょっと青白すぎないかと思う肌の色も美しい象牙色に見えるし、

最後に差す赤いルージュも七海さんわかりすぎてて逆にあざとい・・・

 

いやこの人本当に・・・(顔が好きです)

 

と思ってしまうレベルだし

(フィナーレ舞台写真売り切れていて血管ぶち切れそうになった)

ね・・・もうこれ以上書くとあくるさんもう救いようのない面食い!!!

となってしまうので(事実ですけど)これ以上は書かないけど

あらためてかいちゃんの顔への私のオペラ認知度すげーなって

自分のオペラながら感心してしまいました。

 

最後のほうは逆に見ない、見ない、私は見ない!!!と思って

暗示かけてたら無理したんですかね、友達に

「迷いが生じたらピアノを見よ。」みたいなオススメをしてもらったの

思いだしてピアノ見たりしてて。

一瞬で我に返ってあやなちゃんを見てああ・・・♡って思っていました。

またあやなちゃんについては後ほど書きます。いや本気でオススメ案件です!!!

 

そういえばちょっと感想から離れるのですがわたくし

無駄にちょっと長い観劇歴で逆にとてもめんどくさいことになっているのですが

初めて舞台写真注文したんです。どうしても壱城さんのフィナーレ写真が

欲しくて、絶対買うって心に決めてたものだから売り切れがすごく

悔しくて友人に「欲しかったーーー超欲しかったーーー」というとっても迷惑な

ラインをしたら的確なアドバイス

「注文せよ!(あんた雪組初日たぶん来るだろ)」という絶対私にはなかった

答えを出してくれてうん!してみる!!ってその場でレジのお姉さんに

頼んでました。(お前どんだけ89期wwwwって感じで書くのためらわれたのですが

まあそんなことはどうでもよい。美しいものは手元に置きたい。

人間の心理ですよ・・・←いいわけ)

 

で、いざ一覧を見せてもらってちょっと迷っているとキャトルのおねえさん

顧客満足度ナンバーワンの会社・阪急電鉄の直属の販売員)

にこっと笑って「お客様のご購入のお品物で現在品切れの商品はこちらですね」って

見事私の今レジした七海ひろきロベスピエールコレクションから

「ああ、ないなあ・・・・」と思ってたやつをすすめられて

こ、これがニーズ確認・・・!!!!って

震えました・・・あのお姉さんプロというかもう販売員の神だわ。

(注文する人めっちゃ多いんだなあともぼんやり思ってそっかー、

みんな好きだね!!!という謎の同士感)

ということでまんまとお姉さんの誘導に乗っかり品切れ七海ひろきも

ご注文っていう流れ。とんとん拍子にすすみすぎて怖いくらいだったのですが

これで我慢しなくていいんだ・・・って思ったらすっごく楽になりました。

 

・・・っていうどこまでも

面食いなあくるさんアピールと

キャトルの写真注文のオススメステマです。

 

なんかもう感想書く気さらさらないですね。っていう話ですみません。

嘘です。カメラに映らないところを見ようっていう話でした。

(いろいろすっ飛ばしてまたそこなのかよっていうぶつ切れ感想)

 

で、あやなちゃんです。綾凰華、華の98期通称「あやな」(呼び捨て)です。

 

またここで「いやいやまたロベスピエールだしwwww」って感じだと思うのですが

(実際そのとおりで逆に申し訳なくなってきた)言い訳すると

前回「桜華に舞え」からドハマリな久々に(久々???)(どの口がいう???)

この子めっちゃタイプ!!!っていう星組さんの楽しみな若手さん。

私の好みを知ってくださっている方は「絶対あくるさん好きだよねー」ってなるそうです。

へえ~~~。(しらじらしい)(自分もめっちゃわかってるから)

(精一杯の強がり(?)だから)

 

これからあやな全力宣伝始まります。

あやなはピンパーネル団の最下で末っ子キャラのハル、なんですけど

本当に見てて飽きない。

容姿は完全に王子様で芸風も王子様ででもなんか、なんか

可愛い!!!!!

可愛いのにかっこいい・・・。不思議な子、綾凰華。

 

いやー、すごいあやな沼深い気がする。なんなら私の中で

ゆりか沼に近いものを感じる・・・。

あ、私たぶんこの先の財産全部吸い取られる。っていう

謎の悪寒まで感じる。未来への投資だと思って(ただほしかったから)

「桜華」の新公の写真も(友人に頼んでまで)手に入れるという

「お前が行くなら地の果てまで」という・・・こわい・・・書くとものすごくこわい・・・

 

あやなこわい・・・(っていうかあくるさんの執着心がこわい)

 

今日「炎の中へ」のところで、いつも先輩の持ち物を回収して

上がるセリにとんっと乗る、というスピードと要領のよさとタイミングといろんなもんが

図られることを涼しい顔でやっているあやななのですが

今日は回収がちょっと手間取って舞台に戻るのが遅くなったあやな。

 

どんどん容赦なくセリは上がり、歌は進んでいく・・・

 

あやな・・・あやなはまだか・・・上がるぞセリが・・・あやなーーーー!!!!!

 

って思ってたら人間が地上から高いところへ飛べる(しかもきれいなフォームで

「よじ登る」という必死な様子ではまるでない)「こういう演出です~~~(よゆ~!)」

っていう感じでぴょーん!!と結構な高さになったセリに飛んで上がった。

 

心の中であやなが世界優勝のゴールを決めた瞬間でした。

 

(心の中で「あやなが決めたーーーーーーーーー!!!!!!」っていう

実況アナウンスがすごかった)

(湧き上がるスタジアム(全私)から「あ・や・な!あ・や・な!」コール)

 

久々に血糖値(ババアだから)上がりました。

これ。そう、今日何が伝えたかったのって、これです。

最後にお前、総括「あやなのジャンプ力」かよっていわれそうだけど

きっとこの目で見たあのジャンプ力は早霧さんのそれに通じるものだと思ってるから

私何にも後悔ない。

 

しかも炎の中へは常にシンメの同期天華えまちゃんと(珍しく)並んでいる。

オペラにふたりがおさまる至福の時・・・。

 

ええ、トランクダイアリーはこの星組98期コンビを

全力で推していきます。

 

私このふたり、投資しても絶対後悔しない未来の最大手株だと

思っていますので(思い込んでいますので)ちょいちょいこれから話挟んでいきます。

 

あと念願の洗濯女で天寿光希さん(ビジュアルが毎回神すぎる)が

ただの可愛いみっきー♡になってた!!!と大興奮でした。

あー。あの天寿さんは、絶対やばいやつなので見た方がいい。

 

あと3年は長生きできる。

 

(たぶん、この3年は「ヅカヲタ寿命」です)

 

と、いうことで長くなりました「スカピン」春の陣もここまでです。

感想は3回までと決めているので。

 

重い感想に付き合ってくださった方々、ありがとう。

たぶん、舞台写真を受け取って私のスカピン祭りは終焉を迎えるでしょう。

 

・・・たぶん。

 

終わらなかったときはそうだな・・・1年後放送されるであろう

スカステ版スカピンを切り貼りして「スカーレットピンパーネル ロベスピエール編」

作ることにするわ。

 

(こういうこというから・・・ねえ・・・)

(自分で自分の首をしめている。明らかに。)

 

以上、全編にわたり盛大な七海ひろきのステマでした。

 

(開き直った!!!)

(全編にわたり手に負えねえ感がすごい)