TRUNK DIARY -ナナメカラタカラヅカ-

タカラヅカ見て半人生

④星組■アバウトタイム 愛おしい時間について(2013)

 

星組■アバウトタイム 愛おしい時間について(2013)
 

 

イギリス南西部に住む青年ティムは、両親と妹、そして伯父の5人家族。どんな天気でも、海辺でピクニックを、週末は野外映画上映を楽しむ。風変りだけど仲良し家族。しかし、自分に自信のないティムは年頃になっても彼女ができずにいた。そして迎えた21歳の誕生日、一家に生まれた男たちにはタイムトラベル能力があることを父から知らされる。そんな能力に驚きつつも恋人ゲットのためにタイムトラベルを繰り返すようになるティム。弁護士を目指してロンドンへ移り住んでからは、チャーミングな女の子メアリーと出会い、恋に落ちる。ところが、タイムトラベルが引き起こす不運によって、二人の出会いはなかったことに!なんとか彼女の愛を勝ち取り、その後もタイムトラベルを続けて人とは違う人生を送るティムだったが、やがて重大なことに気がついていく。どんな家族にも起こる不幸や波風は、あらゆる能力を使っても回避することは不可能なのだと……。そして、本当の愛とは、幸せとは何なのかを知る。同時に、ティムと時間の旅をともにする私たちも、愛と幸せの本質を実感することになる。

 

 
レイチェル・マクアダムス結婚して!!!!」って叫びたくなる映画です。
(なんか今回取り上げる作品みんなヒロインがいいんだよな・・・私がそれだけヒロインに
重きを置いてるってことか)
 
紅さんって、こうなんか見た目がしゅっとしてるからスマートな男性が似合いそうな人なんですけど、
実は「あーもー、仕方ないなこの人は」みたいな母性本能くすぐるほうが得意だと思うんです。
同じスーパースターでも、変身した後のスパイダーマンよりピーターのほうがすてきよって、
ヒロインのメリーはなるじゃないですか?最初はスパイダーマンにあこがれていたのにね。
星組スパイダーマンかなって思ったんですけどなんかもうスパイダーマン人間じゃないんで外しました。)
 
っていう「実はドジ」とか「実はズボラ」とか、そういう「ギャップ」がいいなって思うんです。
いや、紅さんはドジでもないしズボラでもないです。
見た目が完全無欠な人ほど、なんかここがイマイチ・・・って思うとなんか親しみというか、
「ああこの人も人間だよね~」って思えて安心するから。
紅さんはシュッとしてて近寄りがたいイメージだけど、しゃべると関西弁の気のいい面白いお姉ちゃんで、
そこがいいと思うんですよね。
 
紅さんが玉ねぎ頭にするだけでみんな笑顔になれるってあれすごいと思う。
この人美人なのにそんなことすんの!?っていう。
いや・・・玉ねぎ頭になったら誰でもすごいか。難しいな、伝えようとしているところが・・・。
 
さて、本題なんですけど、この主人公のティムがなかなかのあほなんですよ。
タイムトラベルができるってことですごい使うし、めちゃくちゃ考えなしで
使うもんだから娘が息子になったりするんです(詳しくはぜひ映画を・・・)
ティム、学習しようよ!!ってなるんですけど、それがなんかはまっちゃって憎めない。
きっと「仕方ないなー」ってなりながら女はメアリー(レイチェル・マクアダムス)のようになっていくしかないティム。
 
もうほんっとにメアリーが可愛くて可愛くてティムお前にはもったいないわ!ってなるんですけど、
結局この映画は「みんながレイチェルになれる」映画だと思うんですね。
「ティムにはメアリーしかいない。何度タイムトラベルしても出会うし、結婚するし、最後までそばにいる」って思える。
 
かっこいいだけが主人公じゃなくて、「あなたには私しかいない」って思えるのがずっと不変だし、
人間は「生きる意味」をずっと考えてる。
あの紅さんのちょっと弱った顔とか(演技上でですよ)、甘える姿ってきゅんとくるんですよね。
私はベンヴォーリオが大人で好きですけど、紅さんの場合はこの人大丈夫かなって思ったマーキューシオのほうが
似合ってたしああいう年下っぽくてメンタル弱い方が少し、近寄りやすいというか。
たぶん柚希さんの下の2番手のときはそういう「弟」ぽさがすごく魅力的だったんだと思います。
 
話を映画に戻すと、
 
「1日を過ごして、もう1度だけ、その1日を繰り返すと、緊張と不安で気づかなかった人生の素晴らしさに気づく」
 
っていう「人生って、一度を一生懸命生きなきゃ」っていうメッセージが「タイムトラベルができる主人公」から
聞こえてきた声だなあと思ったんですけど、そういう紅さんて「ふと弱いところ」を見せると
すごく「人間らしさ」が出て「そのキャラクターを魅力的に魅せる」ことができる役者だと思う。
 
だから、完全無欠ってつまらない。人間らしく、ありのままに生きてって紅さんには思うし、
そういうキャラクターが一番似合うと思うんです。
母性本能をくすぐらせたらたぶん、いちばんだとおもいます。
 
 


映画『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』予告編

 

っていうかあーちゃんのメリー見たくないですか。

(結局スパイダーマン