TRUNK DIARY -ナナメカラタカラヅカ-

宝塚見て早半人生。まだまだ未知の世界すぎて幸せ。

花組千秋楽映像で、花組「エリザベート」について語るいいろいろ遅いこと。

どうも、まなはる&ももちゃんターンなると自然と笑顔になれる

わかりやすい女、あくるです。そして、賛否両論の「春雷」のまなはるウルフが大好きです

(今放送中)(「ただ、好きなだけでいいじゃないですか!」のセリフに涙ながらにうなづく重い女)


さて、エリザベート千秋楽。


私非常にお恥ずかしい話、今回の花組エリザベート」の話一切してませんね・・・

いや、書いたと思ってたんですけど、全然書いてないですね・・・

一応、ムラで見てるんですけど、いろいろショックなことが重なって

(特に望海茶近辺は心ここにあらず状態だった)ちょっと書き始めると

情緒不安定に輪をかけてもはや人間失格になるからですかね・・・

それを自然と察知した自分の心のギアを一生懸命引いてたのかもしれないですね・・・


無意識に・・・


と、いうことで自分の記憶にあるムラ版「エリザベート」と東宝千秋楽の「エリザベート」と

あまりに違って動揺を隠せません。


え!?花組「エリザ」、こんなよかったっけ!?(おい)


これですよ、タカラヅカの、タカラジェンヌの怖いところって。


ムラ初日と東宝千秋楽、全然別物になるんですよ。


もはや作品が、脚本が違うのでは!?となる怖き劇団「宝塚歌劇団」・・・。

いえ、わりと舞台ってそんな感じだとは思っているのですが

できればムラ初日近辺と東宝楽近辺、B席でいいから、いや、立ち見でいいので

一度ずつ見ることが可能な生活だったらそうしたい・・・っと思いますね。

(基本ムラ観劇なので東宝楽見て驚愕すること最近多々です。


月の「FE!」とかこんないいショーだったっけ?って思いました・・・

すごいっすね、月組さん・・・私の目、どこにあったんだよ当時)

(※今と変わりません)


ところで、千秋楽迎えてから言うのもずるいよ!と思われるかもしれませんが

一番好きなエリザ登場人物はルキーニさんだったりします。

え、ルドルフだと思ってた、って方。間違いではないです。

(無類の宝塚のルドルフ好きは私です)


でも、エリザのルドルフは意外と「好き」というキャラクターではないんです。

猫を殺したとか、マザコンだとか、タカラヅカ版エリザルドルフのちょっと・・・と思う

ところを除いても、やっぱり私の基本「ルドルフの理想」は「うたかたの恋」です!

(誰も聞いてない)(ここエリザ千秋楽の記事だし)


と、いうことでルキーニさんのなにがいいって


「この劇は俺とはまるで無関係だぜ!」という


エリザベート、フランツ、ルドルフ、ゾフィー、っていうかハプスブルク家に超他人事なところ、です。


「俺はただ語っているだけなんだ、べっつにハプスブルク家がどうなったって

かまわない、俺はとっくに死んでいるんだからな!」


っていうルキーニさんのスタンス、超かっこいいと思うんです。

そのベースは初演の理事を見た瞬間に思っていて、ある意味望海さんのルキーニは

「理想以上」のルキーニでした。そういう意味では今回の望海さんのルキーニは

私の神、初演エリザで理事ルキーニに一番近い場所、いや、同じところにいるルキーニです。


(ちなみに私は理事のことを当時「とどさん」と軽々しく呼んでいた・・・

本当に怖い話はここにある)


そんなムラの中日あたりで数回観劇して「このルキーニさん、いいなあ」と

単純に思ってた望海ルキーニが今回千秋楽のルキーニ見て


「なんっじゃコラァァ!!!!????」


と思ったといっても、みなさまに


「あくるさん、いろいろ遅いです」


といわれても仕方なかろう・・・。

あんだけ「望海ルキーニがすごい」といわれてても隣の日生しか頭になかったやつだからな・・・

ごめんなさい、本当にすみません無理にでもバーターを組むべきでした・・・

(それでもバーター)(すいません、正直に生きます・・・)


もちろん、望海ルキーニの快進撃のすごさもびっくりしたんですけど


トート明日海さん。


私の見たときは「人間らしいトートだな、赤い血が通ってるなぁ」と

思っていたのですが(なんせ私のトート基準があの水夏希なので・・・

申し訳ないけど、歴代であれだけ青い爬虫類のトートはもう出てこないと思っています)


今回の東宝楽抜粋見たら、ガラリと印象が変わりました。


ちゃんとトートになってる!と言ったらすごい偉そうだと思うんですけど、

明日海さんらしい「ちゃんとトートだし黄泉の帝王なんだけど、エリザにはねつけられると

しくしく黒天使(たぶんマキシムとかるなちゃんあたり)に

「うう、またシシィにふられちゃったぁ・・・うう、生きていけない・・・」とか泣いてそうで

「そんなことないっすよ、ドンマイ閣下!」「一度くらいでへこんでちゃだめですよ、

恋は挑戦ですよ!」って励ましてもらってそうだな・・・」って思ってたんです。明日海トート。


けど、東宝楽全然違った。びっくりした。挨拶で「おわりです」のゆるゆる明日海さんと

同じ人物ですか?って感じです。

「よいお年を~」で「今年終わったwwwwww」と笑いをこらえるのに必死だった私ですが、

もう登場から違うんですよね。明日海トート。


「人間らしくていいじゃない、だってみりたん人間だも~ん」


ってムラ観劇当時思うしかないか・・・と個人的に思ってた明日海トートだったんですが(すみません)

(本当にすみません)東宝楽では「閣下!!!!!(ひれふ)」でした。

むしろ、黒天使になって全力で閣下のお手伝いをしたい。みたいな。


ルキーニさんはひとりでも生きていけるので手伝いいらなそうなんで。(※ルキーニさん死んでる)


雷SEで登場シーン、トリハダがたちました。やっとわかったよ~、明日海トートの

魅力が(※千秋楽です)(ほんっと、遅い!)


「だいもぉ~ん、ここの音がわからない~」とか、

「だいもぉ~ん、パンケーキ食べたい~」とか、

「だいもぉ~ん(以下略)」というさゆみちゃん気質ゼロのトート閣下・・・。

ううっ、泣けてくるほど明日海さんトート閣下だったよ。ほんっと遅かったよ、ごめんな!(誰)


挨拶のとき花組ポーズやりたい、という望海さんにニコニコのさゆみスマイルで誤魔化しつつ

ちゃんと


「じゃ、掛け声だいもんで。(ニュアンス)」


と押し付ける明日海りおさん(花トップ)。くそ、今ディズニーシー行ったら

間違いなくダッフィーぬいぐるみを抱いて歩いてそうなトップだぜ。

そしてその横で男前のヒョウ柄ミッキー耳をつけて風を切って歩く望海風斗。


思わず「望海風斗の彼女ポジ」を想像してしまう挨拶でした。(個人的に)

(飲み会では望海風斗の隣を陣取るトップの権力と「同期」という武器を振りかざす)

(キキちゃんとメンチのきりあい)


あ、こんな妄想でどんどんスクロールが短くなってく。



エリザベートらんちゃん。



ほんっと、びっくりした!(もうほんといろいろ遅いです)

あのらんちゃんですか!?あの、「好きなマンガは「アオハライドです~」」のらんちゃんですか!?

とにかく歌がすごくうまくなってる!!フランツがいう「皇后らしく」なってる!

私がムラ観劇したとき


「あかん、ゾフィーに完敗してる・・・」


と思ったらんちゃんエリザベート、皆無!ちゃんとゾフィーにも勝ってそうだし、

身勝手な振る舞いも「まあ、仕方ないな。シシィだもんな。」って納得させる演技になってる!

・・・蘭乃はな、最後で本気だした(いや、らんちゃんのストイックな姿勢はいつも

好感は持ってたんだけどいかんせん歌が厳しいな、と思っていたので)


実は「エリザベート」ていうか、「シシィ」にはキャラクターとしては好感は持てないんですよ。

どうしても「わがまま」というか「自分勝手」、「子どもを自分で育てるっていうんなら

最後までみろよ」とか厳しい感じで見てしまう冷たい人間の私なんですけど、

つまり感情移入できないキャラクターなんですけどこれだけのダイジェストでも

「あー、シシィは自分の感情に正直なんだな」という一応ちゃんと理解はできる、みたいな

シシィになってた。(ってお前は誰やねん)


らんちゃん、退団発表からいろいろ世間の風は冷たかったかもしれないけど、

最後にちゃんとけじめつけて、美しくタカラヅカを旅立っていったな、とじーんとしました。

らんちゃん、最後の最後に「花組娘役トップスター」の立場の責任果たしたな、って

えらそうに思いましたね・・・


「エーヤン、花組!」と叫んだらんちゃんにマイクついてるの忘れて


「いいですね、いい。なかなか、うまい。」


と繰り返すみりたんに微笑むらんちゃん。らんちゃんのほうがたぶん、お姉さんだと思います。

らんちゃんが


「どうぞこれからも明日海と花組をよろしくお願いします。」


とかいってもおかしくないよ、と思ってた、みりらんという半年間のトップコンビ。

完全に矢印が明日海さん→らんちゃん、だったけど愛おしい花組トップコンビだったなって。

最後の最後に思う私はやっぱりいろいろ遅いと思う(この記事で何回目だよ)



さて、最初ちょろっと書いた望海ルキーニ。なんにもいうことない。

私なんかが何か言えるルキーニじゃない。毎日アドリブで師匠(みっさま)に

お伺いをたて、一生懸命考えて、ウケると上機嫌になってキッチュ絶好調になる

望海ルキーニ。愛しい他なんの感情がわいてくるだろう(贔屓目)。


抜粋ダイジェストでアドリブがちょろっと流れて、「ルパン三世も狙ってるんだって!」と

さりげなく明るく宣伝する望海さんに


「おおう・・・アドリブだけど次のことちゃんと考えてる・・・!!」


ってなぜか涙出るし(年か、疲れているのか・・・最近涙腺が弱くってね)


この人強い!大丈夫!!


って組替え挨拶でも思えた。望海さん、ちゃんと前向けてる!!(えらそう)


思わず号泣しながら拍手したよ、私は。

そして絶好調に顔芸炸裂の彼、「偉大なる、愛を!」で本当に気持ちよさそうに

両手を広げる望海さんが更なる次のステップを上った11月17日を毎年

祝日にしたいくらいだよ。11月17日、祝日にしてみんな休もう?

(勝手にしてください)(っていうか毎回言うけど、みなさまを巻き込まないで)


そして「永遠の詩」で顔がどろっどろになる、という学習能力のない、俺。


それも噛みしめるようにルキーニメイクで余すところなく劇場を包んだ歌声に

やっぱり望海風斗好きだ!って思えました(耳たこ)(そしてひいき目)。


やっぱり、私この人に賭けてみます。


そう思えた、花組エリザベート千秋楽。私も一歩、踏み出します。



・・・本当はみっさまフランツとかキキルドのことも書きたかったけど、なんか胸がいっぱいなので

ここで終わりします。



「おわりです。」


byダッフィーが世界一似合いそうな花組トップさんの言葉を拝借。





こんなに来年正月公演の舞台が楽しみなこと、結構長い間宝塚見てるけど

初めてだな。


そして、それがすごく楽しくて嬉しくて、私は幸せ者です。




グランドアモーレ!


偉大なる愛、望海さん、花組さんに大声で叫びたいです。




って、やっぱりあくるさん、遅いと思うの。(もう水曜日)