MENU

STAR

新公を駆け抜けた若きサムライたち。星組新公を見に行ってきました。

「まあ89期が新公卒業するまでは普通に見てるな」 →本当に普通に見続けてた 「95期が新公するまで全力で見ていくだろうな」 →やっぱり全力で見続けた 「98期怖い・・・98期の誰か新公主演するまで私見続けられるのだろうか・・・」 →普通に見続けてた と、い…

月刊七海ひろき、そう、これこそファンタジー。

見すぎててっきり感想を書いていたつもりが、月刊七海ひろきの魔力よ・・・。 リピートしすぎて書くのも忘れるミラクル。 そう、それが「ブリドリ+next 七海ひろき」。 今月もかいちゃんの快進撃が止まらない。回を重ねるごとにクオリティ上がっていくという…

10/3、北翔海莉、妃海風大劇場卒業。トップになってくれて、ありがとう。

ところで、私はふうちゃんが大好きだった。 いつもおしゃれで入り写真を楽しませてくれるところ、心の心情が伝わってくる演技、はじけるダンス、甘く伸びて、響く歌声。 大好きだったからこそ、トップになるとか、ならないとかそういう問題にもならなかった…

七海ひろき、オスカーを狙う。月刊七海ひろき3回目。

私は人が思っているより、かいちゃんが好きなんだと思う。 と、お前は急に出てきて何をいってるんだと思われそうな出だしで今月はスタートです。最後にブログを書いたのはリオ五輪真っ最中でそしてリオが終わり、夏が終わろうとしています・・・。 みなさん…

七海監督へ、愛をこめて。

1年って、早い。 ここ数年CSに入って、最大の楽しみの月が7月。何もかもが新しくスタートし、ニュースもリニューアルし、年間スケジュールも発表され宝塚ファンあるあるである 「来年のスケジュールも書き込めるスケジュール帳が欲しい・・・」 となる、この…

星組トップ就任おめでとうございます!紅ゆずると、綺咲愛里の世界。

星組が、ついに、持ち手カードのスペードのエースを、切った!!! 紅氏、あーちゃんトップ就任おめでとうございます!!!! と、いうことでこの世間とは一歩ずれたこのタイミング。みなさんお久しぶりです。あくるです。この微妙なズレが私のタイミングの…

北翔海莉・妃海風退団。鬼の経験スキルとキュートなガーベラ。

私はへそ曲がりだ。 「書け」といわれると「書かない」こともあるし、「期待してるね」といわれると書く気がなくなるときがある。逆に、そんなネタでそんなに書ける?と思われても仕方のないブログの書き方もしていると思う。 タカラヅカブロガーのはしくれ…

瀬央ゆりあさんの暖かさに包まれてきました。

ご、ご無沙汰しています・・・イ、イタッす、すみませんイタッ(あまりに更新しなさすぎて物を投げられる図を文章に書いてみる古典な文章を書いてみる)。 大変申し訳ございません。かれこれ1か月ぶりくらいでしょうか・・・?そもそも、あくるさんブログ書…

「七海さん、予算相当オーバーしてますよ。」(スカステスタッフ怒りのテロップ)

週1更新ならまだしも、月2更新になろうとしているこのブログ。本当に申し訳ございません「あ、生きてた?」生きていました、あくるです。最近目下の楽しみは「はばたけ!すみれんずagain」②北関東編です(神/美弥るりか・オタク/七海ひろき・ねばーるくんと…

七海ひろきウェルカムパーティー全問正解とかすごいからっ

月組のにぎやかさに目を細める、朝のニュース(朝の7時代のテンションではない)。どうもおばんです、あくるです。旅行にちょっと長い間行っていたのでスカステ消費に燃える毎日ですが、まあーニュースはためるとよくない!!!あっちこっちにネタが散らば…

伝令ーーーー!!!せおが、真ん中に立ちます!!!(もえこ声)

多少の無理は、する所存です。と、いうことでグッドモーニング、遅番のあくるです。昨日の星組新公発表で、お昼寝から起きたらとんでもない配役が発表されていました。せおが来たァァァァァァァ!!!!!!!!!!もうもう超うれしいよーーーー!!!叫ん…

「キャッチミー」の七海ひろきの挨拶の呪縛

ビールが染み渡った体に、「ラ・エスメラルダ」の座談会と「キャッチミー」の千秋楽映像が、効く。どうも酔っ払いのあくるさんです。歌劇をやっとこさ真剣に読んでいますが、いやぁ~「燃えろ!!エスメラルダ!!!」は本当に体にいいわぁ~(※まだ始まって…

星組の底力、見たまえこれが本物だ「ナポレオン新人公演」

まあクオリテが全員礼真琴っていうことにびっくりするよね。リアルタイムで見る予定ではなかった星組新人公演「ナポレオン」。星組の新人公演、それは別名「真の実力者たちの巣窟」。ナポレオン(柚希礼音)の礼真琴、こっちゃんってたぶん「うますぎる」領…

星組・桃堂純のキャラ立ちがものすごくて腹筋が痛い「特命すみれリサーチ」#48

久々に大笑いしたよね。「トークバラエティ オシエテ!」「ミュージックファミリー」そして、「特命すみれリサーチ」。いずれも、CSタカラヅカ・スカイ・ステージで毎月放送回数の多い小ネタ番組だが、私は暇を見つけては15分のこのネタとネタのはざまの本…

いじるの秒速、ツッコミ瞬速。それが壱城あずさ、別名「鉄の女」。

壱城あずさに、元気をもらう。(「フリーター、家を買う。」風に)「星逢一夜」集合日になにを書いているんだお前はといわれそうなのを重々承知でこの記事を書いている、そう、正直な自分を恨みます。ネタのストックは、お大事に。(「風邪、お大事に。」の…

一番似合う姿は緑の袴だった。タカラヅカファンの宝物、柚希礼音卒業。

「ちえ、卒業したんやね」「しちゃったねー」「なんか青春思いだすわー」突然、もう5年も会っていない友人からの電話だった。私をこの沼に引きずりこんだ張本人からの突然の連絡。彼女は今、二児の母親として大阪で奮闘している。「ちえの正装、私たちが見…

柚希礼音が柚希礼音でいてくれたから。

トップ・オブ・トップ、宝塚の歴史に残るダンサー、トップ在籍6年、ファンに対する神対応、芸事に関してストイックな姿勢、人間味あるれる演技なのに自然、ラブシーンのリアル度の強さ、一途、力強い歌、男性にしか見えないリアル男役・・・柚希礼音に関す…

深夜企画「ジェンヌの自己紹介」星組編

おひさしぶりです。あくるです。大丈夫、私元気だから!!!(誰も聞いてない)デスクトップを公式の「アルカポネ」にしてみたら、PCを開くのが予想以上に怖いくらい元気だから!!!(ずっと睨まれている感じのデスクトップ)(癒しなどこの人のそばにい…

いつまでも、いつまでも輝いて。星組トップスター柚希礼音大劇場卒業。

大切すぎる、みなさまへ。この言葉のチョイスが柚希礼音だと思った。大切すぎるから、私たちも星組トップスター柚希礼音を手放したくない。柚希礼音は、宝塚ファンにとって「大切すぎる」存在なんです。私が宝塚を映像で見始めたころは、そこに柚希礼音はい…

言葉より、昨日のFNSを見せるが勝ち。

まあ、実感しましたよね・・・その人を語る言葉より、その人間を見せろ。と、いうことを。と、いうわけで昨日のFNSで私の今までの苦労なんだったん?っていう行動をあからさまに見せつける私の(学生時代のオタク仲間)だった友人たちの動きをご紹介しつつ、…

星組「かもめ」。優しさと残酷な世界で生きる、礼真琴。

「私はかもめ」物語の終盤、ニーナは何度もこの言葉を繰り返す。不思議な言葉だ。と、いうことで礼真琴主演星組バウ公演「かもめ」を見ました。CSですが、その舞台は「タカラジェンヌ」というより生身の「役者」の激突ガチンコ芝居劇。華やかさを一切使わず…

紅5DVD見たよ③

文章なんて無理でした。(ミニドラマを見て書いたの、これだけです)3回にわたる連載でした、ありがとうございました・・・(お辞儀)貸してくれたS先生、ありがとう・・・生きるね・・・私、生きるね・・・。

紅5のDVD見たよ②

あかん、花組黒天使トークの冴月瑠那のスチールの座り方がイケメンすぎて言葉失う。これが・・・花男、か・・・!!!!(いきなりの実感)と、いうことで紅5DVDの中毒性にもはや加工前の麻薬すぎて(むしろ草)生活がつぶれてる・・・!!!高カロリーの…

紅5DVDを見たよ①

あかん・・・まったく時間が足りねえ・・・ニュースがこんなに充実しているときに・・・あえてこのネタを書く私・・・ライフ大丈夫か!!!!(いや無理。ニュースで望海さんブリドリ5分で滾るしルパン制作発表で2時間くらい書けそうだし。ほんと、最近頭…

「メモリーズオブシュウシオツキ」バリ3…。

最後まで「バリ3。」の星組90期生。どうも、笑いの沸点が最低のあくるです。シュウシオツキ退団ということで、何かハナムケ的なものがあるかと思えば・・・最後まで、ぶれない星組90期による「バリ3」。おかげで朝からまたツボに入り、リピートしすぎて…

星組トップスター、柚希礼音、退団

「ちえ」という愛称がまだそれほど私の中で通じていなかった時代に出会った「柚希礼音」は私の中では「研3のザネリ」という愛称でした。なかなか失礼な愛称でしたが、「研3のザネリ」はあんなに大きな羽を背負って、「柚希礼音」あるいは「ちえさん」「ちえ…

「彼女と十碧れいやが出会う10の方法」

星組さんに行けないことが決定になってしまい(本当はどっかで行けるのでは?と軽く思っていたのに本当に詰めの甘い私はチケットは本気でないし日程を考えていた日は貸切だし)(交通費は雪組に通いすぎてカードご利用可能額本気でこの数字見たことないって…

新公エトタカでいろいろ被弾

微妙にお久しぶりです、あくるです。組替え(違)終わらせてきました。・・・大変だな、これは・・・。そんな私のことはどうでもいいとして。朝から宙組さん「ベルサイユのばら」、千秋楽映像を見て涙ぐむ私。宙組さんの卒業者に感謝の拍手を心からささげて…

「太陽王」黒ミサについて、語ります。

あかん・・・黒ミサについて深く考察しすぎて、ミスタイプによって全部消えた・・・。もう・・・お前は、書けないのか・・・・!!!!!!!(書けません)。と、いうことで仕切り直し。頑張ります。キムシンってやっちゃうときやっちゃうよねえー・・・と…

「太陽王」主要三人感想①

ヒカリエの雑貨に目を奪われつつ、11階の夢も希望もない都会の景色を一望できるシアターオーブまであっという間でした、はい弾丸女あくるです。未だに山手線に乗るだけで緊張します。どこまで田舎者やねん。【全体的に思ったこと。】オーブはせっかく舞台が…