TRUNK DIARY -ナナメカラタカラヅカ-

宝塚見て早半人生。まだまだ未知の世界すぎて幸せ。

MENU

真風涼帆さんのおしゃれ男子的闇生活「異人たちのルネサンス」感想

こんばんは~~~

 

日本のハワイ(あくるさん談)太平洋のおひざ元の地元も急に寒くなってきた…

これから外出に気を付けなあかん…私のことだから絶対インフルもらう(確信)

(仕事はこれから繁忙期)とかいいつつ

「あーーー星組チケットとれるかな~~~~」

カサノバめっちゃポスターおしゃれ!!!好きな生田君!!!!」

「やっぱり美弥るりかさん天才佐々木小次郎ですか…」

と忙しい絶賛お花畑脳あくるです。

 

突然ですけど、今こんな本読んでます。

あの映画みた?

あの映画みた?

 

出てくるのは古い映画がメインなので「あ~~…題名だけ知ってる…」

っていう映画が主なんだけどいや、何がすごいってね、

江國さんと荒野さんのおたくっぷりと全部の映画に「さすがだな」って思わせる

解釈の価値観ね。これぞ世界に名を轟かす現代女性作家の感性…って

ついつい夜更かししてしまう恐ろしいエッセイ。

となりのトトロは子供がノスタルジーを呼び起こすための道具に

使われてるのがなんかいや」っていう江國香織よ。

そして映画の知識と説明力が神的な井上荒野

いやーーーこういうエッセイ(宝塚作品で)書いてみたいけど

まあ結局「すき!!!!」としか言ってない文になりそうなので

私は今の身の丈に合った感想を書きます…ああ、井上荒野になりたい。

 

と、いうわけで「え?もうファントム始まったで?」ってなってる

ムラで観劇した「異ルネ」(っていうの?)感想。1回で書ききります。

「うわー、田渕くーん(らしーい(生暖かい微笑み)」って3回以上思った公演。

そして「ぎゃーーーーー田渕!!!!!殺す気か!!!!

(フィナーレ部分において)」って10回はけいれん起こした公演。

っていうか…フィナーレ部分においてはその8割が真風さんと芹香さんの

責任だったりするんだけどもね…あと3.5割和希そらさんね。

あれはあかんで。そら。(よく考えて、合計11.5割になってるよ!)

 

田渕くんは人間の闇をおしゃれにオリーブオイルかける人

私前から田渕大輔さんって「朝のも●みちを思い出すんだよなあ…」と

思ってるんです。あの方作る料理自体はおいしそうだし、センスも

素敵だなあって思うんですけど

「やたらオリーブオイルかけるし無駄におしゃれ感が強い

(=余計なことするなもこ●ち!!!!)」ってね、思いませんか?

私は思います(オリーブオイルになじみがないっていうのもある)

(そんなおしゃれ食材はうちにはない←個人的な理由)

田渕くん、デビュー作(花組「Victorian Jazz」)から見てるんですけど、

苦手だな~ちょっと避けるかな~って思う演出家ではないんです、個人的には。

むしろそのインスタ映えを意識してます★的な演出

(醸し出す(ちょっとめんどくさい系)おしゃれ感)は嫌いではない。

見栄えは大事。

なんだけど、「そこはもうダイレクトにいこーよ」っていうところも

おしゃれに演出してくれちゃってる。

ダヴィンチも生活とか、言うこととかやたらおしゃれで

こなれてる感があるんですけど

カテリーナへの感情がもたついてて、もうちょっと巻いていこう!!!とか

まどかちゃんのカテリーナも小鳥のことより自分大事にして!?とか、

メディチ家当主ロレンツォ様が「この世のすべて私より下なり」が

ひどすぎてちょっとおキキ様キャラクター作り完璧すぎてしんどい(息切れ)

ってなるし愛ちゃんは田渕君のミューズでまた色物俳優っぷり

(なんだか愛ちゃん貫禄増してません?闇世界の重鎮よ…←あんまり嬉しくない)

発揮でいやらしいし(すごいと思う)

桜木さんが「どうしようもない次男感」があふれすぎて

「いやしっかりせえよ(だからりんきらさんはあかんって)

…っていうすっかり宙組ハイになった状態だったんですけど、

このツッコミどころ満載感というか、ツッコミだしたらきりがない感は

いかにも田渕くん!!!!って感じがするのです。

 

灰色がかった霧の中を歩いているような感覚。

最後に「…で?(このお話のいいたいところは?)」ってなるのが

「…で?(どんな味なの?)」っていうもこ●ちさんの料理に通じる気がしてな…

(もこさんちゃんと食レポしてるんだろうけどなんせ(無駄な)おしゃれ感が

強いので話が入ってこないんですよね…って私どこまで話引っ張る気なんだろうか、

もこさんで)

でも何回もいいます。私田渕君のそういうとこ、嫌いじゃないです。

(考えれば考えるほど病しか広がらないっていうところも)

(愛ちゃんとりんきらさんが好き!!!っていうわかりやすいところも)

 

宙組的闇生活のエンジョイの仕方(フィナーレ神ありがとう田渕)

…と、最初から言いたいこと言ってる(けど伝わってるかわからない)」

状態なのですが…うん、みなさんうすうす気づいてるかもしれないけど

そう…書きたくてもなんせ見たのが10月でね?

ぶっちゃけ「書きたくても断片的なぼんやりとした印象と

とにかくフィナーレ」

のことしか頭になくて…(書きたいんだよ…でも思い出せない★)

ということでフィナーレについて書きたいと思います。

(もう100回以上思ってるけど、感想はあたたかいうちに書こう…)

 

私、見た直後あまりの宙組ハイでよくわかんないこと言ってたなーと

思うんですけど、フィナーレでテンションがふりきれまして

「なんか富樫マンガみたいなフィナーレだった!!!!」って

周りの友人に熱く語ってたかと思う…んですが

帰り道「富樫 コマ」とかでテキトーに画像検索してみたんですよ。

…そんな画どこにもなかった。

私の中で富樫マンガが「妖術(芹香さんのあれ)」とか

「なんか絵が止まってる」(フィナーレの振付のバチッバチッというキメ←超かっこいい)

がそういう印象だったんですけど…富樫センセジャンプでよくあの絵載せてたな…

っていう結果しか生み出さなかったです★(そしてそれを無駄に書いてしまった)

 

まあそれはどうでもいいんですけど、フィナーレが!!!!

最の高★(全力で拳突き上げハイジャンプ)

フォーメーション神(さすがKAORI先生)+キメのそろえ方神

=現代的フィナーレありがとう!!!!となりました。

理性とかどうでもよくなるね、あれ。久々にネジ飛んだ(いつもじゃない?)

特に芹香さんのあれ(妖術)が好きすぎた。

あと和希さん。和希そらさん。そらはなんか動きが違う。

ダンスのこと全くわかんないけど、キメとかタメとか動きが人外。

見てて気持ちいいな!!っていうダンスしますよね~。

全部シャッターチャンスみたいなダンスする。ずっと見ていたい!

 

なんだかんだいいつつ宙組って見てて楽しい。

あ、あと芹香さんのロレンツォ様について。

実社会でいたら「こいつ…(豆腐の角に頭ぶつけてどうにかなれ馬鹿者)」

と思いそうなキャラなんですけど、芹香さんってどうしてあんな

キャラクター作りがうまいのでしょうか。

周りを巻き込んで、誰もが傷ついて、でも一番傷つけられたジュリアーノにさえ

「それでもみんなロレンツォ様のこと好きだと思う。」って

思わせるあの方の天然人たらし的なキャラクター。

芹香斗亜さん絶賛型ブログなのはわかってます。

 

わかってるって、ほんとに芹香さんって「困った方ね♡」

(わかるぜ夢白あやちゃんよ…みんな心からそう思ってるよ…!!!!)

 

二本立てでした。白鷺の城はもう…好きすぎておかしくなりそう(頭抱え)

感想はこちら!!!

leexxx.hatenablog.com