TRUNK DIARY -ナナメカラタカラヅカ-

宝塚見て早半人生。まだまだ未知の世界すぎて幸せ。

日常「生活」を面白い「芝居」にする天才たち・月組「エリザベート」感想③

こんばんは、あくるです。今日も絶賛月組エリザの記事をお届け。

甥っ子が実家にいるのですが前回はアンパンマン、今回は新幹線が

マイブーム。プラレールの音が響きます…(お母さんってすげえな)

 

そんな甥っ子同様昔からわかりやすくハマる性分で、エリザ観劇からこっちの

通勤はほぼエリザベート実況CDで過ごしています。

ウィーンの原曲エリザ数種類そろえているAmazon Music Unlimited…

できるやつめ(解約しようとしていた矢先のハニートラップ)

 

ちなみに私はこれが好き!! 

Ocr: Elisabeth-Das Musical

Ocr: Elisabeth-Das Musical

 

 なんかこれ、全曲ケンカ腰。激しいです。

疲れているときは聞いてるだけで疲労度がすごい(チョイス考えて)

どの盤も最終答弁と最後のダンスはテンションが上がって

スピード出し過ぎるので気を付けたいところです…

見えないんですかい~~~裁判官殿!?!?

(スピード制限が!!!!)

 

さて~エリザ感想もこれにて完了。

全体的な感想と簡単(で終わるはず)な箇条書き。

 

ミルクとカフェで来たかいあった109回目達成(煩悩の数超え)

芝居って面白いなぁと思う瞬間が多々あった月組エリザなんですけど、

何気ない風景をめちゃくちゃ面白くする人たちっているじゃないですか?

トークでも普通のやり取りなのになんか面白いとか、

いつもやってることなのにこの人がやるとめちゃくちゃ笑えるとか。

今回のエリザで「うわあ~月組お家芸来たよ…!!!」って

テンションMAXになったのがカフェとミルクのシーン。

ミルクはからんちゃんとさち花さんの

月組上級生という名を体で表すとこうなります!!!」みたいな

「実 力 派 演 者」という風格が凄まじかったです。

いや~、千海華蘭さん、月組のお楽しみなんですけど

(可愛い顔してすごい力を発揮する。脇でいつもイキイキと演技してるの

めちゃくちゃ好き!!!)

ラウシャーでも笑いとっててすごいなーと思ったし、群衆では光るし。

白雪さち花さんは今回マダムヴォルフのお色気担当かと思いきや

さち花さん十八番(?)町女のミルクでがっつりハートをわしづかみ。

月組、安泰ですよ!!!!!(えびす顔)

あと「もうこれからが楽しみで仕方ないわい!!!(課金)」だったのが

カフェのシーン。こちらもお楽しみの佳城葵くん(やすくん)がね~~~

私好きなんですよ。美声ですよね。で、

「私が実力派月組下級生です!!!!」の名を体で表すような(←天丼)

芝居のうまさよ

日常風景を歌いながら芝居する。

ミュージカルの当たり前なんですけど、

これが月組エリザうますぎる!!!!

カフェのシーンはルキーニの小芝居が面白い場面

(首にタイのれいこちゃん…あかんやろ)

認識なんですけど今回私の中でダントツで印象に残っている場面が

カフェのシーンなので

月組~~~~!!!(小躍り万歳三唱)」でした。

 

ミルクの場面、病み女続き(アンナカレーニナめっちゃくちゃ見たい!!!!)の

海乃美月ちゃんがいて「うぅ…ヴィンティッシュ嬢(ハンカチ)

(※この時点では出番まだ)」となった私は気が早い。

そしてやっぱり海ちゃんはうまい。病んでる演技が素晴らしい。(ほめてる)

 

若くてハンサムな皇帝フランツ(←研16)美弥るりかの実力たるや。

フランツって毎回思うんですけど「実力派二番手をとことん堪能する役」

だと思ってます。フランツって本当に地味なんですよね。

ルキーニみたいな派手なアクションないし、トートみたいなカリスマ力を

発揮しても(役柄的に)たぶんダメ出し来るだろうし、

「THE日陰の役」みたいな。マザコン皇帝とか歌われるし、

一回の浮気で「人でなし!!!」みたいな態度取られるし

(浮気はダメです)

(どうでもいいけどちゃぴと吊り輪相性抜群で…どうしよう…)

世の中的には愉快的犯罪を何回もしてるルキーニこそ人でなしだと

思うんだけど(それはれいこルキーニな)(大好きだね)

 

で、今回の美弥ちゃんもそれはそれは

「美弥るりか様(今日も素晴らしい)」という美弥クオリティでした。

フランツっていいところなしなんだけど、美弥フランツは

「きっと優しいんだろうな」「きっと優秀で聡明なんだろうな」

「この人と結婚すれば絶対幸せになるだろうな」っていう予感をさせる

少女マンガの王子様フランツ・ヨーゼフの名に恥じぬプリンスっぷり!!!

せやねん…この人が浮気したの全部あたしのせいやねん…(なぜ関西弁)」

とダメ女になりそうなフランツでした。

 

ま、フィナーレの銀橋でキラッキラ若手まだまだ駆け出し☆感を醸し出す

美弥さまにも圧倒されたんですけども、闇広のかっこよさに

頭パーンでしたよ。え?お前れいこちゃんしか見てなかったじゃなかったっけって?

やだなー、宝塚観劇においては百目を持つ女ですよ!!!!

(普通にれいこちゃんと美弥ちゃんばっか見てました(あとからんちゃん))

 

この母にしてこの子あり・ルドルフ暁千星(役替わり)

「ああ…絶対ちゃぴの子どもはありちゃんだと思うわ」って

全米が納得するルドルフでした☆

もうなんだろうな、颯爽とした若き革命家スター誕生!!!っていう堂々とした登場。

一斉にオペラが上がったのが壮観でした。

あの皇太子のタッセルの似合い方、やばいよね(語彙力)

私の中でありちゃんって「元気はつらつ☆力ありあまってます!暁千星★」って

イメージだからルドルフの病んでる具合がどうなのかなーと

思ってたんですが…珠城閣下との「闇広」さすがでした。

病んでるっていうより「負への闘志」を感じさせる闇広だったけど

(そこはイメージを外さない★暁千星(98期))

 

ありちゃんクラスのスターさんだと「周りに期待されすぎて重圧で押しつぶされそうになるオーラ(ルドルフ症候群)」みたいなのを

リアルに感じる学年だなーと思うんだけどそれを微塵にも感じさせない

暁千星が暁千星たる理由みたいなのを見れて面白かった!!!

ピルエットがものの見事に決まる気持ちよさよ。

(さりげなく繰り出すのがすべて必殺技なのも暁千星が暁千星たる理由…

 

簡単な覚書の箇条書き

・黒天使メンバー、めちゃくちゃ好みが輝生かなでくん

(友人に「絶対好きだと思うー!」って言われたのは間違いじゃなかった。

スタイリッシュなダンスに大きな目。どことなく蒼羽りく臭。)

・黒天使メンバー、目が行くのは朝霧真氏(毎度おなじみ97期(好き))

・まゆぽん(輝月ゆうま)のイケメンパパぶり絶好調(女に一生困らないタイプ)

天紫珠李ちゃんが可愛すぎてどうしようって毎回思う月組さん

結愛かれんちゃんが可愛すぎてどうしようって毎回思う月組さん

・「体調最悪です」っていう顔色で元気にロケットを踊る下級生にほほ笑む

・バートイシュルが好きだなぁ~少女マンガのときめきがあるよね

・それは美弥フランツが王子様だから(知ってた)

否が応でも盛り上がるミルク。

そういえば「1789」初演の組だったよちくしょう(?)。

・強さが一番美園さくら。見事なエトワール。パワフルボイス。

MISIAとかドリカムとか歌ってほしい。

・若き天才風間柚乃くんの片鱗を見た気がした

イケオジ具合が本当に天才←いうてもヴィジュアル嗜好)

月組見るたびいっていますが「蓮つかさくんの鼻筋が最の高」

・黒天使の具合悪そうな中になんかフワフワした妖精がいる…と

思うと100%夢奈瑠音くんでした。サンリオ男子。(個人的偏見)

夏月都さんが大好きなんですけど、宙組の花音舞さんとかぶる。

どっちもちょうどいい温度の演技。暖かみがあって優しい。大好き!

・組長憧花ゆりのさん~!!!素晴らしきゾフィーでした。

毎回凛々しき挨拶が楽しみだった!!女政治家、鉄の女、月組サッチャー

(個人的イメージです)すーさん永遠なれ!

・いろいろ感動していたのに最後に彩音星凪くんの顔にやられる。

なんなんだあの顔。(すべてはヴィジュアル嗜好型)

 

以上です!!!!

月組しかできないエリザベート、本当に楽しかった~

次は芝居の齋藤くん登板に藤井ショーか…

(齋藤くんと藤井くんは相性がよさそうで楽しみです)

 

最後にフィナーレ(まだいう)

フォーメーション神なので宝塚やめられねえ~~~~!!!!

(気持ちのいいそろいっぷりが!!!宝塚見た!!!!)

 

今回意識してフルネーム書いてみたんだけど自分の覚えてなさに落胆。

リハビリしよう…Googleさんに頼りっきりの生活冗談じゃねえ!!!)