TRUNK DIARY -ナナメカラタカラヅカ-

宝塚見て早半人生。まだまだ未知の世界すぎて幸せ。

初演「凱旋門」を見て再演「凱旋門」にあってほしい8つのこと

こんにちは、あくるです。

最近「他のジャンルのおたくの人が宝塚にハマった話」を読むのが好きです。

特に「ひかりふる」以降若手俳優沼の方のブログに「望海さん…」とか

「朝美さん…」とか「サキナ様…」とか見るようになって

ほほう、ひかりふるの破壊度やばいな。

(コーヒーすすりながら)と思っているんですが

(そう、私は未見です。でもこれは好きなやつって確信してます。

だいたい望海さんが好きすぎて他のやつが近づくだけで舌打ちするような

朝美さんを見れるってだけでこの世のパラダイスじゃないですか…←今日も都合のいいお花畑化が著しい)

あとさ~、私たぶんひかりふる見たら即行

サキちゃんに通帳預けたくなるような行動を

する予感しかしないので気を付けようと思います★

(サキちゃんのマスクキャンペーンが終わってハッピー)←入りの話

 

さて、今日の本題です。

久々に初演「凱旋門」(雪組)を

見ました。

当時中学生で、宝塚にはどっぷりはまっていましたが

毎公演見ることはできなかったので毎日NHKの録画を見ていたんですけど、

私をこの道にハメたM(元コム教)が凱旋門は病む」といいながら

(あの子どこにお金があったのか)VHSを貸してくれて、それをものすごい回転率で

再生していたんですよ。主に「デパートメントストア」を。

(なんかあんまり世間の評判はよくないけどこれめっちゃ好きなんです…

轟さんがただのイケメンで雪組三兄弟(安蘭さん・成瀬さん・朝海さん)

死ぬほど可愛い。

ボーイの恰好でちょこちょこ歩いて「OK!任せてくれ!」(指さし)とかいうの。

あ、私は成瀬さん推しです。(後から人に「あ~わかる~絶対好きだよね」って

言われた)私ただのミーハーなんで雪組三兄弟マジでツボすぎて。

(同期スター3人同じ組にするってまじかよって今だと思うけど

(今だと水美さんと桜木さんと柚香さん(あるいはこっさん)を

一緒の組にするみたいな感じかなあ?私の偏見ですけど)

当時はもう同期萌えの極みで機関紙で毎回萌えエピソードが

これでもか!!って

大放出だったんで私あの頃にあの三人がいたせいで今があると思ってます

(よかったのか悪かったのかどっちにもとれる表現)

トドグンの大人っぽい雰囲気にデパートの安っぽいセット(ほめてる)が

ミスマッチすぎて最高。

 

で、あの時雪組三兄弟をこじらせたまま大人になった私が

今「凱旋門」を見て思うことを備忘録で書いておきます。

たぶんアンリが咲奈さんだったりなんといっても望海さんが二番手なんで

(でもこのボリスはまじでハイスペック男役しかできないやつなんで

望海さんの超技巧テクが大好きな人は絶対いいと思う)脚本の書き換えもされるって

書いてあったし全部このままということはないと思うのですが

さすが雪組、配役はちょっと楽しみな「それな!!」感があります。

これだけは言っておこう。

あーさみちるのピュアガチ純愛は

絶対萌える。

(ギターとヴァイオリン片手にお人形のようなふたりがニコニコほほ笑みながら

きゅっと一緒にいるとこ見れるだけでマジでありがとう…ってなれる)

(安い)(とても安い)

(安蘭さんと千咲毬愛さんも可愛いの極みでした。好きです!!!)

 

はじめに

私、人の感情をはかることがへたくそすぎてよく笑われるんですけど

(どうなのそれ)「凱旋門」再演っていう話聞いた時

理事降臨公演かー、へー、久しぶりだなあ~凱旋門か~…

(理事フランス大好きだからフランスの歌歌えるんだ♡って張り切ってたら

みんなフランス語で苦しんでる中自分だけ最後日本語でしか歌わせてもらえなかった

エピソードがすごく好きだったな~

いいな~フランス語…ってなってる理事と

なんでいしちゃんだけ日本語でいいの!?ってガチギレしてる雪組メンバーが

微笑ましかった…)(歌劇かなんかで載ってたけどニュアンスです)

程度にしか思ってなかったんですけど

(安定の脳内お花畑今日も絶好調)

ネット見たらすごいこう…ネガティブな意見をたくさん見まして。

確かにそう、望海さんトップ2作目でこのまま勢いづいていきたいところだと

思うし、貴重な大劇場公演を理事降臨でセルフカバーってどういうこと!?って

なるのもすっごくわかる。

私だってエエ声で

「名前はラヴィック。外科医。旅券、なし。」といって

パリの霧の中に消える望海さんを見れたかと思うと

(ついでにいうと咲奈さんボリスに「男のキスは嫌なんだよ…」って

言われながらもキスを受け入れたり(※BLではないです)とか

真彩ジョアンにここは北極か!?と思わせるような絶対零度の声で

「そう。よかったね。」って望海さんが言ったかと思うと

偉い人ぉぉお!!!

(ちゃぶ台ひっくり返し)みたいな気持ちにはなる。うん、わかる。)

 

なんだけど…理事降臨がうんぬんじゃなくて、こういう「重い、暗い、しんどい」

三重苦作品(宝塚の中でもまじで悲惨な方の悲劇。最後まで救いはありません)

今の雪組生がやるのは意味があると思うんです。

見てる側はね、下級生の出番ないし何度も見たいと思う作品ではないんですけど、

(たぶん円盤買っても明るく元気にハッピー宝塚!な大介作品ばっかり見るやつ)

美しい演出と美しいセリフ(言ってることは重くてうへぇ…ってなる)の中で、

端から端まで三拍子そろったレベルの高い組しかできない作品ではある。

中途半端なレベルでやると本当に作品の意味さえ迷子になると思うんだけど

今の雪組だったら18年前のクオリティを

はるかに上回った「凱旋門」ができる。

それを私は見たい。と思いました。

「理事のラヴィック」じゃなくて、

「今の雪組凱旋門が見たいんです。

 

ってことで独断と偏見で「凱旋門再演でコレが見たい!(頼んだ柴田先生!)」を

初演に基づきダラダラ~と書いていきます!

でももう脚本書き換えます~やら舞台美術衣装全部リニューアルします~やらは

公式で発表されてるんで見て「あの場面なかったじゃん!?」ってなったら

「私も見たかったよーーーーー!!!!」って一緒に泣きましょう★

(それだけ?)(それだけ…)(感想は悲しいことも嬉しいことも共有しよう…)

 

さて思いっきりネタバレしてます!!!準備はいいかい?

「落ち着け!!」って望海ボリスに言われたい!

はいスタートです!

 

1.ハイスペ男役の極みボリスの望海風斗が楽しみ

ボリスといえばとっくり、とっくりといえばボリスってほど

ボリスはとっくり愛好者です。あと望海さん、ドアマンでロシア人なので

「え、だって本人ロマノフの末裔でしょ」ってくらい

ハマると思うんでロシア帽(ペルシャ猫頭に乗っけてるみたいなやつ)も楽しみです。

 

あ、前述ですがこのボリス、初演が成功したのは8割香寿たつきボリスの

おかげなんで(当社比)ボリスは並大抵の男役ではできないと思ってます。

もう超ウルトラハイスペック男役しかできない役がボリスです。

ちなみに私はたーたんさんが「花の業平」(ムラ版)でやった藤原基経

今も望海さんがやってくれると信じている。(あれ二番手やで)

(大劇場に火が放たれるで)

望海さんが理事を「くそったれ…」て呼ぶのを聞いて静かにしたいと思います。

 

2.ハイメ(朝美絢)とユリア(彩みちる)のピュアガチ純愛に萌えたい

私、鑑賞中にメモを取るんですけど(テレビ鑑賞のときね)

読み返してびっくりした。

 

ハイメとユリア…いい

「ハイメー!」「ユリア―!」あーさみちる絶対カワイイ

ハイメとユリアはいい!!!

ハイメ(ギター)ユリア(ヴァイオリン)よい!!!!

 

 

頭悪い人のダイイングメッセージか?!

(気持ち悪い)

(いや同時上映であーさみちるサイドストーリー脳内で始まったから…)

とにかくカワイイ+カワイイ=最強みたいなカップルになるはずです。

死の鳥(雪組イケメン男役ダンサー祭り)にロープでぐるぐる巻きにされ

上手と下手に引っ張られながら「ハイメーーーー!!!」「ユリアーーーー!!!!」

てお互いを求めながら絶叫するところ見たい。

あそこだけでハッピーターン幸せバター味ひとふくろ食べれます。(太るよ)

あとそこの場面、オプションでローゼンフェルト(永久輝せあ)が

ロープで縛られて引きずられて行きます。(オプション扱いしないで)

あそこハッキリ言って地獄絵図なんですけど当時の世界情勢っていうか

ナチスドイツの卑劣さ、ファシズムの悲惨さ

絶対繰り返してはいけない歴史」は肌で感じるので目をそらさず見なくてはならない

場面だとと思います。本当に後味悪すぎ。

でも、ハイメユリアに萌えましょう!!!

(あくるさんそういうとこだよ)

 

3.カリ様の「逃げ足の速い死の鳥」トレンチ×ソフト帽で死ぬ

マルクス・マイヤーは私の永遠のイケメン役者成瀬こうきさんの役なので

どうしてもひいき目になるんですけど本当にマルクス・マイヤーの

ヴィジュアル最高。(あんたどの公演でもそのワード何回もいってるな)

これカリ様がやるんでしょ!?ハッピーターンあと2袋追加で!

ちなみにマルクス・マイヤー、悪魔シュナイダーに仲間を売り、

自分はそそくさと逃げる「逃げ足の速い死の鳥」(byひとこ)って

思いっきり軽蔑の目をされる役(でもその前はお酒飲んでじゃれあってる)

ひとこがカリ様とわちゃわちゃやってる…てなって

遠い目をしたい。

あとマルクス・マイヤーがあのヴィジュアルでピアノ弾いて

登場するんですけど悪いことは言わない、オペラ準備して?

 

4.自分の命よりゴッホ★空気読めない明るい絵画おたく永久輝せあが見たい

「かわいそうになあ・・・あ、こんな時に悪いんだけどコレ、今月の宿泊代★」

とゴールドベルクさん(まなはる)が自殺した場面で言う

ローゼンフェルト(永久輝せあ)。朝海さんの演技の力が大きいんですけど、

この子だけホテルメンバーで浮世離れしてるんですよ。

戦争の危機が迫ってるとか、人が無実の罪で何人も殺されてる、ということが

あんまりわかってない様子で。

「収容所に入ったほうが僕のゴッホは安全でしょ♡」っていうローゼンフェルト。

私は「こっち見たらまじコロス…」っていうひとこも好きですが

バカボンひとこも大好きなんでこれはいいひとこのはずです。

(お気づきの方もいらっしゃると思いますがもはやひとこだったらなんでもいい状態(病名:ひとこハイ))

 

5.ただのヒモ(綾凰華)

凪様ヴェーベル(白衣のイケメン)に「ヒモ」と吐き捨てるように言われる

ペペ。金にせこいただのイケメンのヒモ。

ひめリュシェンヌに金だけせびってDVとかやってそうなクズなんだけど

そんなあやなが見れるの今だけだと思うんでみんなオペラ準備して(2回目)

 

6.オールバック×黒燕尾のハイスペ映画俳優が異様にハマりそうな咲奈様に期待

かんしゃくもちで異常な支配欲の持ち主、ジョアンが好きすぎて

ラヴィックに嫉妬で狂ってしまいジョアンを銃で撃ってしまうという

「宝塚でよくある~」的な役アンリなんですけど

(そういう場面に遭遇するたび「???」ってなる私)

ジョアンを撃った後

「撃つつもりじゃなかったんです…!!!(うなだれて)すみません…どうか彼女を」と

この世の終わり顔で去る咲奈様が楽しみ過ぎて…!!!!

あと「彼氏の趣味で部屋の趣味が変わる女」ジョアンは私的には理解不能ですが

(で、アンリと住んでる部屋に平気でラヴィックを入れるジョアンも???)

「彼女を俺色に染めたぜ★」っていう咲奈様は嫌いじゃないと思います

(つじつまがあってないよ!!!)(早く気づいて!!!)

 

7.ルート(朝月希和)の若いツバメがヴィーゼンホーフ(縣千)

なんだこれ(白目)ってなったとこ。

ここ、完全サイドストーリーなんですけどまず、なぜルートさんと

ゴールドベルクさん(まなはる)はなぜ結婚したのか?ってところから話を

詰めたいです。結局ゴールドベルクさん自殺してしまうんですけど、

(ここがもう本当に苦しくて…思い出しただけで気持ちが重い)

ひらめルートとツバメ縣くんが一緒に収容所行こう…どこまでも

一緒だ!って決意して「男女は別の収容所だから」って言われた後が

書かれてないんですよ!ええええひらめちゃんと縣くんはどうなった!?

ってかまなはる自殺っていう事実(正確にはゴールドベルクさんが自殺)を

私最後まで受け止めきれなかったんでまなはるの存在は雪組の宝だと

ひしひしと感じました…(想像だけでとてもしんどい)

 

8.宝塚娘役の役で最高峰の難役・ジョア

最後です。真彩ちゃんはつくづく癖のあるヒロインをするなあと

思うんですけど。トップに就任した後のヒロインの名前がもう~そりゃ

難役・癖役揃いで。この学年で平たくいうと「共感できないヒロイン」

をやりまくる真彩ちゃんはある意味もう違う次元の娘役さんなのかな、って

思います。で、やっぱりうまいんですよね。「あ~~~こんな女やだな」って

思うんですけどうまく真彩ちゃんセンスで丸め込まれている(笑)

やっぱりそこは力がある娘役さんなんだと思います。

っていうかね、あの望海さんの横(なんでもできる完璧ハイスペ男役)で

相手役を務めるって結構メンタルやられそうな気がするんですよ。

「これもできない、あれもできない…」って私だったらなる。

(ていうかあくるさんメンタル弱すぎるでしょ)

けど真彩ちゃん一切そういうの感じさせないじゃないですか。

っていうか望海さんよりイケメンの目線とかするじゃないですか。

「学生時代はモテました♡」ってグラフで言うし女兄弟の真ん中っていう

スキルでしょ…そりゃイケメンになるわな。

たいした嫁ですよ。真彩ちゃんに釣られて終わる人生もいいかもなって

うっすら思います。

それがジョアン、本当に最強なんで

(朝の5時にラヴィックのホテル行ったり(でもラヴィックは3時まで待ってる)

「君の恋はどこから始まりどこで終わる?」に

「あなたに始まりあなたに終わるわ」(すごいセリフ)

「私を一人ぼっちにしてはいけないのよ?」(とか言いながらアンリと住んでる)

シュナイダーに怯えるラヴィックに「女と待ち合わせね!?」と

勝手に勘違いし激怒したりラヴィックもラヴィックなんですけど

ジョアン…ねえあんた…ちょっと落ち着こう?

私は星南のぞみちゃん(同期)になってパリのカフェでコーヒーを飲みたいです。

(ただの同期娘役萌え)

 

以上です。

なんかがぜん「凱旋門」見たくなってきたんですけど(お花畑も意外と悪くない)

冗談抜きでものっすごく演出やセリフ、舞台セットや照明まで

計算しつくされた「THEお芝居」という感じで、宝塚の

「愛と夢と希望をみんなにお届け!!!」的な要素は

皆無なんですけど

「愛とは」「平和とは」「死とは」を真剣に考えてしまう、

いったんたこ焼きでも食べて「あーさの顔が今日も美しかった~」的な

会話をしたくなる作品だと思うんで

(あと終わった後は「大介先生愛してます!!!」ってなると思う)

世界がざわついてる今、やる意味はあるんじゃないかな~と私は思う。

 

本当に生きる意味を考えさせられる作品です。

(あたしの言葉でそれが伝わらないのがめちゃくちゃ悔しいけどな)

 

…きっと望海さんは今の私を見てこう言うに違いない。

「落ち着け!!!!!」

(ラヴィック先生を電話口で諫めるボリスのセリフ)

(あのエエ声で言われてごらんよ?落ち着けないわ!)

 

ちなみに、初演のクレジットで演出補・荻田浩一、が流れた瞬間の

「やっぱりな」感は何物にも代えがたいです。

オギーの世界で死にたいって思う。

(高速ブラインドタッチで)