TRUNK DIARY -ナナメカラタカラヅカ-

宝塚見て早半人生。まだまだ未知の世界すぎて幸せ。

こんな明日海りおを待っていた!!!エドガーがそこにいて、メリーベルがそこにいる。ポーの一族感想①

きみもおいでよ

ひとりではさみしすぎる・・・・

 

f:id:leexxx:20180126151143j:plain

 

2018年1月。

もう今年の、いや、宝塚史に残る作品を見てしまったよ!!!!

我が人生に悔いなしはえーよ)

 

ということでこんにちは~

生きるエナジィがあふれかえっているあくるです!!!!

Twitterのほうで

みんな雪とかWSSとかキキそらとかまかキキとかね・・・

「いいな~~いいな・・・いーーーいなーーーー」って

遠い目で見つめていたんですけど思いましたよね。

なんのために宝塚はムラと東京ふたつの劇場でやってるのかって。

たぶんこの世に美しさと萌えと「生きててよかった・・・」って思わせるために

宝塚ってあるんじゃなうのね?

萩尾望都先生もいってらっしゃるよ。

地球に、時間に、宝塚に、それらを育んできたものすべてに、

感謝いたします。(ポーの一族プログラムより)

 

まったく同意です!!!モー様!!!(なんか急に軽くなったけど)

 

いやあ本当にすごかったです。すごいすごいとは聞いていた。

びっくりしたよ・・・だってそこにエドガーがいたんだもの。

日本に、宝塚市エドガーがいたよ。

(もっといえばそのエドガー我が地元から出たスターだよ!!!)←うるさいな~

 

と、いうことで本編に入る前に「わたしとポー」ですが(誰も聞きたくない)、

ついに原作を読み返すことはしなかったんです。

*********************************

わたし、とにかく「名作食い」なんですよ。

「名作と呼ばれるものは全部いい!!!」っていう「いやそれはないわwww」って

今なら冷静に思うんですけどすぐ討論する友人たちを持っていたからですかね?

今でも異様にAmazonカスタマービューイング

気にする人なんです

(あと価格ドットコムとかね・・・すぐ「マンガ 面白い」でぐぐったりね・・・)

で、働き始めのころちょっと古い少女マンガにハマった時期があって、

そこでべるばらとかBANANA FISHとかエースをねらえ!なんかを

次々購入してたんですよ。なんであの時あんなにお金あったんだろう?

(答え:宝塚見てなかったから。)

で、その中のひとつが「ポーの一族」で萩尾先生の作品もいくつか

同時に購入してて最終的に何度もハマったのは「11人いる!」で

ポーは全然響かなかったんです。申し訳ない。

 

それがなんでか?と考えてみたんですけど私「少年」っていうジャンルに

まーったく興味がないんです。

少年は全くの管轄外で、だからコナンも世代的にはドンピシャのはずなのに

全然なんですよ。

シャーロックホームズも推理ものも大好きなのになあ。

あ、新一君に戻るとめちゃくちゃ食いつきます★

 

…すみません話がずれました。

で、まったく「少年萌え」がなく、あと「バンパイア」ものにも全く

ロマンを感じない人間です。血を吸ってだからなに?っていう…

すみませんなんか…トマトジュースでよくない?(よくねえわ)

(全世界のバンパイアファンに謝れと思う。なのであんなに流行った

「トワイライト」も一個も見てない)

 

なので「ポーの一族」がなぜ今も語り継がれる名作なのか、

わたしにはよくわからなくて実は今もよくわかってないかもです。

 

でも、名作なのか?と言われるとわからないけれど

「すごい作品」ということは本当に思います。

ニュアンス人間なんでうまく言葉が見つからないですけど

とにかく「すごい」。

 

わたしは基本マンガは「原作が神」の人間です。

めちゃくちゃ好きな俳優が実写化してもよっぽどのことがないと見ないし

2.5次元ミュージカルもあまり興味はない。

 

けど花組の「ポーの一族」は紙の中の登場人物に魂が宿ったと思いました。

月並みなんですけど

エドガーがそこにいる!!!!」

っていう衝撃。

このままずっとエドガーとアランと時空を旅していたい。

ずっとこの空間にいたい。

わたしを一族にして!!!!と叫びたいくらいでした。

 

はい。ここまでが前置きです。ながっ!!!!

さああくるさんのどうでもいい「わたしとポー」を読んでくださった方も

「興味ねえわ」ってスクロールバーをドラッグした方も(←これ推奨)

ここからが本編です!

ネタバレ?してます★(うわあ)

エドガーはいた。明日海りおである。

わかる・・・小池さん待ってたんだね・・・

エドガーは明日海さんだし明日海さんはエドガーだった・・・!!!!

とにかく「この明日海りおがすごい!!」だった。(よく聞くやつ)

いや~~~明日海さん、参りました。

香港で夜景を見ながら「宝塚に入りたい」と思った明日海さん。

三日三晩泣いて「宝塚に入りたい」と思った明日海さん。

きっと行っていた本屋は同じであろう明日海さん。

あそこでプリクラを撮ってあそこで名物のハンバーガーを食べていたのかな?

明日海さん。いやさゆみちゃん?

(ここらへんからどうでもよくなってきた)

ありがとうございます!!!!一族へようこそ!!!

 

私が最後に生明日海りおを見たのが「金色の砂漠」で大変申し訳ないんですけども

ギィのことを「ジャハンギール様(※ちなつさん)のことを殺したギィ…

許せない…!!!」ってなってたんですけど(感想がとても怖いことになっている)

そもそも私がジャハンギール様の偏愛的なキャラ萌えしてたのが

(あとちなつさんが好きすぎるんでしょうね・・・先生素敵でした)

悪かったので明日海さんはなにも悪くない。

 

なんでしょうね。このトップになって4年たつ明日海りおが

少年役をするってなったとき「いやいや無理だろ・・・」とは1ミリも

感じず「明日海さんにとうとうトップスターになってから名作代表作が

降ってきたよ・・・!」って邪馬台国を生き抜いた明日海さんへの

ご褒美なのかな!?と思っていたんですけど(ひとことよけいだな)

明日海さんへのご褒美兼花組ファンへのご褒美兼

宝塚ファンへのご褒美兼人間へのご褒美

って感じでした★このコンボすごくない?!

花組ファン(身内)も宝塚ファン(親戚)も人間(生きているすべての人々へ)の

ご褒美!!!やべ~~~本当にすごいよ・・・

明日海さんが初日挨拶で「人間どもへ★」ってなったのがわかる。

明日海さん・・・挨拶でそんなに的をついたことをいえるようになりましたか。

いや本当に「人間どもへこの美しさを与えてやる」だった!!!

 

私がゾクッと来たのはエドガーがバンパネラになってからです。

もう演じ分けが見事!!!ただの人間だったエドガーとバンパネラになってからの

エドガーが全然違う!!!明日海さん二重人格なのかな!?って思いました。

それか本当にバンパネラになったのかな・・・

「食事をしただけだよ・・・!」で鳥肌がたって、心臓がバクバクいったんです。

エドガーがいる・・・!!!

声も姿も「バンパネラ」のエドガー!!!

私はすごい明日海りおを見ている・・・と思いました。

2018年、宝塚。(マイティ声)←わかってくれますか・・・

 

それからはもう明日海さんを明日海さんと見れなくなっていまして、

エドガー」でしたね。エドガーが歌ってる、エドガーが時空を旅している、

エドガーがアランと出会った、エドガーがアランを一族にした・・・

エドガーがメリーベルを失った・・・。

リーベルへの溺愛(きっとみんな君のことが好きになる)

個人的には少女マンガ脳なので、エドガー×アランにさほど萌えないのが

私だなって思ったんですけどそんなこたあどうでもいいわ!!!って

写真漁ることになると思わなかったメリーベル・華優希。

(うそ。ちょっと思ってたけど気づかないふりしてた)

リーベル天使なのかな…???

特にバンパネラになってからは喜怒哀楽だと「哀」という表情しかしない

リーベル。もうはいからさん本当にやってた?って思うくらい儚いんです。

きっと霞を食べて生きているんでしょうね華優希ちゃん。

普段着もピンクハウス着て貧血で倒れていつも「可愛い僕の華優希・・・」って

思われてほしいナンバー1、華優希ちゃん。

一刻も早く花詩集を見て探そう華優希。

実は何度見てもまどかちゃんとくりすちゃんしかわからない100期生初舞台。

今年わたしがハマった娘役ナンバー1です(まだ1月やで)

リーベルは感情の起伏がなくって、特にバンパネラになってからは

「喜怒哀楽」の「哀」という表情しかないような子。

エドガーの最愛の妹で、エドガーは生涯メリーベルしか愛せないんだろうなって

いうエドガーの「一番失えない存在」なんですね。

失ったらきっと僕は僕でなくなってしまう。

失ったらどうやって生きていけばいいのだろう・・・

そもそもアランが一族に入ったキッカケはメリーベルだったから

リーベルエドガーにとって「アランを与えてくれた人」みたいな

感じなのかな?と。共に生きるパートナーを与えてくれた人。

シーラと男爵は自分をバンパネラにした存在なので、一緒に旅しているけれど

心の底では信用していない。こいつらは信じていない・・・

僕を闇に引きずりこんだんだ!!!っていうオーラがすごいんですよね。

でもメリーベルは違う。

誰も信じていないし、いつ死んでもいい、みたいな

状態のエドガーをずっとつなぎとめている。エドガーを救っている。

リーベル、一貫してあんまりセリフがないんです。

いつも人形のような顔で、歩くといつもフラフラしているし

大丈夫かなあの子・・・っていう学校だとずっと保健室にいるような子。

でも、いなくちゃいけない。生きていなくちゃいけない。

華優希ちゃんの抜群の存在感がすごいです。

いるだけで華やかな子ってこれですね。

「私がメリーベルです」って主張しているわけでもないのに

存在がメリーベルで、歌うわけでもないのに舞台に立ってるだけで

花が飛ぶようなガチ真ん中。私今思いつくだけで華優希ちゃんに

やってほしい役6個くらいは言えますね(微妙に少ない)

容姿は現代的な可愛さ。顔が小さくて、目が大きくて

「こんな顔に生まれたかった~~~」っていわれるタイプの美少女。

だけど実は今のキラキラわたし恋するJK★っていうよりも

大正・昭和を生き抜いた強くてたくましい主人公みたいなのが

ハマるタイプかもなあ。はいからさんをカレンダーで指折り数えて

お待ちしております。

ちなみに私が華優希ちゃんで見たい少女マンガはみきもと凛先生の

少女マンガです。本当に似合うと思うよ・・・

ぜひ綾瀬楓役はれいちゃんでね・・・(まだいうか)

 

次回は私のメリーベル(=溺愛キャラ)柚香光編です!!!

わたしはれいちゃんでヅカヲタ寿命が延びているところがありますね・・・

もう本当にやめられないね・・・

れいちゃんのなにがいいって顔がいいよね(顔)