TRUNK DIARY -ナナメカラタカラヅカ-

宝塚見て早半人生。まだまだ未知の世界すぎて幸せ。

暁のかなたで!「NOBUNAGA-下天の夢-」新人公演-----月組新公は沼ばっかりで、堕ちてばかりで傷だらけですがまた見ます(ようこそ月組沼へ)

「あいまみえる日も訪れよう・・・

暁のかなたで!」

 

ということで「若手の宝庫!!月組新公!!!(っていうかありちゃん)」と

思って先日スカステで放送された「NOBUNAGA-下天の夢-」を見ました。

 

この公演、わたしまったく覚えてなくて。

ブログには残してあるかな!?と思って検索してみたけど

1年総括でちらっと触れているだけ。

さすがに「おい」って思った。

 

「NOBUNAGA」も最後まで半分以上まさきさんが何を言っているかわからなかったけど (おい) 「トップスターとは、こうやねん!!!!!」 オーラが龍真咲と書いて、トップスターと読む、くらいに感じたな・・・。 「NOBUNAGA」は大野君の愛にしびれたんだけど(まさきさんの信長かっこよすぎ) たまきさんの謎の存在が最後まで理解できず悲しい・・・

長文ごめん。毎年恒例タカラヅカ1年総括。見事に偏る私の1年① - TRUNK DIARY -ナナメカラタカラヅカ-

 

 

次の日「NOBUNAGA」の龍さん見て「ああ、タカラヅカだ・・・」って 改めて実感して震えたもん。関係ないけど。(真咲さん見てちょっと安心した)

亡霊が見せた初夏の夜の夢「ドンジュアン」 - TRUNK DIARY -ナナメカラタカラヅカ-

 

↑検索結果。(本当にあくるさんって・・・)

 

本当にあんまり覚えてなくて申し訳ないんですけど

(まさきさんのさよなら公演だったってこともプログラムで思い出したくらい・・・

ごめん。)最後

「まさきさんが刀をふるとバサッと

ONE PIECEみたいな帆が広がる」

みたいな演出だけは覚えてました。・・・だからなんだって話なんだけど。

 

私の月組スキルの低さはみなさん「知ってる★」って感じだと思うんですけど、

全然嫌いじゃないんですよ。

むしろ「ちゃんと自分たちで責任もって若手育てます」っていうところに

誠意があって(まさきさんもありちゃんもちゃんと育ててるし、

ありちゃんはきっと死んでも手放さないと思う。ありちゃんは勝手ながら

「暁千星」と書いて「月組」って呼ばせる★って

つもりで育ててるのではないかと思ってます)

・・・明日海さんは出したけどまああれはもう苦渋の選択だったんだろう。

 

さて、ぐたぐたと書いていますがひとこと感想。

「誰も下手な子がいない」。

最近の新公を見るといっつも驚くけど、だいたいひとりかふたり

「・・・よし!これからだよ!頑張って!!」って

思う子がいるのが私の中の新公です。

新公は親心で見る!と決めているくらい。

新公を生で観劇したことは数えるほどしかないんですけど、

チケット代はもうお祝い金♡育て育て♡みたいな感じで買います。

(のわりに「桜華」は高いお祝い金であった)

(全然後悔してないけど)

 

今の子ってすごいなあ。「この子・・・」(生暖かい目線)みたいな子が

いなかった。これだけの芝居を見せられたら迷いなく課金できるよね。

月組すごい。(お話がゲームっぽいので「課金」という言葉を使う)

(っていうかるねちゃんの明智光秀はゲームだよね。

もうずっと見てられるもん。なんだあの2.5次元

(晴海くんは大河ドラマです)

 

さて、そんなNOBUNAGA新公なんですけども、

私の当初の目的はとにもかくにも「暁千星(98期首席)」

だったわけです。

もう「ありちゃん!!!!」ってなる予定だった。

・・・もちろんなりました。なったとも。

やっぱりこの子はもうトップになる子なんだな、と思ったし、

「柚希礼音以来のトップになる「しか」ない子」という事実も

再確認した。正直ありちゃんが卒業時首席なのが「?」だったんですけど、

(首席卒業ってだいたい不思議なことが多い)

もう「真ん中オーラ」はすごい。あふれんばかりの華!!!

今、さらに拍車がかかってるのもわかった。

ありちゃんは本当にあり地獄だ。

 

そんなありちゃんがあり地獄ということはだいたいわかっていたので

「はーん。暁千星・・・知ってるわ、引っかからないわよわたしは!!」と

高いところから見守っていたんですけど(ほんとやだこの観客)

もうびっくりしたんですよ。え?よくよく考えたら知ってたんですけど。

 

蓮つかさ(97期)(首を横に振る)

 

わたしこのときの月組さんの「番手カオス」がすっごく嫌だったらしくて、

本当に記録を残してないんです。自分でもびっくりしたくらい。

まさきさん政権のときの月組はちゃんと見てるんですけど(物理的には)

見てなかったみたい(精神的に)。

でも、唯一このブログでちゃんと残っているのが

「KINGDAM」と「VOICE」なのね。

 
 

いずれも小劇場だったっていう。ねえ・・・あくるさん感情に正直すぎるよねえ・・・

 

で、読み返してKINGDAMはとにかく気持ち悪く正塚先生をべた褒めしてて、

私は本当に「かちゃるり」っていうコンビ萌えで(単体では意外とそうでもない)

紫門ゆりやさんのあれが大好きだったんだなっていうことがわかったんだけど

その三人のほかに結構熱く語ってる子が、蓮つかさくん(ヴィクター)でした。

 

部長ちなつさんに本気でにらみつける蓮くんの活躍には期待しかできません。 あと、目力の白目の効き具合がサイコー。 遠慮とかビビり一切なしで上級生にもひるまず堂々と演技する蓮くん、 彼の成長を見たい。良い役と巡り合ったら爆発する可能性大。

月組「THE KINGDOM」③ヒロインと周りの人々 - TRUNK DIARY -ナナメカラタカラヅカ-

 

もうね、蓮くんが出てくるだけでわくわくしてる自分がいたんです。

正直本公演まったく覚えてないのに

もう将軍が歌いだす瞬間自分でもわかりやすく心がときめく!!!

特に側室たちと歌うシーンとかもう本当に声が素敵で。

あの将軍の全然空気読めてない(平たく言えばアホ)感じがものっすごく

ツボでした!!!

 

私の持論で、ちょっと言葉が悪いんだけど「アホができればクレバーができる」

そして「クレバーであればあるほどアホがうまい」。

この表現があってるかどうかはわからないけど、アホっていうのは

もちろんここではほめ言葉です。わたしのめんどくさい愛情表現の言葉です

(思えば真風涼帆もミュラのアホ可愛いから始まったしな~)

 

この歌と、表現力。月組この逸材絶対逃さないで!!!って

感じです。

ありちゃんはもちろんダイヤモンドだけど蓮くんもダイヤモンドだよ・・・

AFO楽しみだなあ~アシカとの2ショットも「可愛いな」としか

思ってなかったのに「か!わ!い!い!!」になってるしなー。

(文字のテンションで察してください)

 

さて。

蓮くんの実力にわたしの心は完全に持ってかれたのですが、

月組若手本当に怖かった。

 

今結構時の人の風間柚乃くん(弥助・貴澄隼人)。

刷り込みで「これが風間君ね」って思って見てたからなのか・・・

だけど本当にパッと目に留まるあのうまさ。

血統書付きの由緒正しき生まれっていうイメージが先行しているのだけれど

(私の中で)すっごく月組っぽくていい男役になりそうな片鱗が

めちゃくちゃでてます。ダダ漏れ(笑)

このちょっとの出番でこれなので、今度の主演、あと見れるかわからないけど

(ガイズが放送あったので信じている)「グラホ」新公もぜひ見たいです。

 

朝霧真前田利家・輝月ゆうま)

タッパがあるって素晴らしいね!!!

あと個人的にはすっごくわかりやすい顔をしている。

普通の月組公演でも「あ、朝霧くん」って思うくらいなので、

気を付けようと思う。っていうか朝霧くんて97期・・・

永久輝・蓮と同期・・・いやハマってる場合じゃないって。ほんとに。

 

結愛かれんお市・海乃美月)

この子クセあるなーーーって思う(笑)

久々にこんな昭和っぽいブリッコ来たな!!って短い場面でもめちゃくちゃ

感じる。で、調べてみたら納得。「グラホ」でフラムシェン。

わかる!そして絶対見たい。なんだろう。本当に好きか嫌いかわかれる

ヒロイン気質。この子どんな子なんだろう。

「好きなスイーツはパンケーキです♡最近のマイブームはお菓子作りとカフェ巡り♡」

な子だったらお姉さんは身が持たないよ・・・。

 

夢奈瑠音明智光秀・凪七瑠海)

前からカチャ=るねちゃんのイメージだったんだけど今回も外さず。

っていうかもう明智以外の何者でもないるねちゃん。

わたし、あんまりるねちゃんに「2.5次元」な感じの印象がなかったんですけど

(っていうか見てなかった)この明智光秀はゲームキャラクターだった。

すごい。もう明智光秀(cv.夢奈瑠音)って表記したくなるゲーム感。

特に最後の方の髪を下ろした甲冑姿の明智は凄まじかった。

そしてうまかった・・・なんなんだ・・・うまいゲームキャラってなんなんだ(混乱)

敵は本能寺にあり!」がすっごくかっこよかった。

隣の晴海くんが大河ドラマなので(二回目)

その分明智るねちゃんの「この人物は架空の人物です」感がすごくて。

とにかくcv.夢奈瑠音な明智なのでゲームの明智が好きな人はとりあえず見てほしい。

 

春海ゆう羽柴秀吉・美弥るりか)

うっま!!!!!!

本当に声を発するだけでうまいってわかる。

むしろ「うまい」としか言えなくてどうしよう!!!ってなる。

きっと瑠音ちゃん派か晴海くん派で別れると思うけど

いやーーー新公って?ってなるうまさ。月組若手実力派の怖いところを見ました。

あんまり美弥ちゃんのイメージなかったけど晴海くんは秀吉だよね。

再来年の大河は決まりだねって言いたくなるね。(三回目)(しつこい)

あとどこか歌舞伎っぽい「うちは家がいいんで」っていう育ちの良さを感じる。

でもなんか、真ん中向きではないうまさなんだ。(ごめんね)

でも、観劇の楽しみにしたい感じ。

っていう感じなんかであったな?と思ったらまゆぽん・・・。

 

すごい長く語ってしまった。

私はNOBUNAGAという作品自体はすごい好きだと思う。

きっと劇場で見て「ロルテスが意味不明」っていうファーストイメージが

きつすぎて2回、3回が見れなかったんだなって。

あとロックミュージカルはわくわくする。みんなかっこいいよー!!

ここ!!!って思うところはだいたい平澤マジックでした。

(振付が平澤先生)

 

この記事の冒頭に書いたセリフ。

これを言う暁千星さんが死ぬほどかっこよくて!

きたきたスーパースター!!!!って感じがした。

ゾクゾクする!!!

 

・・・で、本公演はなんていってるんだろう!と思って探してみたら

まさかの撮ってないやつだった。うぅ・・・本公演なんていっているんですか・・・

まさき先輩は・・・。

 

私のロルテス意味不明病がとんでもない自体を引き起こしてしまった。

やっぱり本公演は残しておけ、自分!

宝塚はわからんぞ!!ということで、終わります。

 

・・・ところで、妻木ってあーさだったんですね(それも忘れてた)

これ途中まで「妻木がヒロインじゃん?」ってなってた。

そっかー・・・あーさか・・・(ダメージ100)←死んだ

あの途中のあーさとまさきさんのあの絡み・・・やばくないっすか・・・(語彙力)

 

あっ、紫乃小雪ちゃんが天使でした★

(かわいい・・・たまらん・・・)