TRUNK DIARY -ナナメカラタカラヅカ-

宝塚見て早半人生。まだまだ未知の世界すぎて幸せ。

タカラヅカ総括2017~前に進む!雪組編 バンザーイ!君を好きでよかった~

f:id:leexxx:20171231130144j:plain

 

2017年もあと1日(っていうか半日)。

部屋の片づけついでに録画DVDのレーベル印刷していないものや

いただきものを整理していたんですけども

ついに録画ブルレイ・DVD300枚突破しまして

もうこれ一代財産だな、と(300枚ブルレイ目の前にして)震えております。

 

でもなんでだろう、そろそろやめようかという気持ちはまったく沸かず

「よくやった私、めちゃくちゃ余生を楽しめるね!!!」っていう

気持ちになるっていうポジティブ思考。

そういう前向きな気持ちになれるからオススメだよ!タカラヅカ

 

ということで相変わらずどうでもいい前置きが長い。

ちなみに

私の渾身の布教活動は今年も

家族には何にも効果がありません。

 

雪組

 

とにかくやりきった!!!!!

駆け抜けた1カ月。回数は自分の中で過去最高で

希望休も上司の目も全部痛かったけど(財布も自分史上最も痛かった)

でも悔いはない。

私はこの時にタカラヅカファンで本当によかったと思ってるし、

早霧さん、咲妃さんあと雪組子全員に最高のプレゼントをもらったと

思ってます。本当に楽しかった!!!

 

1カ月って本当にあっという間で、仕事してムラいって観劇して

帰ってきて仕事してみたいな感じだったけど全部楽しくて

ずっと笑ってた気がします。

 

もちろん泣いたし、さみしくなったし、これ終わったらどうなるんだろうなっていう

漠然とした不安もあったんですけど(お前そこまで・・・)

こんなにタカラヅカが好きでよかった!!って思える年はなかったってくらい

充実してたんですよね。

 

 

幕末太陽傳」は日本物か~って最初は思ったんですけど

(そして青天・・・)日に日に楽しくなった!

5回目くらいできゅんに芝居でもきゅんってなり始めたのは

結構やばいなって思ったけど(100期以下は一応圏外だったのに・・・

きゅんめ・・・)他にもこれから楽しみな子たちが見つけられて

ああ、沼・・・ってなりながらも(自分でも日和くんとか彩海くんあたり

わかりだした瞬間「もう戻れないな」とは思った)

「見れるなら いくらでも出そう チケット代」のごとく

新公まで見に行ったのは快挙だと思います(へえ)

 

そう、新公!ひとこセンターの新公が見れたのがうれしかったです!!

前田慶次ではあのただのキラキラスター(キラキラパウダー拡散中)の

ひとこだったのがバチを低く投げて成功、「テヘッ」って笑った瞬間

「ひ・と・こ!ひ・と・こ!!!」コールが心の中で止まらず

成功は成功です!!!って熱弁をふるい早霧チルドレンの言葉に涙・・・

ひとこには感情を忙しくさせる作用があるんですよ。

あの子涼しい顔してなにしてくれんのって思います。

私の穏やかな余生はいったいどこへ(いやタカラヅカ見た瞬間からそんなものはない)

だけどひとこには「まだ生きねば(そして見なければ)」と思わせる

「天性の沼」性・・・もうあれは「魔性の男役」ですよ。

きっと絞る取られるだけ搾り取られます。いやだってひとこですよ!

「永久輝せあ」と書いて「永遠にお前を離さない★」って読ませるから

(読まねえよ)

(わたしたぶん「ドン・ジュアン」で決まったと思う。

あの子の人生も私のヅカファンの人生も)←ひとこの人生は決めないで

永久に輝く、永久輝せあ。

のわりには辞書登録してないっていう★(さっさとしろ)

 

雪組の御曹司・彩風さんはもう

彩風咲奈がマスクをしてないだけでハッピーという極限まで

達しました。デフォルト使用の丸メガネが本当に可愛くって・・・!!!

あと御曹司の名にふさわしく「雪組生誰とでも相性がいい」っていうの

最高じゃないですか?(いやあくるさんが勝手に言ってるだけ)

私今年ほどさきなさんが頼もしく「将来の雪組を頼む・・・!!」って

想ったことはないです。もう「思う」じゃなくて「想う」だから

(ってことは妄想ですね。)(ちっがうよ思いが重いってことだよ!)(嫌だわ!)

休演から復活されたさきなさんがてんてん♪と太鼓叩きながら

アホ旦那披露した瞬間

「イケる・・・さきなさんイケる!!!!」って

思ったよね。私はアホ旦那でさきなさんに堕ちたと思うと若干不安だが

(男の趣味的な意味で)

(さきなさんとさきなさんをアホ旦那に配した小柳さんは天才だと思います)

・・・さっきから若旦那をアホ旦那にナチュラルに変換してるけど

そろそろ怒られないかな?(てへっ)

あとドSでの変わりようです。

さきなさん・・・マジか・・・!!!!!(何度も思った)

さきなさん・・・こわい・・・!!!!!(何度も思った)

さきなさん・・・最高かーーーーーー!!!!!

(死ぬほど思った)

あ、絆のシーンで高くジャンプ→くるっと回転の神業に

「さきなさん愛媛からよくぞ出てきてくれた」とは思ったよね。

そんなさきなさんのご両親に感謝のハムを送りたい。

(それはお歳暮ですよね)

 

ドSにはいろいろ思い出があるんですけど(そう、思い出がありすぎて

簡単には振り返れない←めんどくさい)

天才ブライアント氏のSONG&DANCEは毎回楽しかったなあ。

きゅん→じじくんのサス!!ちぎみゆ!!彩彩!!!

パンパンパン!!!早霧ーーーーーー!!!!みたいなの。(伝わらねえわ)

ブライアント先生にハムを送りたい(やっぱりお歳暮じゃないか)

 

Σ(゚□゚;)待ってくれ・・・サイドバーの短さ異常じゃないか・・・!!!

巻きでいきます(最初からそうしてほしい)

 

中日劇場も遠い昔かと思えばまだ1年前にもならないんですね。

名古屋の冬は寒かった・・・。

星逢のしんどさに逃げたのもいい思い出です(よくないです)

全身で「ゴーストバスターズまなはるサイコウ★」って思ってた思い出

(前から思ってたけどまなはるが好きすぎてちょっと見るとつらくなる

(何かトラウマが?))

 

中日といえばがおたんの公方様も最高だったなあ。

がおたんは本当になにもかも完璧だった。

実力完璧なのにオフが「え?またまた大さん~」って全部だいちゃんに

なすりつける感じも最高でしたよね・・・(あくるさん違うよ。)

 

・・・なんかまとまらない感じになってきた予感になってきたので最後に。

 

私のなかで、早霧さんと咲妃さんはすごいコンビでした。

どう見ても何もかもが合わなさそうなのに、結局全部合うっていうすごさ。

でもサヨナラが近づくにつれ、それが「努力」だったっていうことが

わかって。ちぎみゆのスポコンコミュニケーションの実態が明らかになるにつれ

「好き」の加速がとまらなかった(1990年代のJ-POP)

「あきらめるな!人間たちよ!」というか(早霧さんは言わない)

人との相性って、「あ、だめだ合わない」ってあきらめて思う前に

「とりあえずやってみっか」っていうのでいいんだなとおもったかな。

早霧さんと咲妃さんって学年差もあったし性格も全然違うと思うけど

どっちもいい意味で諦めが悪くていい意味で楽観的。なんとかなるだろ~っていう。

それが大事なんじゃないかと思ったりする。

ちぎみゆが思ったより深かった。

単なる男子と女子じゃなかった・・・(早霧さんは男子じゃないです)

 

私は一生「早霧せいな」と「咲妃みゆ」を忘れない自信があります。

でもそれは囚われるということではなく、前にすすむことなんだと思う。

 

だからやっぱりタカラヅカファンやめられなかったよねえ。

 

望海風斗体制の雪組についてはまだこの目で見られてないので、

新春のSVのときにでもと思います。あああ楽しみいいい。

国営放送さん好きです!(簡単になんでも好きになる幼稚園児)

 

***********************************************

 

さて、今年も本当にお世話になりました。

今年はいろいろありましたけど、まずは健康第一ということを実感しました!

やりたいことをするにはまず健康です!!!!

その節はご心配をおかけしました。

 

こんな感じでゆるゆるヅカファンを来年も見たいものをしっかり見て、

遊ぶ時は遊び、ボチボチやっていこうと思います。

 

来年もこんなわたしとトランクダイアリーですけどもよろしくお願いいたします!

ではよいお年を。

 

餅食べてきます★(まだ大晦日やで)

 

ここまで読んでくださったみなさま!!!!

ありがとうございましたーーーーーー!!!!

 

 

 

f:id:leexxx:20171231130024j:plain