TRUNK DIARY -ナナメカラタカラヅカ-

宝塚見て早半人生。まだまだ未知の世界すぎて幸せ。

Thank you 壱城あずさ。いつまでもかっこいい星組のツンデレ彼氏へ。

f:id:leexxx:20171224040634p:image

 

 2017年クリスマスイヴ!

星組「ベルリン、わが愛」千秋楽

おめでとうございます。

 

ってことでこんにちはーーーあくるです。

早い…早くない?

クリスマスも、千秋楽も

(というか月日の流れを感じるのが

だいたい初日、千秋楽っていう区切りなんですよね…

まあまあ現実無視感すごいよね)

 

結局行けなかった今回の星組さん。

まあ原田くん…(生暖かい目線)みたいな作品らしいですけど

映画好きとしてはすごく見たかった公演です。

星組さんは生が一番!(ビールか)

 

…なんといっても、しーらんの最後を見れなかったのは本当に心残りです。

しめっぽくなるのは嫌いなので…うまく言葉に出来るかわからないですけど、

しーらんに届け!クリスマスイヴ2017。

 

私が「壱城あずさ」を舞台上で意識したのは「REON!!」。

もちろん「89期首席・壱城あずさ」というブランドネームは知っていたけど、

綺麗なお姉さんというのも知っていたけど

星組さんと縁がなかなかなく。

 

「REON!!」は生観劇はしてなくて映像で見たんですけど、

一瞬抜かれた女の子に釘付け。

一瞬にして「女役が可愛い男役壱城あずさ」としてインプットされた。

 

あと、やっぱり紅5は革命的番組だったと思う。

そこで「美人のスター候補生ばかり89期」の「あずるり」で私の中で大フィーバー。

頭の中でスロットが7を揃えましたよね。

(パチンコやらないからよくわかんないけど)

何回も言うけど「紅5、ポトフを作る。」は神回だと思う。(死ぬほど好き)

 

最初は「女役」で気になった壱城さんなんだけど、

だんだん学年を重ねるにつれ増す男役としての色気がかっこよく、

スマートになっていった印象です。

見た目は可愛くて、女の子っぽいのに学年を重ねるごとに

「男役」として本当に素敵で、かっこよくて。

印象に残っているのは「スカピン」のフィナーレ。

壱城さんのビジュアル大好き人間だけど、というか

壱城さんを語る時ほぼヴィジュアルと「ツンデレ彼氏」というネタ的にしか

語らない私だけどそれだけじゃない「壱城あずさのかっこよさ」にしびれました。

 

あれは、もう1度見たいなと思う。

星組は生が1番だから!(しつこくて嫌われる語彙)

 

演技でびっくりしたのが、「阿弖流為」鮮麻呂。

初見1番「しーらん!!!」ってなった公演。

鮮麻呂はすごかった。

あの石を投げられるシーンはもう目を覆いたくなるほど痛々しさやつらさ、

無念の気持ちが伝わってきて毎回号泣してた。

本当にあのしーらん?今回全然違う!!

今まででベスト壱城あずさ!!というウザイ絶賛を繰り返していました。

壮絶な生き様。圧巻の演技。

正直、壱城あずさのお芝居で泣く日が来るとは思っていなかったので…

気迫というか、伝わってくるエネルギーも

「本当に鮮麻呂がいる!!」と思った。確かに、鮮麻呂は生きていました。

後世に残したい壱城あずさです。

 

あと、壱城あずさを語る上では必須な「男気」。

陽月華さんに「ガッツ」と名付けられるガッツの持ち主

(いやうめちゃんも相当なガッツがあった人だからすごいんだろう、

壱城さんのガッツ度)

  

きっと、壱城さんは「悔しい」と思うことが多い宝塚生活だったと思ってる。

下級生時代は同期の美弥ちゃんが確実にあがっていって、

後ろから真風さんが猛スピードで走ってくるし。

美弥ちゃんとはだいたいシンメだったし、ダブルキャストはされるし、

だけどじりじりと、確実に差をつけてられてるな?と思われたところで

美弥ちゃんが新公主演。

 

ファンの方ももちろんだけど誰よりもあの「誰よりも熱いガッツ」のある

壱城さんが悔しかっただろう。

きっと、「こいつだけには負けたくない」と思うライバルが美弥ちゃんだったと思う。

 

それほど同期同組配属へのライバル心は絶対なくてはならないと思うし、

壱城さんは性格的にそれが人より強いんじゃないかと思う。

 

ずっと切磋琢磨してきた美弥ちゃんと経歴に差が出る瞬間。

タカラヅカスターシステムは残酷だなぁと思うけど、

それでも「悔しい」をバネに前を向くことができる人が残れる世界だと思う。

そういう人がスターだと思うし、壱城さんはそういう意味でずっとスターだったと思う。

 

上手く言えないけどなかなかもどかしくて、しーらん……と思ったこともあって。

でも最近すごくいい舞台するなぁ。

しーらん、今が一番かっこいい!!と思ってた。

そして別のところでそろそろもしかして…と嫌な予感がしてた。

 

言い方が酷かもしれないけど学年的にも考える時期だと思うし、仕方ないと思う。

でも、かっこよくて、そして壱城さんらしい、賢い人だなとも思う。

 

だけど、私はもっと壱城さんの男気と、

男役として輝く舞台が見たかったです。

 

星組男役、壱城あずさ。

 

ずっとかっこいい壱城あずさでいてください。

星組ツンデレ彼氏は、ずっと壱城あずささんです。

 

ご卒業おめでとうございます。

 

星組ファンの方と、しーらんファンの方、素敵な千秋楽になりますよう。

メリークリスマス!!!

 

星を継ぐ者」・・・美しい歌であり、今珍しい「生え抜き」星組への歌だと思う。

しーらんのこれからの人生が幸せでありますよう。