TRUNK DIARY -ナナメカラタカラヅカ-

宝塚見て早半人生。まだまだ未知の世界すぎて幸せ。

人事はいつも突然に

まかキキという魔法。

 

おはようございます。

休憩中はひたすら「梅田 おしゃれ カフェ」で鬼検索

しているあくるです。

 

いや、趣味が食べログトロールなのですが関西に

死ぬほど行っているのに気づくとほぼフルールで

食べているという「あたし・・・関西に何しにいってんの・・・」と

気づきまして(おせーよ)(何年この生活してるんだよ)

(※観劇に行ってます。)

今度こそ梅田の「阿弖流為」公演中には

梅田のインスタ映えするカフェを巡ろうと計画中です。

 

月組さんが貸し切りだったからバーターできなかったんですよ。

 

おかげさまでブックマークは増える一方です。

あ、主に主食はパンケーキです(インスタ映えする食事←見かけが100%)

 

さて・・・人事がいろいろと動きましたが。

まずは、これを言ってもいいでしょうか。

 

ゆりかちゃんまどかちゃん

おめでとうございます。

 

いやーーーー感慨深いです。

私をこの沼に引き戻したのは初演「ロミジュリ」でした。

その時に「あのやばいオーラ出しているしゃべらないやつ誰だ・・・!?」

となった死の真風涼帆さん。もちろん第一期ヅカヲ生活しているとき

ゆりかちゃんの存在は知ってたけどそれほど好意的な印象は

もっていなくて(ごめん)でも、そこから私の第二期ヅカヲタ人生が

始まりました。

 

真風涼帆がいなかったら

私はここにはいなかった。

 

そう思うとゆりかちゃんはやっぱり特別な存在で、

私の中で永遠のスターなんです。本当にうれしい。

ゆりかちゃんがトップになるとき、ヅカヲタでよかった。

 

ますます思うのは「後悔なき観劇ライフを」です。

ゆりかちゃんのトップ期間を思う存分楽しむ。

・・・死ぬ気で働くわ。(貢ぐ気満々)

 

宙組退団者

 

まぁ様の退団同期ランチは美人ぞろい。

 

なんてインスタ映えするメンツなんですかね・・・

(退団同期でランチ☆が死ぬほど上がるOGインスタ)

 

と、いう冗談はさておき95期娘役をこぞってさらっていくまぁ様が

まぁ様すぎて、さみしいんですけどちょっと笑ってしまった。

 

乙女の気持ちを盗む天才朝夏まなと

「まとめて責任とってやるよ!!!!」

 

・・・男気あふれるまぁ様にケータイ持つ手が震えました。

 

男気娘役ありさちゃん。

ありさちゃんがいなくなると93期男役が心配です。

特にあいちゃんに突っ込む人がいなくなるよ、ねえ。

これからあいちゃんどうやって生きていくの・・・(おおげさ)

ありさちゃんでぜひ、モンスターペアレントが見たかったです。

タカラヅカモンスターペアレンツ・・・石田作品ですかね)←いややな・・・(本音&小声)

シャネルのバッグにスーツで幼稚園に怒鳴りこむやつ。

めっちゃ見たい。ママ界のボスでランチはフレンチみたいな。

・・・ありさちゃんで好きな役はもちろん、王家の女官でした(もちろん・・・)

あの生まれながらにしてタカビー(死語)なの最高だった。

いつも元気で明るくて、気が利くお姉さん。

ありさちゃんと話す下級生はみんな楽しそうだったのが印象的です。

 

美人で歌うましーちゃん。

スタイルがよくて、大人っぽくて歌うまのしーちゃんは

宙組の美人枠でした。ティーナが好きであのはっちゃけキャラと

ショッキングピンクのサテンパンツが忘れられません。

ところで、しーちゃんがいなくなると伝説の七海監督監修

学園ドラマの娘役が全員いなくなってしまうという事実に、

七海監督は気づいているのだろうか。(こういうのよけいなお世話)

 

美人の芸人枠涼華まや氏。

安定の英語ネタ(ネタいうな)で美人娘役なのに

宙組の笑いを一気に担ってた涼華まや氏。

個人的にはりくを「スウィッティー」と評した英語ネタ(だからネタいうな)が

忘れられません。

あと美人なのに(美人「なのに」という語彙・・・)どこか世話好きっぽい

お姉さんなのが好きでした。帰国子女でハイスペックなのに

近所でスーパーにいそうなお姉さんみたいな(あくるさん・・・ねえ・・・)

 

そして、世紀の美女・伶美うららさん。

うららさんはなんかもう・・・こういう娘役さんは出てこないんだろうなと

思います。何が特に秀でているわけでもなく、だけど

男役さんを立てる技術はすごいと思う。

美しいのに控えめで、自分は主張しないのに存在感はある、だけど邪魔はしない。

 

確かに「技術」はちょっと難ありだったかもしれない。

だけど、「宝塚の娘役」として一流だったと思う。

 

真ん中に立つ存在か、そうじゃないか?という議論はもうわからないけれど。

心に残る娘役、記憶に残る娘役だと思います。

立場も大事だけど、人の心にいつまでもい続けるジェンヌさん。

そういう伶美うららさんが私は好きでした。

 

5人の最後の公演が幸せに包まれますように。

 

それでは「神々の土地」で、お会いしましょう。

 

 

■組替え

 

 

 

 

・・・すみません、最初に思ったのがこれで・・・。

(各方面全面謝罪)

 

というほどたぎる、まかキキ。

(熊本が生んだスター・真風涼帆さんと

神戸の大富豪・芹香斗亜さんの運命の再会)

 

「時間があったら見る公演すぎる」と話題の(あくるさんの中だけな)

オーシャンズ11(新公)」のダニーとラスティはもう・・・

これぞまかキキ。

的な。

 

謎の萌えだな?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが

ちょっとよく考えてみて?

 

ずっと星組で切磋琢磨してきた真風さんと芹香さん。

・「ゆりかちんのメンタルは私が管理している(といわんばかりの発言の数々)」

・「あいつごはん炊かないから高級たまごなんてやらん(星組同窓会でゆりか発言)」

・「ゆりかちゃんがメイクしている後ろでぽよんぽよんバランスボールではねる

芹香斗亜(ゆりかちゃんの視界に入ってくる)」

・「「あいつそしてバランスボール片付けねえし・・・」(ゆりかちゃんぶちギレる)」」

 

・・・ちょっとコレ萌えない?(あくるさん・・・)(やっぱり謎だよ・・・)

 

いや、そんな冗談はさておき(本気の癖に)(うん・・・なんか、ごめんね・・・)

 

 

このたび、下記の通り組替えが決定いたしましたので、お知らせいたします。
 

花組

 

芹香 斗亜・・・2017年10月30日付で宙組へ組替え
※異動後に最初に出演する公演は未定です。

朝月 希和・・・2017年8月28日付で雪組へ組替え
※2017年11月10日からの雪組宝塚大劇場公演『ひかりふる路(みち) 〜革命家、マクシミリアン・ロベスピエール〜』『SUPER VOYAGER!』から雪組生として出演いたします。

雪組

 

桜庭 舞・・・2018年2月12日付で星組へ組替え

 

※2018年4月27日からの星組宝塚大劇場公演(演目未定)から星組生として出演いたします。

 

星組

 

綾 凰華・・・2017年8月7日付で雪組へ組替え
 

※2017年11月10日からの雪組宝塚大劇場公演『ひかりふる路(みち) 〜革命家、マクシミリアン・ロベスピエール〜』『SUPER VOYAGER!』から雪組生として出演いたします。

天彩 峰里・・・2017年12月25日付で宙組へ組替え
 

※2018年3月16日からの宙組宝塚大劇場公演(演目未定)から宙組生として出演いたします。

 

宙組

 

華雪 りら・・・2017年11月20日付で星組へ組替え

 

※異動後に最初に出演する公演は未定です。   

 
納得できる人事とそうでない人事。
 
きれいごとをいうつもりはないですが、人事は決まったことは
もう覆りません。事実を受け入れてそこで自分の好きな人が活躍することを願い、
そのために自分はどうしていけばいいか考えることが大事だと思っています。
 
現実を受け入れて、
前向きに考える人だけが残れる世界。
 
そういう世界を好きになったから、私は「あの人も頑張ってるから
私だって頑張れるはず」と自分を奮い立たせている。
 
人事は不条理なものだったりマイナスな面を考えがちですが、
だけどそれがキッカケで花開いたり、同志に出会えたり。
 
また新たな世界に飛び出す。
それが幸せな結果にしよう!!!
努力と楽しみに私はまた、タカラヅカを見続ける日々です。