TRUNK DIARY -ナナメカラタカラヅカ-

宝塚見て早半人生。まだまだ未知の世界すぎて幸せ。

あなたは涙を隠さないから人はあなたを好きになる

好きなことには激重なことで有名なあくるさん。

 

おはようございます。

 

ツイッターを見てくださっている方には「いやもう本当に・・・(あくるさん・・・)」と

なられてると思うのでブログはちょっと軽めに書こうかなと思います

(って前置き書くと必ず長くなるパターン、知ってる)

 

ええ、そうです。

スペシャルでフレッシュな

激重長文は東宝千秋楽まで

ストックしておきます☆(この予告怖い・・・)

 

・・・まずはお礼を。

 

この二日間、大変めんどくさいあくるさんに付き合ってくださった

友人各位、図らずともあくるさんに関わってしまった方(笑)

そして早霧さん、咲妃さん、雪組子。

 

ありがとうございました。

 

この公演が始まって1か月半、途中「終わらないでほしい」とか、

「永遠に時が止まってしまえばいいのに」とか後ろ向き発言をしたり

友人に夜遅くまで付き合わせてしまったり、反省することも多かった。

人間としてどうかな?と思ったこともあったりしました。私自身が

ブレていたりしたんですけど、公演を見るたび毎回新鮮な驚きと感動をくれる

早霧さんはじめ雪組子の舞台を見ていると、そんな自分が恥ずかしくなったり

「よし!明日も頑張ろう!!」と思ったり。

 

私に付き合ってくれた、今回の公演を一緒に駆け抜けた

友人たちに改めて感謝と、尊敬の気持ち。

ラインやSNSで情緒不安定な私を何気ない会話で楽しませてくれた方々。

 

・・・だんだんお前は誰だって感じになってきたけど(笑)、

すべての方々と、あと舞台で感動を毎回くれた雪組っこに

ありがとう!という気持ちでいっぱいです。

 

私はこの公演が全部大好きだった。

もう悔いはありません。そりゃ、もっと見たいとか、もっともっと

東京に行ったら進化するであろう雪組生を見たい、早霧さんと咲妃さんの

ラストステージはまだ前半が終わったばかり・・・とも思うのですが、

なんだろう、昨日でなんかすとん、と胸に落ちました。

 

私もう大丈夫!という気持ちでしょうか。

東京のチケットがない、という物理的なものもありますが

結局舞台って回数もだけど、自分の中で消化できてなんぼだと思います。

 

何回見ても「もう一回!もう一回!!」と思えるもの。

一回見て「もう堪能した!!満足!!」となるもの。

 

それは人それぞれで、ものさしも自分だけのもの。

私はムラで堪能できて、回数もありがたいことに見れて。

もういいや、じゃなくて、

ありがとう、すっごく楽しかった!!

っていう気持ちです。

 

私は最後の出のサヨナラパレードは咲妃さんまでしか見れなくて(新幹線)

ものすごい勢いで人をかき分けて駅に向かったのですが

そのときなぜか、自分でも不思議だったのですが涙が出てこなかったんですよね。

 

それは悲しいとかさみしいとかがない、じゃなくて

 

また会えるから、という確信でもなくて

 

自分の中でケリがちゃんとついたんだと思います。

たぶんもう、早霧さんには会えないと思う。

早霧さんが舞台に立つ仕事をするしないじゃなくて、

「男役・早霧せいな」にはもう会えない。

 

・・・という事実に自分が千秋楽を迎えたとき、どう思うかなって

思ってたんですけど驚くほどちゃんと受け止められました。

 

iPhoneも充電切れて、宝塚駅から名古屋まで誰とも話せないし

ラインもできない状態だったんですけど

(今新幹線でコンセントないとかあるんですね・・・まじで?今平成だよ?って

車掌さんに詰め寄りそうになりましたよ・・・)

 

考えるわけでもなく。

逆に自分でもどうした??って思うほど、落ち着いてました。

もっと取り乱すかと思ったんですけど(友人もおそらく思っていただろう・・・)

 

早霧さんの舞台上で、早霧さんらしい咲妃さんいじりの最後の笑顔を見たとき

ちゃんと私の中で「早霧せいなが率いる雪組」が完結したんだと思います。

逆にあれがなかったら東京のチケット探していたかも。

なんとか都合付けて仕事休もうって思ったかも。

 

だけど今の私は、千秋楽の次の日も普通の日を迎えて、

出勤して仕事して、同僚とたわいもない話をしてっていうことができてる。

 

たぶん退団発表を聞いた時が一番大変でした。

今思えば、不安で不安で仕方なかったんだろうな。

これからどうなっていくのか、どこへ自分が向かえばいいのか・・・

考えるのやめようと思うと、よけい考えちゃう悪循環ですね。

 

きっとあの早霧さん独特の「イヒヒ」っていういたずらっこのような咲妃さんを

からかっているときの楽しそうな顔を見れて、

 

ありがとう。

早霧さん、私も本当に楽しかったよ。

 

って思えたんだと思います。だから今度は東京で待っている

早霧さんファンに、雪組ファンに、タカラヅカファンに心置きなく楽しんでほしいです。

 

4月23日から幸せでしかなかった雪組を見ている時間。

いろんな人に迷惑かけて、たくさんの人たちに暖かい声をかけてもらいました。

本当に私は幸せ者です。

 

今日の朝、ニュースを見ていつもの飾らない言葉で

自分の気持ちを話す早霧さん。

涙を隠さず「ここに入りたくって」と号泣する早霧さん。

 

本当にかっこいい人だなあと思います。

男役として、人として、リーダーとして。

 

私本当に楽しかった。幸せだった。

宝塚に出会えて、ちょうど早霧せいな率いる雪組を自分が納得するまで見れて。

本当に悔いなしです。

 

私は世界一幸せです。

 

現実は思ったより厳しい。

でも、前に進まなきゃ。

 

たくさんの幸せをくれた早霧さん、咲妃さん、雪組生、

こんな私と関わってくれたみなさんへ。

 

ありがとうございました!!!!

 

あくる   2017.5.30

 

 

 

 

 

 

・・・タカラヅカは、そこにあり続けるから私は行くよ?(イヒヒ)