TRUNK DIARY -ナナメカラタカラヅカ-

宝塚見て早半人生。まだまだ未知の世界すぎて幸せ。

今の私の雪組公演における「脳内ポイズンベリー」

最近雪組さんを見ていると

脳内でこれが上演されるんですよね。

 

こんばんは、あくるです。(安定の深夜更新)

 

脳内ポイズンベリー

 

 

30歳目前にして、飲み会で23歳の男に一目惚れしてしまったいちこ。

後日、駅で偶然彼を見つけたいちこの脳内では、

声をかけるべきか否か、意見が対立していた。

 

 

っていう一風変わったラブストーリーなんですけどこの映画の

大切なところ、それは「恋愛」ではなく「脳内の大騒動」なんですね。

(違います)

 

・・・すみません恋愛映画が全く心に響かないタイプで

(じゃあなぜタカラヅカを見ているのだ・・・あくるさん・・・あんた)

この映画とにかく「脳内会議」がとっても楽しいのです。

 

・・・え?この映画見たきっかけですか?

 

西島秀俊さんと神木隆之介くんです。

 

(俳優の趣味はここ10年ブレない)タカラジェンヌはブレブレ)

 

ということであらすじはぜひウィキっていただいて(雑)

私の雪組公演を見ている間の「脳内ポイズンベリー」を今回は

ご紹介したいと思います。

 

まずはここ

 

 

理性・・・大事ですね。

それは「全体を見て、この光景を焼き付ける」です。

いつも冷静な判断(どこでオペラをあげるか)

的確な視覚(どこを見るか)

タイミング(拍手はしたい)・・・など、

「冷静な自分」がこの公演には必要です。

 

ちなみに雪組初日は私の脳内に西島さんはいませんでした。

 

ただただ

 

 

真木さんに支配されていましたね。

はい「本能」。

初日はこれしかなかったよほんとうに。

そして結果、初日の新幹線の中ではどういう事態になったか。

真木さんのままに動くとどうなるかというとですね。

 

 

吉田さんが降臨するんですね。

「ああっ・・・あの人見てない・・・」「ここを予習したはずなのに!!!」

「稽古場でここ見ろってまなはるがいってたのに!」

「うわああああ今日の朝に戻って新大阪に向かう新幹線の中に戻りたい!!!」

 

ええ、吉田さんがぐるぐるぐるぐる叫ぶわけです

(だいたい初日の夜は吉田さん)

 

でも次の日私はどうなっているかというと

 

 

はいきた神木きゅんーーーーー!!!!!!

(ちなみに「神木きゅん」の「きゅん」は「まのみやきゅん」の「きゅん」と同じ働き)

 

「でもまあ次の観劇あるし!」「スカステで初日流れるから

それでまた復習すればいいし!!」「早霧さんの挨拶をもう一回(映像だけど)

見れるって本当にいい世の中になったよな~~~」など

もう次へのワクワクしかない状態です。

 

神木きゅんが脳内にいる状態(初日の次の日の希望休)

一番幸せですね。

 

そして次の段階はこの方に頼みます。

 

 

浅野さん・・・いいよね。

 

ひたすら観劇を繰り返して浅野さんを繰り返すわけです。

そしてつらい仕事中や通勤時間は浅野さんを呼んで

脳内は

 

また

 

 

はい神木きゅんーーーーーーー!!!!!

 

楽しいしかない仕事頑張れる次の観劇あるああタカラヅカさいこう!!!

神木きゅんが叫んでいるわけですね。

非常に気持ちが安定している状態です。

 

今は神木きゅんが心にいます。だってまだ2週間あるしー、

まだ観劇予定もあるし舞台写真の楽しみもルサンクの脚本も♡

 

 

金はどんどん飛んでいきますね。

目に見えた雪組関連をひたすら買う。

舞台写真もルサンクも歌劇もグラフもちぎみゆグッズも

なんなら買いそびれてた

ローマの休日」DVDも買ってしまおう!!!

 

 

はい神木きゅんがずっと脳内にいる状態です!!!

もう心の恋人が神木きゅんであるかもしれない

錯覚してしまうほどです!!

 

・・・でもそろそろ陰りが見えているわけですよ。

 

 

「そろそろ千秋楽のこと

考えた方がよくないか・・・?」

 

西島さん・・・(好きです)←違うそうじゃない

 

 

いやだいやだ千秋楽の計画たてるのいやだ

もし抽選外れたらどうするの最後見れないかもしれないなんて

絶対やだっていうか千秋楽なんて来なければよくない!!??

ずっと公演やってればよくない!!??

 

 

きっと千秋楽近辺1週間はずっと吉田さんでしょう。

何を見ても悲しくなる、重くなる、あーいやだ・・・ほんとやだ・・・

 

そんな吉田さんを心の片隅に今までのことを振り返ってみましょう。

 

 

 

 

 

「もう二度とちぎみゆ見れないとか・・・」

 

 

「大劇場のたこ焼きをわくわくしながら食べたなぁ~」(フルールとしてください)

 

 

「ちょっとあの子だれよ!!??あとでプログラム見て検証しなきゃ!!!」

 

 

「さて・・・今回の「Song&Dance(ブライアント先生)」は

誰を固定オペラで見るか・・・初めてじじくんにしてみるか・・・?」

 

 

「まて。ここはやっぱりちぎみゆを

最初から最後まで

見ておこうではないか。」

 

 

異議あり。今日はあえて若手沼に入ってみよう。

今回はきゅんに決定だ!!!」

 

 

「きゃーーーーーかっこいいいいいい!!!!」

 

 

「・・・え、もう終演時間なの・・・帰らなきゃなの・・・

(ムラって夜雨降ること多すぎない・・・?)

 

 

番外編・大ちゃんを見ていると

心がせわしない。

 

 

 

と、いうことでこういう「脳内ポイズンベリー」がすごいのです。

 

で、最終的にどうなるかというと

 

結果

 

 

神木きゅん降臨です!!!!

 

 

 

さみしいし悲しいしつらいしいろいろあるけどそれもまた

乗り越えればなにかいいもの見えてくるかもしれない!!!

だって!!!

 

宝塚はそこにあり続けるわけだから!!!!

 

 

 

お手紙はポストに入れますね。

 

 

 

 

 

 

・・・うん、間違いなく

深夜の深夜企画。(計画性なし)

 

 

こういうテンションの日もあるんだよ・・・いや・・・寝るよ・・・。