TRUNK DIARY -ナナメカラタカラヅカ-

宝塚見て早半人生。まだまだ未知の世界すぎて幸せ。

MENU

雪組公演「Dramatic"S"!!」その2~絆・黒燕尾・そして・・・

雪組公演「Dramatic"S"!!」感想その1

 

こんにちは。昨日の余韻を引きずりながらなんとなく

あきちゃんのオシエテを再生したら文化祭のひとこが写真で登場して

「・・・ひとこ・・・(昨日はお疲れさまよく眠れたかな今日はゆっくり休んでね←10秒)」

となりました。めんどくさい人間日本代表あくるです。

 

さて・・・「お前・・・後半いつになったら書くんだよ!!!」と

いただいておりましたショーの感想後半戦。

昨日もただただ号泣するというひとしきりのお約束を行った後

新公までの間さ●めさんとロッテリアで(毎回ですが、名前を出すとき

無許可です。●さめさん・・・すみません。←おい)

 

あ「いやそれにしてもショーはがおちゃん忙しいよねー」

さ「だねえ」

あ「だってさ、ブライアント先生のところとサプール続けてだもんねー」

さ「・・・?」

あ「・・・え?」

さ「出てないよ?」

あ「えー出てるよー!大ちゃんとシンメで」

さ「(こいつ何言ってんだまじで?という表情で)

あれはひとこですよ!!!!!」

あ「・・・!!!!!!え・・・・!!!!!」

 

・・・あくるさん・・・あなた本気でどこの誰を見ていらっしゃるのでしょうか。

冷静に考えて下さい、確かにがおちゃんはスーパーサイヤ人です。

人間じゃないお仕事を毎公演やられてます。

 

・・・だけど、がおちゃんは1人やで!!!!

 

(私・・・がおちゃんもひとこも大好きなのになんで同じに見えたんだろ・・・

やっぱマイ楽までにコンタクト変えよう。うん、1.5見えるようにしよう・・・

じゃなきゃやりきれないし自分を許せない・・・)

 

以上、反省でした。

 

ということで後半戦スタートです!(上のことがとっても衝撃でしばらく引きずった)

(舞台上のひとこに謝ったよね・・・そしてささ●さんすみませんでした・・・)

(あなたの大事なひとこの顔を間違えるなど本当にすみません・・・)

 

 

■絆!絆!!

 

 

音楽はポップで明るいのになぜこんなに泣けるのかわからない

神場面、それはこの絆の場面である。

テーマカラーはグリーン、早霧さんが超絶似合う戦隊ものスーツのような衣装。

 

・・・まず視覚に訴えてくるこの

早霧せいな雪組最高っしょ!!!」感

本当にやばいです。

なんかねー、この絆!のシーンは「愛」しか感じないよね。

もうどこまでも愛にあふれているありがたいシーンで、ホッタイの恩恵

「LEDで大階段に雪が降る」という出血大サービス演出も盛り込んでくれて

(ちょっと心の中で「まぁさまありがとう・・・」と感謝した。ちなみにまぁさまは

たぶんなにもしていない)

 

雪担全員嗚咽案件だと思います。

 

ここのシーン、みんな超笑顔で踊るんですよ。

その笑顔が逆に泣けてくるっていうこの

体と心のつながってない感すごいよ!!!

でもなんだろう、すごくこう、オタクっぽい言葉で言うと

尊い・・・」

というやつですね。舞台上で早霧さんと咲妃さんと、そして

雪組子がひたすらわちゃわちゃしてるっていう構図。

ここが桃源郷だったんだ・・・ッッッ

(膝をついて泣き崩れたいくらい)

ちなみにオススメはお芝居では「あれは本当にりーしゃなのか?」と疑問案件であった

気弱な番頭さんのりーしゃ、

自称V系男役透真かずきさんです!!

ぜひ見てほしい。この私がきゅん←昨日からのまのみやきゅんの愛称。(勝手に決めた)

を見る前に見てしまうほど

ここのりーしゃ、イケメンです!!!

いやー・・・若手も沼だけど上級生はもっと沼だから本気で気を付けよう。うん。

特にりーしゃは沼っていうか絶対帰ってこれない樹海だから!!!!

 

ここでちょっとあきちゃんの声も聴いてもらいたい。

あきちゃん、メキメキと歌の力をスキルアップさせてますね。すきです。(恒例)

ちなみにあきちゃんはオープニングでも「S!S!!」とカゲコをされていますが

耳が全身であきちゃんをキャッチするのでニヤついている・・・

・・・あくるさん、あんたいろいろ大丈夫か。

そんな心配をされるのもそろそろ終わりにして落ち着きたいアラサーな感じです。

 

でですね、話がずれましたけどりーしゃを見て

「・・・うん★今日もりーしゃはかっこいい!!!」と確認して、

あきちゃんの歌を聴きながらここはぜひひとこもオススメしたいです!!!

 

ひとこが一生懸命早霧さんへどうにか早霧さんの視界に入ろうと

けなげに頑張っている姿が見れるのは

この絆のシーンだけです!!!!

(お分かりになられる方もいらっしゃると思いますが

早霧さん関連の話をするときどうしても「●●が見れるのは◇◇だけです!!」という

言い方をしてしまいがち・・・そうです、少年ジャンプへのオマージュです←自己満足)

 

(ちなみに昨日新公が終わってからネットニュース各種の見出しで

「早霧チルドレン」と称されたひとこが・・・ひとこがもう・・・

夜中に号泣しましたよ(重い)早霧チルドレン・・・積極的に使っていきますね。)

 

毎回違うアピールするひとこさんですけども昨日はニコニコと

早霧さんの顔を覗き込みそしてニコニコと走り去って定位置に戻っていました。

なにあれ。(可愛すぎて吐血)

 

早霧さん!!!

あんな可愛いひとこが視界に入ってくるのに

なぜ理性が飛ばないのか不思議です!!!!←いやそれ違う

 

とっても早霧さんとひとこさんの関係が好きなんですよね。(私がね)

なんていうんだろう・・・一番早霧さんの役をやった後輩なわけですよ、

ひとこさんは。だから早霧さんのことを若手の中で一番近い場所で

戦ってきたのも、咲妃さんとはまた違う意味で支えていたのも

ひとこかなって勝手に思ってて(すぐ思い込むタイプ)でも早霧さんは

AB型だからそんなに多くは語らない。

 

でも心の中ですごくひとこに感謝してるとか、あるいは「頑張ってるなー」と

ひとこのことを思ってくれていたり・・・したら・・・

 

ひとこよかったね!!!!!(お母さん三度目の登場)

 

そんな絆のシーンです。ここ、さきちゃんがまた踊り方変えて

沼へ誘う王子様してるので(本当にこういう衣装着ると手足長いってすごいなと思う)

ぜひ沼へ沈みたいわって方はお気軽に!!!(通販みたいにいう)

 

そして最後の笑顔に涙腺崩壊するしかないやつ。

おつかれさまでした!!!

 

 

■あくるさん・・・まだ続きます

 

 

咲妃さんがオレンジのお衣装(カワ(・∀・)イイ!!ってなるやつ)で

安定メンツ(でも今回は新公学年の娘役若手が踊ってます!!!っていう雪組には

珍しいシーン。若さ爆発。

ところで妃華ゆきのちゃんだけちょっと違う衣装なのがおおって感じです。

妃華・真彩・星南・夢乃花・野々花・彩・羽織という若手神メンバーなんだけど

やっぱりはおりんがもうプロって感じですごいです。

 

・・・最下なのに一番プロっぽいのなぜ・・・

違う、ベテランぽいっていうのじゃなくてプロなのよねはおりん。

見せ方とかがプロの娘役すぎてはおりん・・・いいです・・・(またでた)

 

 

■平澤マジック黒燕尾

 

 

早霧さんってきっとダンスの見せ方がすごくうまいんだと思うんですよ。

運動神経がまずいいのと、あと振付の先生が「こういう表現をしたい」という

思いをキャッチして、それを体で表現できる人なのかなって思う。

だから、ブライアント先生とか平澤先生とか、BOY先生とかちょっと癖のある

「だんだん見てると「あー、この振付●●先生っぽい」みたいな)

外部の先生と相性がいいんだと思いますね。

すごい小回り効くし、早霧さん(※早霧さんは車じゃないです)

 

ここで見ていただきたいのはもちろん

「平澤先生黒燕尾で踊るトップスター早霧せいな

なんだけど(当たり前のことをあえて言う勇気)

ちょっと余裕が出てきたあなたにオススメなのが

桜路薫くん(なおさま/95期)です。

なおさまの黒燕尾はやばいです。

いやー、なおさまはいろいろショーでやらかしてはきてるんだけども(言い方)

めっちゃかっこいいんですよ!!!声が漏れるくらいかっこいいんですよ!!!

(かっこいい強調してみました)

 

あ、なおさま出てきたついでにもう一回これ繰り返しますけど

雪組三大若手ダンサー枠/桜路薫・凰華はるな・眞ノ宮るい

どこの場面でもいいので誰か絶対見てほしい。

絶対損させないから。(強い眼力で訴えてます)

ちなみに三人が一緒に出ている「Song&Dance」(ブライアント先生振付)は

あきらめてます。あの場面はブライアント先生のことちょっと恨んでる。

若手ダンサー枠三人を同じ場面に出す、盛り込みすぎ案件

法廷に持ち込みたい気分です(いいすぎ)

(もういい歳なんだし素直になろうかあくるさん)

(うん・・・ブライアント先生ありがとうございます)

 

で、なおさま見てそのいけない色気と重い誘惑にひたすら耐えてください。

そう・・・なおさまの黒燕尾は重い。

三人ともダンサーなんだけど全然違う踊り方するのが

面白いところなんですよ。なおさまは振りをとても丁寧に踊っている気がします。

ひとつひとつの意味をかみしめて。

それが黒燕尾という伝統と格式のシーンにとっても・・・え?うるさい?

いいのいいのみんなかっこよければオールオッケーです!!!)

早霧さんの最後の黒燕尾は平澤先生がいい。

そのシンプルな我々ファンの思いがひとつになって

感動するんですよね・・・

そうだ、雪組の黒燕尾と言えばなぎさま!!!

もう安定プラス数枚積んであなたにお届け★なかっこよさ!!!!

なぎさまの黒燕尾はとても神聖なので、見た後の

心の清まり方ハンパないです。

なぎさまありがとう・・・(もうお礼は常に言っておかないと)

 

■爆笑の珈琲ルンバ

 

これ、初日ざわつきました。(バラす)

こ、珈琲ルンバ?だいちゃんが微妙に腰を動かしながら

銀橋をルンバしながら渡っている・・・??

このちょっと面白い展開に戸惑った珈琲ルンバの場面。

今から絶対(泣きすぎて)しんどくなるからブレイクタイムだよ~っていう

B先生の思いやりでしょうか。(失礼な)

なんにせよ、大ちゃんが大劇場でも

鳳翔大スーパータイムを任されるようになったのは感慨深いです。

・・・後ろで控えるがおちゃんが男前です。(お前だいちゃん見ろや)

 

ちなみにほんっとあくるさんしつこい!!!と思われると思いますが

彩風さんアピールタイムの時間です。

珈琲ルンバを踊る彩風さんがね、すっごく気だるい感じで踊るんですよ。

それがね・・・半端ない殺傷力の色気でね・・・

 

あの絆の彩風さん???ってくらい気だるい大人の男なんですよ。

ぜひ劇場でご覧ください。(これはTOHOシネマズへのオマージュ)←いちいちうるさい

 

■そして・・・

 

真っ白い衣装で登場する早霧さんと咲妃さん。

ふたりがもうこうやって大階段の前で夢みたいな衣装で

踊ることはもう何回かなのか・・・と思うだけですっごいダメージくらうので

考えない方が世のため自分のためなのですが、

思い出ってそうやって見ないと

心に残らないからね。

なので、キチンと受け止めることにしました。

目をそらさず、ちゃんと1回1回焼き付けようと。

 

望海さんが組替えできたときから、いつか望海さんのカゲコで

早霧さんと咲妃さんが踊ってほしいと思ってました。

夢が叶うって大事だな・・・別れの曲を聴きながらゆっくり全体を見て

浸りたい。そんな場面です。

 

ちなみに決壊ポイントが

 

①銀橋のつけねでふたりが向かって止まる

ゆっくり電飾が降りてくる

②徐々に銀橋を渡りながら近づく早霧さんと咲妃さん

電飾がともり始める

③ふたりが銀橋の真ん中で出会う

「See you again Sagiri」の電飾文字が輝く

 

・・・泣くしかないですね。思いっきり泣いて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

********************************************

 

以上で、「Dramatic"S"!」は終わります。

ありがとうございました。

 

またなんとなく気づいたらすごい勢いで書きます

(前と後ろの文章のテンションおかしくて文章つながってない感すごい)