TRUNK DIARY -ナナメカラタカラヅカ-

宝塚見て早半人生。まだまだ未知の世界すぎて幸せ。

花の道の桜、来年も見たいから

4月入ってからまともに休んだ日でした

(ちゃんと休みはもらっています労働基準法にしっかり基づいて。

なんですけどまあ新幹線に乗っている日が異様に多い・・・

 

もう私誰の贔屓なのかな?ってJR東海の贔屓なんじゃないかな!?

って錯覚してきたよ(おおげさ))

 

突然なんですが久々にぼーっとした時間を過ごしてなんにもない空白の時間を

(眼科から帰ってきて)過ごしていたわけなんですけど

あれ?私いつからブログ始めたんだっけ?って唐突に思って

ちょっと過去ログなんか読み返してました。

 

初めてアメーバに投稿したのが2012年9月。

なるほどなるほど。私今とぜんっぜん文章違うな!!と愕然として

さすがにもっと自分のこと振り返ろうよ・・・と反省しました。

 

私自分大好きィ!!っていう人間に見えると思うんですけど実は

自分の文章にはすごくコンプレックス持ってて。

これだけ書いてきてほとんど自分では読み返さないっていう

ちょ、お前!!??的な身の振り方をしています。

さすがに自分の書いたことにもっと責任持て!?って思いました・・・。

いやー、みなさんあくるさんこうやって書いてたよ?って思うことも

しばしばだと思うんですよね。

私忘れすぎでしょ!!??ってね、さすがに思いました。

 

そう思うと歌劇の早花まこ文豪、一貫してあのスタイル、言動、舞台姿。

完璧だなあと思わずにはいられないよね。文章を書くことが本業ではないということは

同じなのに何この差・・・って反省しました。

 

文章のことだけじゃなく、タカラジェンヌって平均とると10年前後いる人が

だいたいでずっと「タカラヅカに入ること」をずっと志して努力して

入ってからも「タカラヅカにいるために」休みなくずーっと努力をしているわけで

私なんか毎日は書かないしそれでも飽き足らずすっごい書かない期間あるし、

まあ仕事とはいえタカラジェンヌは自分のことあんまり見ないのとか言ってる場合じゃなくて

人からずーっと見られていていつどの場面で一緒にやってきてた人に

「いつ置いていかれる」恐怖感と戦っているわけで。

 

環境が違うわーとか言ってる場合じゃなくて人として尊敬できるのが

宝塚歌劇団の人たちなので私は見て楽しくてこうやっていろいろ思えることが

できるんだと改めて思ったんですけど、

 

私がブログを書いている理由ってなんだ?って同時に思って。

ずっと「楽しければいいやー思ったこと吐き出せれば楽になれるし」と

思っていたんですよ。そういう場所でいいやって。

 

だけどそれだと、独り言のワードでよくない?って思ったんですよね。

実際アメーバさんに書く前はワードでずっと独り言書いていたし。

好き勝手書いて自由で長くても誰も迷惑しない。それが向いてるのかな、と

思うことも結構な割合であって。

私人に発信する文章書くの向いていないな、って書きながら思うのがほぼ毎日だし。

 

アメーバさんって、「コメントを受け付ける」にしないと過去のコメントも

見れないらしくて(いや見れるのかな?気づかなかっただけかも)ここ数日

コメントを久々に受け付ける設定にさせていただいたので

すごく前にいただいたコメントも私自身が読み返せることができるようになりました。

 

読み返しているとすごくその時のことが鮮明に思い出せます。

あの時はこうだったなあとか、これすっごくうれしかったな・・・とか。

この方元気かな?とか今どうされているのかな、とか本当に嘘じゃなく

ハッキリ思い出せるんです。

 

いろいろありました、正直。

結構傷ついたこともあったし、え、これどういう意味だろう?って

動揺したこともあったし。私の考えすぎかな~って考えないようにしたこともあるし

あー、やっぱり考えすぎだった!ってこともしばしば。

 

すっごく楽天的で、どこか人の気持ちを察することができない

無神経なところがある、でも自分は自分だからこれでいい!っていう意思が固い

ところがある。

 

一方で、小さなことにすごく気を取られて自分の方向がこれでいいのか?

私の言いたいことって?ってくよくよ悩んで書くべきところを濁したり、

あまりに深読みして自分の言いたいことを書けなかったりすることもあった。

 

だけど今こうやってコメント再開して、ちゃんと落ち着いて思い返すと

私「誰かと話したい」がずっとあったんですよね。

私の気持ち聞いて聞いて!ってきっとずっと思ってたし、

あなたの話聞きたい聞きたい!!ってすごくほしがってたと思う。

でも私と話すと「お前もっと人の話聞けよ!」って思われるかもしれないんですけど。

 

ひとりで抱え込めなくなって、この話聞いてー!!って勝手に話してたら

うんうん、って聞いてくださる方がありがたいことに話してくださるようになり、

話を広げてくださって・・・でも突然、耳をふさぐようにバタン!とドアを閉じてしまった。

 

戸惑った方もいらっしゃると思います。

説明不足で、あれ?どうした??って心配もかけてしまったな、って。

 

気づいたら自分のことばっかりになり、周りが見えなくなってた。

そういうのが人一倍嫌なくせに自分がそうなってたのも気づかずに。

 

人が成長できるのは、人がいるから。

気持ちが下降気味になってしまうのは対気持ち、人ではあるけど

前向きに持っていけるのも人であり、気持ち。

 

宝塚を卒業される方が「私を支えてくださった方々に」というけれど、

それを意識するのって本当にすごいことで、おごがましいのですがブログを書く人間は

パソコンの向こうにいる「人」にとても救われていて、

支えられているんですよ。私はね。

こういうこというときれいごとだよってまた思われるかもしれないけど。

 

言葉っていろいろあるけど、選択できる。正しい言葉を選べば、

気持ちは伝わる。タカラジェンヌが「舞台は心」ってよく言ってて、

それ当然じゃん?って思ってたんだけど、今まで

私はそれをここで無視していたわってやっと気づいた。

 

私の文章を読んで、あれ、それどういうこと?って思うことや、

なかなか難儀な人やな!と思われる方もいらっしゃるかもしれない。

 

だけど、それでも私は人と付き合っていきたいし、気持ちをしっかりもって話したい。

 

ブログを始めてもうすぐ5年ですが、やっとスタートラインかもしれない。

 

あらためて、私とこのブログをよろしくお願いします。

 

そろそろ雪組も始まりますし、気を引き締めて毎日後悔のない

タカラヅカライフを過ごしていこうと思います!