TRUNK DIARY -ナナメカラタカラヅカ-

タカラヅカ見て半人生

ジャニヲタちゃんと、ヅカヲタちゃん(後輩とわたしと仕事のはなし)

「先輩、ちょっとお話いいですか」

 
(・・・ついにこの子も辞めるのか・・・なにがいけなかったんだろう)
 
「・・・私、3月なんですけど」
「うん・・・」
「・・・(ためる)・・・結構忙しくなりそうなんでそこらへん考慮して
シフトお願いしていいですか」
「・・・え!?あ、うんシフト!!うんうん!!はー、よかった!」
「よかった?」
「あ、ううんううん、何かあった?3月ね、今んとこわりと大丈夫かな」
「・・・実は推しが・・・今年デビューするかもしれな」
「わかる私も5月結構空けるけどよろしく
(食い気味)」
 
これが昨日の毎月の私が一番憂鬱な仕事シフト作りに
喝を入れてくれたNちゃん(9歳年下の筋金入りのジャニヲタ)です。
 
たぶんこれ、興味ない方は全然興味ない話なんで
軽く読み飛ばしていただいても全然いいんで、だけど(私が)
書きたくて書きたくてちょっとここの場所おお借りしますね(どっかり)。
 
ツイッターの方ではわりとちょくちょく書いてるジャニヲタの後輩ちゃん
(※わりとこじらせてて重め)との交流のストーリーです。
 
私の職場って異動も激しくて、入れ替わりも結構頻繁にあって
まあ1年一緒に働ければ奇跡的なところあるんですけどこの後輩ちゃんとは
なんと2年一緒に働いています。
(私の職場では奇跡だといわれてる)
 
で、前は嵐担→セクゾ担→ジャニーズJr.担という遍歴という
(飲み会とかで酔うとすごいヲタク話する後輩ちゃん)なんですけど、
とうとう長年応援してきたJr.のなんちゃらくんがデビューする・・・かも!?っていう
噂が界隈で流れてるらしく
 
「先輩やばいです私ほんと今年正念場です」
「今ここで頑張らないと私一生後悔すると思います」
「いろいろあると思うんですけど私頑張るのでフォローお願いします」
 
という話をちょこちょこ聞いてて
 
(ヤバい、他人事と思えない・・・)
 
って思ってて
 
「とりあえずシフトとかは全面協力するから遠慮なくいって」
 
というめでたくオタク同盟(?)が結ばれました。
(っていう話を上司にしたけど全然理解されなかった悲しい話もある)
そりゃ食い気味にちょっと厳しいけど3日間連休くださいとかもおっけーする
(したのか)
 
で、「梅芸の音響悪すぎてマジあり得ないですよね」とか、
「3階てっぺんの席どう思いますかー?(ツイッター見ながら)」って話しかけられて
「何にも見えねーよ」って返したら
「ですよねー。もうちょっと粘ってみますー」とか
いったい何を見て話してて、
返してるのかわからないんですけど
でもはたからみれば結構会話になってる会話をしている、後輩ちゃんと私。
 
ちなみにそれ関係ねえよと思われるかもしれないんですけど
私と後輩ちゃん、地元が一緒で出身高校も一緒。
 
しかも、女子高。
 
なので私の中でそりゃ2年も一緒に働くのも奇跡というか、
もう今この子にやめられると困るし(こういうヲタ話ができるという意味でも、
仕事もちゃんと真面目にする子なので)

若いからいろいろあるけど、この仕事続けてほしいなって思っているんです。
いうても9歳年上なんで思うところはいろいろです。
だけどなんでも笑って「先輩これこうなんで大丈夫ですー」とか
「これやっておきましたー」とか言ってくれる子で、ほんと良い子なんで
「ちょっとバカな話もしながらまだまだこの子と働きたいなあ」
と思える、大事な後輩なんですね。
 
で、なんの話をするかというと私がたまたま休憩所でグラフ見てたら
(そもそもなぜ見てる)
「A-EN」舞台写真見てたんですけど横でまたツイッターで検索に余念のない
後輩ちゃんがいて、
 
「え!!!!!先輩!!!!」
 
とすごい肩を揺さぶられたんですよ。
私グラフめっちゃ真剣に読むタイプで(時間忘れるから実はあんまり
職場で読みたくないけど結局我慢できなくて読む)
 
「これ!!!!これかっこいいです!!!!!!!」
 
後輩ちゃんが指さして興奮してるのは、私のグラフで
 
朝美絢があの「A-EN」の青いギラギラ衣装で笑顔の写真でした。
 
 
これ。
 
「えっ、これ・・・?」
「はい!!!この人超絶イケメンです!!!!」
「・・・DVDあるけ」
「貸してくださいーーーー!!!!!(やっぱり食い気味)」
 
っていう流れで(っていうか人って好きな話とか、同調するときとか
食い気味に返事したりしませんか・・・)(私と後輩ちゃんだけかな)
 
と、いうことで「話は聞くけどまるでタカラヅカは見る気がない後輩ちゃん」が
「朝美絢に過剰反応」で
 
ッッッッシャアアアアアアアア!!!!!!
あーさの時代キターーーーーー!!!!!!
 
とは、なりましたよね。
(私がね。)
 
考えてみると高校時代から周りにいろんなヲタクがいて、
まあパーセンテージでいえばヅカヲタは非常に数は少なかったけど
結構重めで(私含め)、ジャニヲタは濃度が濃い子からライトな子まで
(テレビは見る、程度)いろいろいたけど、
 
タカラヅカは見る気はないけどわかる」

みたいな子多かったんですよ。私の周り。
だからあんまり自分が重傷だと気づかず社会人になってしまった
みたいなところはあります。
 
ちなみに私の友人でちょっとこの子大丈夫かなと思ったエピソードは
 
「キンキのコンサートでチケット外れて、もう生で見ることはできないんだ・・・と
思ったらこの世の終わりだと思えて気づいたら新幹線で東京行って
ドームのそばで音漏れ聞いて最終で帰ってきた(で登校した)」
 
ってやつ。まあその子も東京有名私立大学行って今バリバリ働いてるけど
Facebookでは2PMの話題をシェアすることしかしない、
みたいな子なんでそれを微笑んで眺めてるだけなんですけど
 
ほんとたまに会ったりすると育児につかれてたり
「この子おしゃれだったのに・・・ユ〇クロとか馬鹿にしてたタイプなのに
疲れてるな・・・大丈夫かな(精神的に)」と思う子もいたり、そうかと思うと
「この子変わらなくて大丈夫かな・・・(精神的に)」と思う子もいます
(自分のことは棚にあげる)
 
そういう環境でずーっと女の世界で生きてきたので
タカラヅカに興味を持ってくれて、見たいといってきてくれた後輩ちゃんが
よけい可愛くて無理難題なシフト作りも頑張らなきゃ!!って思えるんですよね。
 
私自身、課題が沢山あって今年はチャレンジしたいこともあるし
貪欲にいたいとは常に思ってて、
 
きんぐの名言
 
「現状維持は退化の始まり」
 
じゃないんですけど、私もだんだん職場で責任ある立場の年齢になってきて
若い子に思うこといっぱいあるし言わなきゃいけないこともいっぱいあって、
つらいときもあるんですけどでも好きなことについてワイワイ言ったり、
共有できるいい話(オタク的に)もできる今の環境はありがたいなーと思います。
 
なので「シャアアアアアアア時代にあーさが追い付いたァァァァァ!!!!!!!」
的なところで次の日さっそく貸してその夜
 
「朝美絢さま♡」っていうウチワにどこから
入手したかわからないけど
あーさの写真ベタベタにコラして
テレビに映ってるあーさと2ショして
写メってくれた後輩ちゃん
 
がそりゃもう
 
「あんた最高だよ!!!!!!」
(高速ラインでとりあえずいいねスタンプ送り続ける)
 
っていう話なんですけど・・・これかなり自己満な記事になったな・・・
(気づきました?)
 
ってことで今日もあーさ堕ちしたジャニヲタちゃんが待つ職場に行ってきます
(って仕事なんですか)(仕事です)
 
ちなみに、私が水曜日美容院に行ったのはそろそろ春色に髪色変えたい20%、
月末ゆりか茶なので
ちゃんとしなきゃ80%です
(おまえほんと人のこととやかく
言ってる場合じゃねえよ)