TRUNK DIARY -ナナメカラタカラヅカ-

宝塚見て早半人生。まだまだ未知の世界すぎて幸せ。

それは、ただ単純に宙組ロス。

 
・・・っていう、妄想話を延々と続けたいなーと思うほどには
頭がお花畑の私です。
 
こんばんは、今日も元気に美容院に行ってヘアカラーしてもらったんですけど
やる前とあまり変わらないのでたぶん明日会社に行っても
誰も気づかないだろうなあ・・・。あくるです。むなしい。
 
最近止まらないタカラヅカロス。
タカラヅカ・・・そう!今お隣の県でやってるじゃない!!
と思うのですが仕事の休みとチケット事情がかみ合わず、
もう私はあの自分を喪失してしまうほどとまどった星逢は見れなさそうです・・・。
 
禁断の果実、シフト交換という案を同僚にも持ち掛けたのですが
(あーさの写真をわいろで送り続ける)
結局彼女も遠征のために休むらしく双方の需要と供給を満たさない、という
 
「オタク同盟」の決め事その1
「先輩後輩関係なく、無理なものは無理という。」
 
ということにのっとり、潔くあきらめようと思います。
でも見れてよかったです、中日版「星逢一夜」「GH!」は
自分の中のなにかを喪失したけれど新しいなにかを発見もしたし。
いい出会いの作品でした。
 
と、いうことで宙組のおはなしなのですが(大丈夫です、資料作り終わりました。)
今日も最強のアゲマン・くれよんちゃんと最強に重い男・まこちゃんの
妄想話が頭に浮かんでは消え、浮かんでは消え、という状態です。
 
初日見ただけなのに、ここまで
引きづるってある?
 
・・・あるんですね。これ。完全にロスだわ。
 
たとえばくれよんちゃんが「ねえねえ、まこちゃんの部屋見たーい♡」とかいって
「嫌だよ!寮だから!!2人部屋だし!!」って顔を真っ赤にして嫌がるまこちゃんに
「大丈夫大丈夫♡ちゃんと挨拶するから♡ごはんも作る♡」って言ってスーパーの袋持って
お部屋訪問するくれよんちゃんなんだけど、
 
「おじゃましまーす♡あっ、ちゃんと片付いてるじゃなーい!
綺麗な部屋~~~!!キャー、二段ベッドなつかしー!!
私も小さいころ弟と二段ベッドだったぁー!この高さ、いいわよね♪
ねえねえ上がっていい!?」
 
「あ、ちょ、ちょっと!!」
 
「やっぱりいい眺めー♡あら?ところで今日ルームメイトの方は?」
 
「やっ・・・夜勤だよ!!!(嘘)」
 
「あら、残念・・・ごはん作ろうと思ったのにー!
じゃあふたりで作りましょうよ、絶対おいしいわよ♡
 
・・・田舎のお母さんが言ってたな、ひとりよりふたりのほうが食事はおいしいのよって・・・
そうやって家族って作っていくのよ、って・・・うちの両親、ケンカばっかだったけど・・・」
 
「・・・」
 
「・・・いけない、しんみりしちゃった!
今日スーパー行ったらねー、ミンチがおいしそうだったの!
まこちゃんの好きなケチャップ味のハンバーグ作るね♡ボールってある?フライパンは?」
 
「・・・えよ」
 
「え?」
 
「~~~っっお前がひとりになるときは、もうねえよ!俺がいるんだから!!」
 
「・・・ま、まこちゃん・・・ありがと!
 
・・・やだなあ、久々にお母さんに電話でもしようかなー!
ステキな人見つけたのよー!って!!自慢しちゃおうかな!
 
・・・まこちゃん・・・・優しいのね。」
 
「・・・や、優しくなんかねえし・・・!な、泣くなよ!!」
 
「・・・泣いてないもん!!玉ねぎがしみたの!!!
ハンバーグ、多く作れるから・・・明日のお弁当も作るから」
 
「・・・おう」
 
「・・・はりきっちゃおうかな!!!」
 
「~~~!!!!仕事してると腹減るからはりきって・・・く、くれよ・・・
うまいから、お前の飯(小声」
 
「・・・まこちゃあああああああん!!!!!」
 
「ハンバーグまみれの手で抱きつくなーーーーー!!!」
 
 
・・・っていう一連のくだらない一昔前のドラマのギャグシーンみたいな茶番してほしい。
定番すぎるエピソードを盛り込むのがポイントです。(ex.玉ねぎが目にしみる)
(で、無駄に長い。)
 
これでハートのケチャップで飾られたハンバーグ弁当を
会社で堂々と食べてしまう年齢=彼女いない歴のまこちゃんは
給湯室で交通課の女子にパリ旅行まで
「近藤さん顔はいいけど付き合いたくない。すぐ結婚せまられそう」
とかディスられていたのに
「どうやら美人の彼女ができたらしい」「なんかすべてのセンスよくなった」
「笑顔が優しくなった」「乱暴な言葉いわなくなった」
スマホ見てる目が優しい」「ごはんおいしそうに食べるのめっちゃ好感度高い」
 
「っていうか?」
「前から顔はよかったけどなんていうか!!???」
 
「今の近藤さん、ありだわ」
「イケる」
「推せる」
「タイプかも」
「近藤さんとならパトカー巡回悪くない」
「っていうかドライブよ?」
「はー!!近藤さんの運転かー!!!惚れちゃう♡」
「待って、隣に座るの私だから」
 
・・・っていう男検定に厳しい交通課の女子までも※妄想です
 
「今うちの署でマジ推せる男、近藤誠」
 
みたいにならせるくれよんちゃんっていいなあ。
いい女は周りも変えるんだよなあ。
だんだん近藤さんを変えるくれよんちゃん。
 
・・・こ、この「王妃の館」って、
 
ヒューマンラブストーリーでもあったのか!!!!!
 
(ここまでくるともうほっといたほうがいいよね。)
(もうなんか、バカがばれる文章すぎて読んでてすごく疲れる産物に・・・)
(すみません)
 
ということで満足したので、寝ます。
 
こういうふうに、人間は追い詰められると結構頑張れる。
明日も頑張ろう。
 
っていうか、
 
本当に水曜休みって意味ないわ。(いいかげんにしろよ)