TRUNK DIARY -ナナメカラタカラヅカ-

宝塚見て早半人生。まだまだ未知の世界すぎて幸せ。

MENU

星組トップ就任おめでとうございます!紅ゆずると、綺咲愛里の世界。

星組が、ついに、持ち手カードのスペードのエースを、切った!!!

 

紅氏、あーちゃんトップ就任おめでとうございます!!!!

 

と、いうことでこの世間とは一歩ずれたこのタイミング。

みなさんお久しぶりです。あくるです。

この微妙なズレが私のタイミングの悪さを表しているかのよう。

 

と、いうほど私の中でタイミングが悪い話でもない。

ついさっき、生まれて始めて伝説の新公「スカピン」主演・紅ゆずるを

見たわけで。

このタイミングで見て、遅いとは思いますがやっと

 

「紅氏トップ就任おめでとう!!!!!」

 

モードに入ることができました。

 

いや、疑っていたわけじゃない。

これで紅氏じゃなかったら誰がなるんだといわれたら誰も思い浮かばない。

北翔さんの次は紅氏・・・

 

順当と書いて平和と呼ぶくらいの嵐を呼ばない采配。

 

そして、紅氏ファンの方々おめでとうございます。

このときほど、信じて応援してきてよかった、つらかった時期もあったけど

ようやく笑える時が来たというものだと思います。

 

新公スカピンで感じたこと。それは、「紅ゆずるは紅ゆずる」で

あるということ。

 

誰も代わりはいないし、誰も真似をすることのできない唯一無二な人。

 

何処を斬っても紅ゆずるであり、どこまで飛んでも紅ゆずる。

 

それはとんでもない個性で、とんでもない武器だと思います。

ボーダーラインは、紅ゆずる。ハードルは、紅ゆずる。

かっこいいなぁ。揺らぎないスペードのエースです。

 

いい意味で紅ゆずるを裏切らず、答えを出してきた結果のトップ就任。

紅氏のプレッシャーといったらそれはもうすごいものだったと思います。

 

なって当然、ならないとおかしい。

 

そういう雰囲気の中舞台に立ち続け、ピンチをチャンスに変えてきた。

珍しいタイプのタカラジェンヌであり、正統派はなかなか回ってこない。

個性的な役が続く中、必死にもがいてそして心のお芝居をして、

つかむのに時間がかかったり休息が必要だったり。

 

それでも前を向いてあきらめず、突っ走ってきた。

周りを振り返る暇などなく、柚希さんを見送り、北翔さんを見送る

星組生え抜きの、存在が希有なスターであること、それは間違いないと思います。

 

いろんな思いを経験してきた。

いろんなつらい思いをしてきた。

いろんなことをハードル跳びのようにジャンプし続けて、

つかんだ星。それが星組の一番星だったのですね。

 

紅氏は、優しいトップスターになれると思う。

性格とか、そういうものではなくすべてを寛容に許せる大きな心の持ち主に。

人に優しく、自分に厳しく。けれど楽しい組。

 

星組トップスターは、星組トップスターでならなければならない。

それが紅ゆずるで、何がおかしいのだろうか。

 

私は今からわくわくしています。

紅氏が作る星組と、その星組を見ることに。

 

あーちゃんは最初は女子から反感を買うタイプの女の子だなぁと

思っていたのだけど(苦笑)どんどん可愛くなってどんどん魅力的に

なって、風ちゃんとはまた違う毛色の持ち主。

 

なにより「女の子の中の女の子」が超得意なイメージがあります。

 

庶民より、お姫様。

誰よりも「女子力」に長けていて男役を引き立たせ、なおかつ

自分も光り輝くことを忘れない。発光能力もある。

 

世紀の宝塚衣装さんの味方!!!

THE・娘役衣装がとことん似合って着こなすスキル。

それでいて下品にならず、一定のラインを保つ。

 

ふたりのハードルが同じ位置にあるから、同じように飛べる。

ふたりの目指す場所がはるか遠くでも、そこに向かって走れる力がある。

 

きっと!見たことない世界が!広がっているはずだ!!!