TRUNK DIARY -ナナメカラタカラヅカ-

宝塚見て早半人生。まだまだ未知の世界すぎて幸せ。

七海さんもモバタカ見てるはず、そしてラインを通知OFFにされるくらい送っているはず。あの方に。

動揺のあまりコーヒーをぶちまけ休憩室の注目の人になり
それでも私はiPhoneだけはコーヒーから守った。

(だってこれがないと雪組ポスターを拝む手段と
同志と連絡をとるツールがなくなるから)

と、いうわけで朝から「よし、今日は宙バウ突撃レポート時系列で
りくを追うぞ!!!」という決意のもと、仕事に向かったんですよ。
ニュースでそれはそれはいいハロルドりくが撮れていたので。
スカステ様、最高のハロルドりくをありがとう。

そして最低のセリフを吐くずんちゃんを流したのは恨みます・・・(小声)


で、お昼になりその瞬間はやってきた。

いつものコーヒーにいつものパンで何気なくツイッターを開いてみると
これが。

ポスター

(あえて公式のまま貼り付けてみました。)


いやいやいや・・・

マンガだろう!!!???

いや、マンガだといってくれ。そうしたら全部あきらめがつく。

この人たちを人間と思う心のキャパは私にはない。

だって今までなんだってそうやってあきらめてきたのだから・・・
(マンガのキャラクターを好きになる→実在しない→あきらめる、のパターンの繰り返し)
(そんな思春期)(←寂しすぎるなおい)

っていうか・・・

蒼紫さま!!!!!!!


ついにきたか・・・95期を「様」付けする日が・・・。(結局トップバッター月城かなと)
一番下級生のくせに、このポスターの影の支配者になりよった

四之森蒼紫 月城かなと

キラッキラに輝くその文字。
我々の心を一番理解しているジェンヌであろう七海ひろきさんがかなとくんに寄っていって
下級生なのに

「蒼紫さま!!!スチールにサインください!!!!!」

とかねだってる図だけは受信できた。

下級生に「様」付けしてサインをお願いできるタカラジェンヌはいまのところ
七海さんしか知らない。
そしてそれを得意のハの字眉毛で困惑しているれいこ様もちょっと面白い。
(今ナチュラルに「様」付けしたよね、あくるさん)
(ああ、もうめっちゃ困ってるれいこすごくいいよね)←なに萌えなの

それで望海さんはオリジナルキャラクターということで。
役名がかの有名な珍作「誠の群像」(ただし再演希望とかジェンヌさんもなぜか好きな人が多いし、
私も嫌いじゃないっていうかむしろ好き、あのプロローグだけで爆笑できる素晴らしい作品)の
あの役を彷彿とさせる役名で一瞬ぎょっとなったけど

原作者和月先生の「剣心の恋敵」の言葉にちょっと安堵する、
そんな普通の望海風斗ファンです。

(ただし小池さんなので初日まで安心はできない。)
(むしろ初日明けてからも安心できない)

でもまあ、その不安さえかき消すこのポスター。
小池先生、お願いします。


フィナーレにヒップホップはなしで!!!!!

(蒼紫さまや斎藤一がヒップホップだけは見たくない・・・)

でもまあ小池さんのことなので一幕ラストはすっごい盛り上がりを見せて
幕間あまりの感情の高ぶりに泣きだすファンとかもいてみんな情緒不安定な中
立ち見観劇しているサイトーヨシマサあたりを受信できたらいいな、とか思っている次第です。
小柳先生とか生田先生とか、小池チルドレン大集合だったらヅカヲタ幕間も休憩にならない。

そして、初日観劇する七海ひろきさんなどが客席に現れたら

「これ、マンガ原作だったよwwwwwww」

ってなるんだろうな・・・。

・・・どうか、雪組ターンの時星組さんがお休みでありますよう。
(と、気になって調べてみたら雪組の次が星組さんである。と、いうことはお稽古中・・・?)

ちょ、七海さんテンションぶちあがって制作発表中の望海さんにものすごいヲタク目線の
ラインし始めて紅氏に

紅「ひろくん、二幕始まるでー」
七海「待って!!!このセリフ絶対重要だからっていう解説を今だいもんにしてます!!!!」
紅「・・・小池センセの怖さ知ってるやろ?鬼やで。そんなんひろくん言わずとも鬼がやるんやから」
七海「あ、小池先生にもラインを」
紅「だーかーらー!!!!にーまーくー!!!!」
壱城「さゆみさんええから行ってください後からあたしちゃんと言っておくんで」


そしてしーらんから怒りの鉄拳を食らう七海さん予科時代リターンズ)。


・・・なぜこの話に七海さんに出てもらったかというと、
我々の需要を一番把握し、理解し、他組の話なのに誰よりも熱く語り、
望海さんのことを心から心配してくれる
(萌えながら)

そんな七海さんに会いたくなったからです。
客席からかいちゃんと望海さんを見る日が来ることを切に願っております。

あと、蒼紫さまを。(←・・・。)

・・・私は最近自分がどの立ち位置が正解なのか、ようわからん。

そんな小池作品でオリキャラ立場に立たされることを夢にも思わなかった望海ファン(私)
逃げるところは、七海さんでした。

望海さんがヒップホップはないと思いますがキラッキラの王子様ルックで
銀橋を歌いながら渡ることは決定事項として心にとどめておきたいと思います。

(小池さんのフィナーレ安定の二番手ポジ)
(キラキラ王子様ルックでせり上がり主題歌宝塚仕様の銀橋渡り)

七海ひろきさんはモバタカ会員のジェンヌである
(自分の籍を置く会社のサービス(有料)をプライベートに活用している)
ドリーム筆頭です。

頭はいいわ顔かっこいいわオタクなのにタカラジェンヌだし同期89期だし
望海さんと同期以上のつながり持ってるしせおとマブダチだししーらんに怒られるし
ちぎさんに快く対談OKされるし文章上手いし・・・


・・・もうなんだか、生まれ変わったら
かいちゃんになりたくなってきた。

(重症)