TRUNK DIARY -ナナメカラタカラヅカ-

宝塚見て早半人生。まだまだ未知の世界すぎて幸せ。

蒼羽りくが、好きだ。(「相続人の肖像」感想のつもり)

いやー、震えましたね、ハロルドりくに。

と、いうことで宙組バウ「相続人の肖像」見てきました。

ヨーロッパの貴族話大好きな私は前作の田渕くん&宙若手の「サンクチュアリ」も
どハマり作品だったのですが(というもののこれも賛同は得難い……)
これもなかなかのジワジワ系です。

きっと千秋楽あたりはすごく良くなっているんだろうなぁ。1回しか見れないのが残念です。
これは回数見てなんぼの作品だと…回数見るのがもうつらいねーん!という方も中にはいらっしゃるだろうけども…(小声)。
でも、田渕くんの溢れんばかりのかなこ(春瀬央季)への愛はめっちゃ伝わってきます(笑)。

田渕くんかなこのこと大好きなんだね。めっちゃ伝わってきたよ…。

田渕くん、しかし今回の君の仕事はかなこへの愛を表現することではなく、

真ん中のずんちゃんをいかにかっこよく見せるかであろう!


というツッコミはさせていただく。
正直、脚本上のずんちゃん今回の主演桜木みなと演じるチャーリーはものっすごいひどい。
それ、人間としてどうなの?という行動である。
タカラヅカの男役として、の前に人間として。

あまりに人を傷つけすぎていないかい。なぁ、田渕くんよ。

と、いうことなのでチャーリーには全く共感もできないし入り込むこともできず、

幕間はまだいいものの全部見終わった後正直モヤッと感が残る。

結構モヤる。

いや、かなりモヤる。

しかし、ここでそれがずんちゃんのせいかと言われると違うのである。
ずんちゃんは全く悪くない、田渕くんのワガママを全部ぶち込んだチャーリーをあそこまで魅了的には演じられる力は

「さすが桜木みなと!!95期の実力派!!」ものです。


伸びる歌声、ふわっとバウホールを温めるように包み込む包容力…
「この若手がすごい!100選」には漏れなくエントリーできる人物である。
1幕最後、客席から伸びやかな歌声で緩めたタイに疲れたように気だるく歌うずんちゃんは超かっこよかったよ。
これからずんちゃんのキャッチフレーズは「包容力の桜木みなと」でいきたい。
なにもひねりもないけど、それが1番ふさわしい。

ただそのずんちゃんの包容力を邪魔しているのが、チャーリーという人間の性格…というか、

「田渕ずんちゃんに謝れ案件」。

たいがい全般ヒドい男のチャーリー。散々周りを傷つけまくり振り回し、最後は可愛い可愛い俺の女の子とデレて終わり…
チャーリーおーの
ーれー!!!となる。(凪七さん風)

「ベアトリスとハロルドに謝れ!!」というか。

何度も言うけどこれはずんちゃんのせいではなくあまりにチャーリーへの書き込みの少ない田渕くんのダメ出しである。
ルパート(何度も言うけど、春瀬央季くん)にあれだけのシーンを作るなら、

その分チャーリーのええとこを、
私たちにもわかるようにめっちゃわかりやすくチャーリーがどこでイザベルに
惚れたかが、イザベルがチャーリーのどこに惹かれたかわかるエピソードを作ってくれると嬉しい。

いきなりチャーリーがイザベルにブチギれ
「僕を惑わすのはやめてくれ!」と言い放った瞬間、

(ど、どこでイザベルがあんたに惑わす言葉とか
言ったり態度をとったっけ…?)

となった、客席。
私は一瞬、チャーリーかなり妄想癖がヒドいのかと思ったよ。

イザベルなんにも言ってないしそんな態度もとってないよ…?

ある意味、ものすごく客席一体となった瞬間だった。
チャーリーが最後なんとか幸せになるのはずんちゃんの演技力と包容力だと割と本気で思っている。
チャーリーがずんちゃんだったからイザベルまどかちゃんはハロルドりくに一瞬でもなびかなかったのではないかな…
あれ、なんだか役名ではなく芸名で言う方が説得力があるのは何故だろう。

ずんちゃん←♡→まどかちゃん←♡←りく

これならなんとなく、わかる。いや、そんな話はどうでもいい。
私が今回惚れた男は誰なんだ。

本気でりくだよ。(しれっと)
【全力で唱えたい、ハロルドりく萌え】

間違いなく、りくの代表作になるであろうこの「相続人の肖像」。
りくがなんらかの形で「蒼羽りくってどういう子?」という質問が来たら、私はこれを見せたい。

例え「これりくじゃねーよwww」と言われても
「いや、これはりくドリームの氷山の一角」と真剣に言いたい。

そう、ハロルドはりくドリームの塊である。
「蒼羽りくってこういう人物だったらいいなー」という私の願望である。

あんなシリアスな場面でも空気が読めず、超ポジティブシンキングな答えを言えるりく。
お姉ちゃんに超優しくて軽く、いや重くシスコンなのだけどそれが別に嫌じゃないりく。
私は女兄弟だから思うのかもしれないかもと思うけど、本気でりくみたいな弟が欲しいと全編通して思ったし
こういう風に人生を考えられたらめっちゃ楽しいな!!とも思えるのもハロルドりく。

この物語はハロルドりくで救われた。


よく私もネタにするし

「りくってwww」
「すみれ、まだ愛ちゃんさんに怒られるよwww」
「りくのくせに!」

というか表現を度々するが今回のハロルドは、マジ。
りくが本気を出すなら私も本気でいく。

正直、イザベルはなぜ一度もハロルドと目を合わせないのかとてもハロルドが可哀想に思えるこの不思議。
ハロルドはりくドリームのりくのいいところがぎゅっと詰まった田渕くんの最高のアテ書きであると信じたい。
りくはハロルドをやるためにシトラスに行かなかったと思いたい
(全力で現実逃避)。

思わず出待ちでりく会の後ろでギャラリーをし、会員さんに話すりくをちょっと垣間見ただけでテンションが上がり
「りく!!りくめっちゃいい子!!!本気でいい子!!!」
と某氏に詰め寄ったほどだ。
ハロルド、本気で

いい感じに空気読めてなくて
いい感じにピント外れで
めっちゃくちゃいい子でお姉ちゃん全力で守るし全力でイザベルにアタックして
音が出るほどさくっと振られるけど
人でなしチャーリーに真剣に向き合う姿勢はパーフェクト。

あくるさん、ハロルドに夢持ちすぎ、りくに夢持ちすぎといわれてもいい。

私はハロルドが好きでりくが好きである。

あーあ、ついに認めたよ。かれこれ何年かかったか、この宣言をするのに賭けた年月めっちゃ長かった。
おめでとう、あくるさん、ありがとうございます。ちょっと楽になりました。
(なにかの精神的トレーニングのひとつだったのかな・・・)

・・・なにがいいたいかというと、どうしようもない男チャーリーをかなりずんちゃんの好演により土台を作り
りくハロルドが木花を植え、いい感じに宙組若手が水をやり結局

田渕くんのかなこドリームの強さを知る。

そんな「相続人の肖像」。
私はオシャレな音楽が好きです。←それをふくらませて言えばもっといい感想が書けたのでは・・・?

感想というより告白大会だな、これ。結局、なにこの記事。
りくが好きです、って記事。

しかし嫌いじゃないんだよなあ、この田渕くんの雰囲気芝居。
何が残ったっていわれると何にも残らないのかもしれないけれど、
雰囲気というか漂う空気は好き。見に行ってよかったです。

「姉さん、踊ろっ♪」は名セリフです。