TRUNK DIARY -ナナメカラタカラヅカ-

宝塚見て早半人生。まだまだ未知の世界すぎて幸せ。

「七海さん、予算相当オーバーしてますよ。」(スカステスタッフ怒りのテロップ)

週1更新ならまだしも、月2更新になろうとしているこのブログ。
本当に申し訳ございません「あ、生きてた?」生きていました、あくるです。

最近目下の楽しみは「はばたけ!すみれんずagain」②北関東編です
(神/美弥るりか・オタク/七海ひろき・ねばーるくんというトリプルコンボ)
(ステーションコールから胸をときめかせております)

さて、ここのところの宝塚雑談。恒例となっておりますが
全く時と場所を選んでいないあくるさんの「いいたいことを言ってスッキリするブログ」
楽しめる方、許してくださる方だけどうぞゆっくりしていってください。


**************************


「キャトルトーク」紅ゆずる・七海ひろき編。

このニュース内のコーナーで最大のおかしいところは普通「視聴者プレゼント」となるところなのに
ちゃっかり「キャトル宝塚店で(定価で)お買い求めください★」だと
思うんですよね・・・普通「3セットプレゼントしまーす!」だろうというところを、

「キャトルレーヴ宝塚店でお待ちしておりまーす!」
(紅氏は約3000円、七海さんのは4000円だよ☆)

・・・どこまでケチやねん!!!!

搾り取るだけ搾り取ってまだまだ搾り取る気かい!!!
ああ・・・完全に心理戦になっている・・・。
しかも七海さん

「キャトルの存在最初知らなかったんですぅ^^」とか嘘だろ!?
最初キャトルの存在知らなかった人がアルバム作るほど、そしてキタさんに
あげれるほど天海さんの舞台写真持ってる!?
(参考資料:タカラヅカグラフ「グラフの玉手箱」より)
(何月号かはめんどくさくて調べてないけど(おい)、
「ヅカトーーク」宙組編で

七海さんの個人的なタカラヅカアルバムから
天海さんの写真を欲しがるキタさんにプレゼントする七海ひろき(※オタク)」


とかいうエピソードがある)

・・・それとも必殺「栄屋」か?

(必殺「栄屋」…今は無き伝説の宝塚グッズのお店(ムラ)。
過去の舞台写真が○ンとは比べ物にならないほど売っていた。
そこで軽く2時間はつぶせた、ファンにはありがたいお店。
あくるさんは過去そこで白羽ゆりスチールコンプを達成したステキなお店だったのに、
ある日ムラに行ったらなくなっていた…ショックである)
(書籍類も大変充実しており一時観劇より栄屋に行くことのほうが
楽しみだったころがある←本末転倒

七海ひろきin栄屋。

…あの薄暗い狭い店内で舞台写真品定めしている学生の七海さんを容易に想像できる。
ちなみにオリジナルグッズとして鏡とか缶バッチとかも売ってたよ。

…話を戻すと、ツイッターの方でもちょっとツイートしたのですが

七海さんについにスカステスタッフから怒りの鉄拳(テロップ)入りました。




予算3000円だっつってんのに1000円近くオーバーする、七海さん。

「あれ、ちょっと予算すぎちゃったね」

程度で何にも反省しない七海さんが七海さんすぎて朝から

「七海廊下立ってろ!!!」

案件でした。最近、毎回七海さん関連は全部時系列で描きたくなるほどには、

七海さんは「ネタの宝箱」です。

どうしてそんなに面白い行動・言動ができるの、七海ひろき・・・。
ほんといつもありがとうね・・・(※ネタ提供)

しかし、スカステスタッフにテロップで怒りの鉄拳入れられるジェンヌさん
後にも先にも七海ひろきだけなんじゃないかと思うわ。
紅氏が「予算3000円で~・・・」と言っている隣で一緒にお買い物した
ゆあちゃんと「あは★予算超えちゃったね★」と軽いアイコンタクトとってた
七海さんはそろそろ生徒指導室に行ってもらおうか。(廊下じゃ罰にならない範囲)

ちなみに、七海チームのテーマは「宝塚に行ったことがない友達へのおみやげ」。

「慶次」の時の前田家紋があしらわれた飴は喜ばれたなぁ。
カモフラージュに使っただけだけど(※有休使ってムラ行ったと言えなくて
涼しい顔して「京都に旅行に行ってきましてね~?」とばらまいた)

そしてハンラティのポスカが出ていることを知らなかった俺。
つくづく、私はかいちゃんの何が好きって顔が好きだなぁと思った瞬間でした。

だから、既出の神とオタクのすみれんずagainは個人的に大変目に優しい奇跡なんですよね。
(生まれ変わったらなりたい顔が美弥るりかで、好きな顔は七海ひろき。双璧。)

でも、ハンラティのポスカもらっても宝塚知らないと

「誰このオッサン?」

となりそうなので、ポートレートポスカ(イケメン)もセットでプレゼントする、という
ゆあちゃんの頭のよさに膝ポンポン打ったよね。

ゆあちゃん、全面的にほあ~っとしてる七海さんに笑いながら
ちゃんとテレビ考えているところに好感が持てます
(七海さん代表して89期はあまりテレビを考えていないイメージ)(そこが沼)

・・・あれ?なんか雑談とかいいながら七海ひろきトークになってるぞ。
いつものことです(いい笑顔)


**************************


ちゃぴ先輩のMP稽古場風景。

今回も小柳女史、いい仕事しています。

あのちゃぴ先輩に「アイドルメドレー」歌わせるところが。

私、AKBとかハロプロとか全然知らないんですけど
フライングゲット」くらいはわかるしそれで生き生きと歌い踊る
ちゃぴ先輩見てとてもときめきましたね。

ちゃぴ先輩の話を聞く限り

「小柳女史の趣味で選んだ選曲」

っぽいのがまたね・・・小柳女史やりたい放題というか、
「俺の夢はお前たちの夢」感たまらないよね・・・。

私が想像するに小柳女史の世界観がわかって、それを体現化できるジェンヌさんと
そうでないジェンヌさんという二つの種類に分別されることが
だんだんわかってきました。

「俺自身がオタクだからお前らの
(ヅカヲタの)急所知ってからな!!!」

感がひどい。

個人的に小柳女史は「万人受け(ヅカヲタ受け)する作品を作るオタク」で、
サイトー君は「一部が超盛り上がる演出をするオタク」で、
イクタは「一見万人受けするオタクっぽいけどかなりこじらせているオタク」

です。ってことはイクタが一番やっかいだな★
あの人まず人とのコミュニケーションが必要なヲタクだからな・・・
たぶん演出家になってなかったら完全社会人不適合者っぽい。(言いすぎです)

ちなみにヤングプラスでほぼレギュラーなサイトー君の
ファッションチェックが個人的な楽しみである。
ショッキングピンクの「マドンナ」ロゴのTシャツ見た瞬間
深夜なのに拍手しながら爆笑したのは私です。
(そしてラインでヅカ友にそのサイトー画像を送り大ひんしゅくを買ったのも私です)

なんでやねん、なんで
ショッキングピンクに「マドンナ」やねん。

それにしても若手ジェンヌさん、サイトー君のこと好きすぎるよね。

それだけ愛されているってことか・・・ヤングプラスの登板率すごい。
サイトー君はほんと愛をもって生徒を見ているんだろうな。

稽古場で「ビクトリー!!!!」って叫んじゃうんだもんな。

関係ないですけど、サイトー君の毎回のジェルたっぷりで濡れ髪感演出してる
髪型に私の神の高嶺ふぶき様ちょっと思い出しちゃうのは秘密にしてくれよな。
ゆき様も毎回ギラギラ光る黒髪のポマード髪型でした・・・

好きです。(ゆき様が)。

あれ、今日二項目しか雑談してないのにこんなに長く・・・。
まったく、そんなに語りたいならマメに更新しろよ!!感凄い。


最後に。


我らが雪組トップスター
早霧せいなさん
お誕生日おめでとうございます!!!!


そうなんだよ・・・今日更新したのはこれが言いたかっただけなんだよ・・・。
(前置き長すぎ)