TRUNK DIARY -ナナメカラタカラヅカ-

宝塚見て早半人生。まだまだ未知の世界すぎて幸せ。

ハードな今日のニュースを振り返ると、学生時代を思い出す仕組み。あの頃僕たちはアホだった。

A-EN学園、恐るべし。


だいたい思春期の大半を女子と共に過ごしマンガとジャニーズとタカラヅカ

明け暮れその話が分かる子としかつるまず過ごすと、


こういう大人になるわけですよね(=私のことです。)


と、いうわけであくるです。今日も元気に妄想と妄想と妄想、あと妄想で

生活をしています(仕事しろ)。


と、いうことで何気なしに再生した朝のタカニュでまさか萌え死にそうになるとは思わず、

あーさ、あ、朝美絢さんのことですけど(それいらない)(みんな知ってる)あーさの


「「学園1の美形青年」というマンガでしかいないと思っていた人物が

この世に存在することの尊さと驚き」


月組美弥るりか門下の正式な跡取り息子」


「大劇場のようなでっかい男になるという宣言通りの真ん中スターっぷり」


というドキモを抜かれた顔と存在感と「有言実行」の4文字、


「俺だけが知ってる お前の魅力 教えてやろうか」


(ピンスポあーさ)「・・・全部だよ」


からの、月組イケメン軍団による


「秘密授業は無期限延長」


「今夜はお前を離さない」


ど、ど、どうした野口君!!!!?????


・・・ってなりますよね。

これはなんなんだ、いったい今バウで何が起きているんだ。


もう一度言います。


思春期の大半を女子としか会話せず話す異性といえば古典の隆(59)

マンガのイケメン相手役を王子様とし集める写真は舞台写真、見る雑誌はMyojoかグラフ

という生活をご飯を食べるように過ごしていれば


こんな人間になるのも簡単なことなんですよ(=私です)。


ちなみにアメリカンハイスクールものが大好きでその手のドラマはほぼ制覇、

プロムに憧れ同じような趣味の友人とともに「ハイスクールミュージカル」映画版を

アホみたいに映画館で5回見たときは私もさすがに


「このままの人生でいいのだろうか・・・」


と一瞬不安になりましたけどね。一瞬だったけど。


話を元に戻そう。


もともと好きなんですよね、マイフェアレディみたいな話が。


ダッサイ女の子が超イケメンと付き合うことによりなんだかめっちゃかわいくなっていって

イケメンもその女の子のことだんだん好きになっちゃって

プロムの相手はお前しかいない・・・!!みたいな心境になり結果

イケメンがお前が好きだ!みたいな話が(※身もふたもない)


なのであーさみたいな美弥るりか屋号の生体音のしない壁ドンしたり

ウインクしたり「メガネをはずしたら可愛くなるのに」とかそれが紫乃小雪ちゃんみたいな

小さくてかわいい女の子に向かって甘い言葉囁いたりしたらもう

それでめでたしめでたしなわけですよ。


私の中ではな。


「メガネをはずしたら案外可愛い お前を知るのは俺だけ」


とかバラード調であーさに歌われたりしたらどんなに全力で萌えセリフを書く作家も

敵わない。


朝美絢に敵なし。


さすが美弥るりかが育て上げた95期気鋭の美形男役だよね・・・。

(どうしても「美弥るりか=朝美絢の育ての親」説を崩したくない女)


こういうの絶対くだらないとか宝塚でやるものじゃないとか言われそうなんだけど、

それをやっちゃうのが野口君。というのがわかっただけでも収穫です。


私は野口幸作に「第二の齋藤吉正」の名を与えたい。


初日15分映像で「やべwwwwサイトーくんと同じにおいがするwwww」となる、

セリフと衣装と演出、な。


朝美絢に紫の軍服着せるところで勝敗は見えたな。




ところでまた話は戻りますが(どこまで)

私は「この主人公になりたい!」というヒロインへの憧れが強いわけではなく

「ハイスクールミュージカル」でもザック・エフロンの恋人になりたいと思ったことは

一度もなく、その逆の


みんなに美人美人とちやほやされ、君が学園一の美女とうたわれ

超セレブでリムジンで登下校して歩く道にはピンクの毛皮のカーペットが

ひかれて小脇にはいつもチワワを抱いている女王様の子、



取り巻きクラスでいいんです。


それがあれだったらアーサーを取り巻く「キャーッ、アーサー様ー!!!!」って

ハートを朝から飛ばすようなちょっと頭からっぽ系の女の子がいいです。


ヴァイオラとアーサー様が一緒に登下校!?超ムカつく~!!!!」

「あの超イケてないヴァイオラがプロムクイーン!?はん、私たちをバカにしてるの!?」

「アーサー様ぁ、目を覚ましてぇ~!!!!」


とか小さいコマでテキトーに作者に書かれたり「:その他大勢」とくくられる存在でいいです。


そんな感じで過去の思い出を引き出しに戻しながら

マギーさんのDS映像でいい感じにアルコールを抽出できました。



ましゃの「ギャング★★」と「アリスの恋人」の「ナイトメア」を歌うマギーさんで

私の今日は終わります。



・・・なんだかあの頃の青春をバーッッとスクリーンで見せられて

久々にジャニヲタの友人に連絡を取りたくなった月組さん映像でした。


そしてオマケのように私にとって宝物のような望海風斗貧ちゃん映像を

あれだけ立て続けに見せてくる今日のニュースすごすぎる。



緩急が激しすぎてなんかいろいろついていけない。


100メートル×5本そのあとシャトルランのちの5000メートル持久走って感じだった・・・。

(※死んでしまいます)