TRUNK DIARY -ナナメカラタカラヅカ-

宝塚見て早半人生。まだまだ未知の世界すぎて幸せ。

ちなみに軍曹は、仙名彩世だと思う。沼94。

サービス業のGWは、地獄絵図である。何年もこの地獄絵図を体験してきて、

毎年「もー!!死ぬー!!!」となりつつ生きている不思議。


お疲れ様です、世のサービス業の仲間よ。あくるです。


しかしよく考えてみよう、タカラジェンヌもサービス業である。


・・・仲間だ!!!!!


と、いうことでちょっと元気になりました。

早霧さんの一風変わった挨拶にえ?となる、みつるさんの図が早く見たいです。

そしてもう慣れっこになって涼しい顔をしている雪組組子にも会いたいです。


・・・行けないんだけどな!!!!!(号泣)



そんな号泣しているあくるさんは、94の魅力、いや、

「こいつら(94)にハマると本当にヤバいんだぜ」という警告を

どうしたら伝わるのかを必死に考えていた(あんた、本当に仕事してんのか?)


考えた結果が、こ・れ・だ(古すぎてこの紹介の仕方の番組の名前さえ思いだせない・・・)


わかりにくいのか、わかりやすいのか全く持ってわからないが

自衛隊の階級で番付してみよう!



・・・お願いだ、あくるさんそんなに自分の首を絞めないでくれ。



(脳の叫び)


しかし有川浩を愛読しているとこれもまたわくわくしてくるというオタク気質。

許してくれ、この紹介の仕方にやっかいな香りしか漂ってこない結果になりそうだが

苦情は私に多大な影響を与えている有川浩に頼む。←お前いいかげんにしろよ


前置き長いのはデフォなのですけれども、いいかげん本題に入ろう。

じゃないとベロベロに酔っぱらった妹が帰ってくるぞ!(悪寒)(さっき連絡が入った)



~94期の自衛隊番付・独断と偏見でやってみたヨ!~



大将・月組 珠城りょう


誰にも文句を言わせない94の稼ぎ頭。珠城りょう、この人こそ

「沼」であることが多い。むしろ、珠城りょうという名の沼。ようこそ蒲郡


先代偉大なる霧矢大夢の忘れ形見、バイクを運転する姿は

往年の日活映画を思い出させる実力派。後輩に「たまさま」と呼ばれる

(何かと忘れられない名言を残す月95・朝美絢が発言)


珠城くんは・・・いや、たまさまはね、なんだろうな、存在が昭和なんだよね!

これすごくいい意味で!!ベルばらが生まれたのも昭和だよ。

ちなみに数々の生徒のタカラヅカ入りの背中を押したキッカケである天海祐希さんも

昭和に宝塚に入ったのだよ、高度成長期も昭和であり、三種の神器

開発されたのも昭和・・・あれ、おかしいな、涙が出てきたよ!


そんな古き良き宝塚をたまさまは体現してくれるのである。


静かに冷静な男が怖いほど似合う、たまさま。

誰もが「わかばは本当にかわいいねえ~~~」の同期娘役早乙女わかばの力にも惹かれず、

一心に仕事をこなす、それは高度成長期のサラリーマンのようだよ。


尊いわ、珠城りょう。私はNW月の頃からずっと「閣下」呼びだよ!!

(たまみゆのシーンで珠城りょうは「りょうくん」→「閣下」に進化した)


珠城りょう、器の大きな男である。そして、抜群の「男役センス」。

横の女の子を誰でも「俺の彼女」にしてしまうその力。

恋愛もできる94きっての沼は、キャリアと実力、そして古き良き昭和の男として

月組に君臨する。よって、あんたが大将。



中将・雪組 久城あす



何を隠そう私のPCは「くじょう」を一発で「久城」と変換する賢いNECである。

(それは賢いのか?)


あすくん。この方もまた、ハマるとなかなか抜け出せない沼です。

私の周りでバッタバタとあす沼に足をつかまれ、ずるずると引きづりこまれているのが

その証拠です・・・そんなあすくんはウィーン少年少女合唱団のような

天使のような歌声で歌ったかと思えばグラミー賞を受賞するような

パンチのある美声で我々に力を与えてくれる・・・。


私は中日「シャイニング・リズム!」のあすくんのロケットボーイを見るために

中日劇場に2桁通った女だよ・・・(どこまでハマってるのよ)(どこまで思い詰めてるのよ)

あのあすくんはもう「尊い」の4文字を体現するような姿だったよ・・・。

あたしあすくんのために働いていたんだと思うわ。名古屋までの交通費・・・(遠い目)

・・・異常だよ、あくるさん。(異常だった。久城だけに。)(・・・?)


そして、あすくんこそが「職人の期・94」を象徴するようなキャラだと思っている。

雪組の潤滑油だよ、久城あすは。

あすくんいなかったら雪組は回ってないね?そんな気さえしてくる、以心伝心雪94。


自ら「噛んでもうた」と、噛むことをネタに話を展開する

話術の持ち主ってあんた、どんだけ笑いの神やねん?


もうちょっとお笑いを目指している、くらいの男子高校生に

あすくんの以心伝心見せたらたぶん夢つぶしてしまうよね。

「こんな面白い女性いるなら俺ら出る幕ないわ・・・」くらいの夢をつぶす

破壊力くらいあると思います。


久城あすの笑いのセンスこそ、94の最終核兵器


そんでもって実の姉は藤咲えり。持ってる人は持ってるもんだよね・・・。

家に藤咲えり様がいるんだよ・・・どんだけやねん!久城あす!!(涙目)



少将・宙組 風馬翔



通称「94の男気」。男気じゃんけんとかめっちゃ似合いそう。

大将の珠城閣下がいるのに、ピザ10枚くらいデリバリーでおごってくれそう。

しかもそんな男気があるのに誰よりも気遣い屋さんで優しいかける先輩。


かける先輩に惚れてる女役結構いるよね。


たぶんコスモ94の中だとさおと双璧だよね・・・。

「かける先輩、カッコイイ!」とかショーのときガン見されて、

バレンタインデーにはロッカーからあふれるほどチョコもらってるんだよ、きっと・・・

それをうらやましそうに見つめるかなこ(春瀬央季)な・・・

(ちょっとチョコの数数えてたりしてそう。そんで「今年はオレが勝った♪」とか

いうんだけど、かける先輩は「おい、このチョコは人の気持ちだぞ!」とかっていうの。

男気風馬翔・・・かっこいい・・・!!!※ねつ造です。)


かける先輩、結婚したらめっちゃ幸せにしてくれそう!と思っていたら

案の定「銀英伝」新公でミッターマイヤーやってた・・・(ミッターマイヤー:愛妻家)

んでもってロイエンタールがかなこだった・・・(ロイエンタール:女は星の数)


私はかける先輩にだったら人生を預けられます。(※かける先輩女性)(迷惑)



大佐・宙組 美月悠



このへんの階級、宙94が独占しそうでなあ。

最近勢いがすごいさおがたぶん大佐クラスだと思うんだけど、

どうしてもあの七海ひろきのブリドリが頭にちらついて


「無理!さお無理!(人生狂わされそうで)」


ってなる。さおはかける先輩とは別の意味で娘役の中でファンクラブとか

ありそうだよね。


汗をかいているさおを発見→娘役がタオルを渡す→「サンキュ★」(ウインク)


きゅ、救急車ーーーーーーーーーー!!!!!!!!!


みたいな。その子命大丈夫かな・・・(たぶん無理)。


私まぁ様ブリドリまではさおって「できる子」だと思ってたんだけど

七海さんブリドリ見て180度さおってできるけど、一般的にいう

ただの出来る子じゃなくて、ナチュラルに人を殺すことのできる結構な殺人鬼ってことに

気づくのに結構時間かかったよね。


いい人っぽいのに・・・


ウインクでただの女の子を殺すことのできる殺傷能力を持つ・・・


さおこわあああああ!!!!!


ってなっているので頭の切れる大佐で。かける先輩とはたぶん、

防衛大学からライバルなんだけど今かける先輩「レッツダンシング!」で

ブレイクしてるからちょっとかける先輩のほうが早く出世しちゃったんだと思います。


でもさおは頭が切れるから本気になれば大将いけるかもしれない。

そうです、かける先輩とさおは防衛大学からの仲良しです。

(※つくり話)



中佐・雪組 煌羽レオ



大将珠城閣下を第一印象ビビらせたカリ様。

いや、カリ様とさおは大差ないかもしれない。たださおのほうが女子受けは

すごそうだから早く出世したんだと思う。(世の中最後は女子票)


・・・逆にカリ様は男役受けがハンパなくよさそう。

事実あの月城かなとメロメロだし、理想の上司の壮さんにまで料理の腕は

認められてて「カリの焼きそば!?♡」ってなってたし(※組本)


カリ様、女の子からは「怖そう・・・」って思われてそうだけど

男役からは


「カリ様カッケー!!!!!(尊敬のまなざし)」

「俺カリと踊りてぇー!!!!(上級生からダンスの誘い」

「カリ様ごはん行きましょう!!!!(慕う月城かなと)」


みたいな。ありがたい話だねえ。

でもって心を許しているのはあすくんだったりするんだよ。

ここでも、かける先輩とさおのように、あすくんとカリ様は固い友情で結ばれている。

ライバルでもあるんだけど同じ組で育ってきて、同じものを見てきて、

同じ悔しい思いもしてきただけあってあすくんとはあえてベタベタしないけれど

ふたりが話し始めると人生単位で話せる。


どうしてここまで階級が違うのかというと、あすくんはコツコツやっていって

カリ様は「一発どかんと当ててやろー!!!」という男気あふれる博打気質。

でも、料理が得意な繊細な面を持ってるから現場に愛される。


そんなカリ様は現場主義、警察で言えばショカツで叩き上げられてここまできたのだ。

ちなみに大将珠城閣下とマブダチなのでちょっと怖い。いや、かなり怖い。


でもカリ様カッケー!!!!ってみんなから愛される、カリ様。

カリ様タカラヅカ入ってくれてありがとう。



少佐・星組 麻央侑希



ズバリ、まおくんはスタイルが素晴らしい。

ダルマになると誰もが黙る、そのスタイル。


「麻央の横並びたくねえええええええ!!!!!!!」


となる、そのスタイル。それだけでここまでやってきた叩き上げ。

まおくんがいるだけでその話の中心になってしまうそのスキル、

女子の世界に向いているとしかいいようが・・・ないじゃないか・・・。


たぶん、もうちょっと怒り甲斐があるというか、シュンッてなっちゃう子だったら

もっともっと「だからまおは!!!」ってなると思うんだけど

「あっ、すみませーん♡」って感じであのまおスマイルで笑ってのけるから

「・・・もういいよ・・・」ってなるというか。うわあ、女子高スキルゥ。


しかし別にぶりっこではないのだ。麻央というキャラなのだ。

横におくと嫌でも目立ってしまうから、真ん中に置くことでまおは輝くのだ。

では、仕方ない。真ん中に置くしかなかろう!!!!


・・・ってな感じでここまできちゃったんだ、まお。君はそれでいい。

まっすぐ育ってくれ。俺からは以上だ。




・・・これ以上書くと収拾がつかなくなるので6人で留めます。

ここまで書いておいてなんだけど、階級なんて名称だけでただ語りたい人を

ピックアップしたらこんな感じになりました。いやー、楽しかった。






しかし、94。



本気で沼だな。