TRUNK DIARY -ナナメカラタカラヅカ-

宝塚見て早半人生。まだまだ未知の世界すぎて幸せ。

まなはるが「ゆうみ」呼び。(萌)

どうも、おはようございます。あくるです。


もはや三条薫ネタが脳裏に住み着いてしまい、あのモヤモヤッとする

最後(完結していない)までもが愛しいレベルになってきました。


っていうか・・・完結していないって・・・どういうこと・・・・?


って最初のころは思っていたんですけど、見すぎてると


「まあ、三条薫を高嶺さまにやらせたかったんだよな!どーしても!!」


「たとえ、完結していなくても!!!」


ということに落ち着きました。高嶺さまの黒髪は、神です。


あ、昨日から三条三条うるさいね?と思われた方、

ぜひ雪組公演「虹のナターシャ」、ごらんください。


みんな、三条薫にやられてしまえッッ!!!(雑)


【と、いうことで現代に戻って、雪組稽古場情報流れました~Part.1】


まずあゆみ様とカリ様をぶっこむ稽古場情報が、そもそもアカン。


否が応でも期待してしまう、このメンバーがつらい。(プラスカレンさんとか、ネタ以外何者でもない・・・)

しかし、あゆみ様がいーいお仕事をなさります。


さりげなく、ちぎみゆ情報を

本人の口から促す、という高等スキル。



閣下の黒天使です。(訳:ナイスアシストあゆみ様)


(これ、意外と使えるな・・・)



①「伯爵令嬢」は、バイトがハンパない。(早霧)


え・・・私、今のチケット数で・・・足りる・・・?


いや、足りない予感しかしない。

だいたい、一回目はストーリーを追うことに必死になりそうだし

そもそもちぎみゆを嫌でもオペラで見ちゃうだろうし・・・


え、どうしよう、だいちゃんとかきんぐさんとかまなはるとか・・・?カリ様もだし・・・?


眼球疲労で眼科に行く自分が容易に予想できる

(「目薬出しておきますね~」)

(「っていうかコンタクトなのにまばたき少ないんですよ」、とかってきっと、言われるんだ・・・)


くそっ、雪組め!!!!(※八つ当たり)


(あくるさんは宝塚を見るとコンタクトが乾きまくるので、結果、劇場で3回コンタクトを落としました。)

(実話)



②「本当のミュージカルって感じですね。」



早霧さんのプレお披露目が本人曰く「ミュージカル」という事実だけで半ば涙目。


大きくなりよった・・・早霧さんがミュージカル・・・(※他意はありません。)

ジュテームジュテーム言いながら、ミュージカル・・・


わぁっ(逃走)(目指せ日比谷)

パフォーマンスがパフォーマンスなので、がっちりお芝居かと思いきや。


ミュージカル・・・(何度もいって精神落ち着かせてる)


楽しみすぎる・・・モーツァルト太田先生だし・・・


楽しみすぎる・・・!!!!!



③原作がマンガ、ということにこだわるレポメンツ。



しかし早霧さんが少女マンガを読む図がまったく想像つかない奇跡な・・・。

早霧さんジャンプ一筋っぽいし(ねつ造)スポ根しか読まないタイプ、

っていうかマンガさえ読まないタイプに見えます。


それ所以に、萌えを理解できない、サギリセイナ。


家庭環境って大事ですね。(他人事)


カリ様は「花より男子」が大好きそう、という事実無根の発言をして、次。

あ、あゆみ様はたぶん10代のころから「ヴォーグ」とか読んでそうですよね。

(やっぱりこの3人なんも共通点ないところが閣下の黒天使スタッフ、やりよる・・・)



④「アランって~、本当にひどいよねえ~」(早霧)



わかっているところが、逆に怖い、っていう。


無知ほど怖いものないですからね・・・かわす早霧・・・かわされる、あゆみ様・・・

その話をほとんど無表情でやり過ごす、カリ様・・・


・・・カリ様ァァァァァ!!!!!!!


「すみません、私、原作読んでないので。」


感ハンパない、カリ様。ステキです。読む気も起こらない、カリ様。(ねつ造)


THE・ゆとり世代



⑤「剣をペンに、持ち替えて」



一瞬あっきー特出かと思いましたよ。

宙組・澄輝さやとの専売特許と化している、「剣をペンに持ちry」(略すな)



あ「ゆうみちゃんとは、どうなんですか。」(閣下の黒天使並みのいい仕事)


「あ゛ぁ~~~~~~」



雪組生が生暖かく見守る、ちぎみゆ。かなりのぬるま湯感ですが、


雪組組子が固唾をのんで見守るちぎみゆこそ、

真の少女マンガ(ガチ)である。


一瞬のけぞる早霧さんに、クラスタたちは今日も元気にちぎみゆ妄想を繰り広げております。

うん、私ら相当元気!!!



⑦稽古場で、あゆみ様が変な声を漏らす。



あのあゆみ様がですよ!?あのあゆみ様がそうなるのに、

劇場の客席どうなっちゃうんですか!?


うわ・・・こええ伯爵令嬢。そして、それを演出する生田が僕はさらに怖い。

(想像するな!)(生田関連は妄想には危険すぎるぞ!!!)

(本人の存在がネタだからな!!!)



⑧カ「なんとかドンもあるしね~~~」



今の流行りで萌えの極地のこの演出が、

早霧さんはわかってない感、な。(一応うなずいてはいる)


「ともみんとー、舞咲さんの濃厚なあれやー、蓮城とー、有沙瞳のなんとかとか~」



すべてオブラートに包む早霧さんが思春期の中学生そのものすぎて。


(これを超えるとただの下ネタになるので「あれ」「なんとか」で必死にセーブする、早霧さん)

(この場にだいちゃんがいたらかなりの18禁レポと化するな・・・)

(早霧さんが必死にオブラートに包んだのに全部言う、鳳翔大(88期)。

(っていうかこの稽古場情報でで出てないのになぜかだいちゃんをぶっこむあくるさんが、

大ちゃん好きすぎて自分でもキモチワルイ・・・)



しかし、ともみん×ヒメ様・・・



アウトやろ。(見ている方の心臓に)



⑩目を閉じてニーニの声のオーディションをする、生田ヒロカズ。



そのシュールすぎることを一生懸命する生田先生。

きっと雪組子も「いやいやwwww生田先生wwwwww」

なってるな。たぶん。


生徒のネタにされやすさは師匠・コイケシューイチローと並ぶレベルまで達した。

(ちゃちゃーん!!!!)


生徒あるあるの「演出家モノマネ」のレパートリーのピラミッド3番手くらいには

入ってるとは思う(1位シューイチロ、2位サイトーか)


「ちょっとwwww生田先生超ウケるんですけどwwwww」


とかってカリ様に言われてしまえ!!!



さてPart.2ではカリ様活躍を期待しつつ。


かつて全ツベルばらでともみんちぎたのシーンで「なにこれ・・・すっげー・・・」と

名言を残したカリ様、期待しておりまっす!!!