TRUNK DIARY -ナナメカラタカラヅカ-

宝塚見て早半人生。まだまだ未知の世界すぎて幸せ。

雪組「前田慶次」新人公演②メインキャスト編~

昨日の続き。雪新公、睡眠を挟んだのにこんなにも興奮冷めやらぬ・・・

え!?どうして!?もうそろそろ落ち着きたい!!!



●奥村助右衛門   永久輝せあ



かなとくんが主演で、ひとこが二番手だからこの新公チケットを

鬼になって探したようなものなのです。



それくらい、れいこ×ひとこが見たかった。



→結果:ヤバかった。



とにっかく、立っているだけで麗しく、声がスッキリしていて癖がない。

オペラで覗く価値がある、永久輝せあ。

本役さんもとても美しいたたずまいで涼やかな奥村さんですが、

奥村ひとこも負けてないマイナスイオン発していた。


思わず同日の本公演のときも


「ここれいこひとこがやるんだよなー・・・

どうなるんかなー、ここ」


と思ってたラストの2人芝居があったのですがそ!こ!が!



秀逸シーンでした!!!




彩彩に続く、名物男役コンビ誕生の予感。

といってももうすでにショーでかなりシンメで使われているので


「このままで!!!お願いします!!!」


って感じです。


奥村さんは、場面が限られているので表現するのが難しそうだな・・・と

思っていたのですがそこはさすが根っからのキラキラスター永久輝せあ。

麗しく殿にめっちゃくちゃ頼りにされているのがわかりました。


「この奥村さんだったら殿全部頼るよね、加賀百万石、

永久輝が作ったってことか・・・」←違


キラキラ人間のくせに、しっかり実力派の面ものぞかせる永久輝は

雪組男子に着々となっている。


「誰も連れて行かないでね、うちの永久輝を・・・」


と思わずガン見しながら心の中でつぶやくほどです。

雪組で育てる、逸材です(誰だコイツ)。


日本物メイクもとても綺麗で、ひとこが出てくると自然に目が行く。


「慶次、私はお前が好きだ。」


も無理なく聞き入ることができました。本役さんが溜めていっているのに対し、

さらっといったのが特徴的だったかな。

面白いですね、ひとつのセリフでもまったく違う言い方。


新人公演っていうシステム考えた人神だな。


そこまでさかのぼってしまう、ひとこのひとことでした。


さて、れいこひとこですが。


芝居の相性、ヴィジュアル、背の感じ。


どれをとっても泣けてくるほどしっくりくる。


個人的にはオサアサの再来、くらいまでさかのぼっています。

こ、これを見たかったんだよ俺は・・・!!!感満載。

なんならこのままショーやってくれてもいいよ?(無理)。

トップと二番手の男役2人が相性いいのは、何物にも勝る価値があると思うので

これは貴重だと思います。


あと、ひとこ意外と(失礼)歌える子だったんだね!

よく知らなかったから、歌を聞いたときさらに

嬉しさで血が逆流しそうでした。


永久輝の最強伝説は、

まだ始まったばかりである。


ああ、奥村さんがどんどん好きになっていく・・・(止められないこの思い)。




●深草重太夫   真地佑果



個人的に一番期待していました。もうともみんの役をやる新人公演メンバーといったら

この人を外すわけにはいかないでしょう。


「心中」で場をさらった子役は、

まぐれじゃなかった。


いい仕事されます、この方。松風の扱い方も、ちょっとオーバーなしぐさも、

笑いを積極的にとる。

いい仕事ぶりです。


足を売るくだりも、秀吉に会うところの花道も大盛り大サービス。

(花道のところは席の都合上ちょっとしか見えなかったけど・・・)


あと、口が特徴的ですよね。口がとても表情豊か。


松風にちょっとバカにされているのも非常に「らしい」感じ。

あと、存在感あふれる「ぬんっ」としたあの大きさは、真地祐果しか

出せないと思う。くぅ~、思った以上に芝居巧者だったぜ。

覚えていて損はない。真地佑果。



雪丸     煌羽レオ



新公雪丸

三日月いらねえよ!!!!


・・・ってくらい、色気がすごかった。この役をやる人は色気だけで

食っていける人のみ、みたいな。

それが絶対条件、それができない人はお断り。みたいな。


っていうか・・・カリ様、こういっちゃなんだけど歌うまくなりましたよね!?


あと、本公演で各上忍者感をやっているだけあるし、ダンサーでもあるため

身のこなしがスマート。ラブシーンもさらっとしているようで、

ドキドキさせられました。セリ下がりながらのとこなんてR18ですよ!

カリ様がカリ様と呼ばれる所以ですよ!


だてにカリ「様」名乗ってるわけじゃないよな!


(いや、様づけしているのは私たちなんですけども)。


存在感がハンパないんですよね。雷のSEにスモーク、でせり上がりで登場なんて

本公演もなんて適材適所の使い方なの!と思ってたけど、

新人公演も本役さんの雰囲気とうまい具合に合う人を持ってくるなぁと。


本当に悪役を演じているカリ様はステキです。いい人やってると

「ど、どうしたカリ様!?」となっちゃうのは

申し訳ないと思っています。


でも本領発揮はやはりブラックカリ様なんだよな・・・あの学年にして

悪役専科・・・罪な人です。

(カリ様オスカルもやってますよ。)

(あれはまた違った意味でカリ「様」であった・・・)



●庄司又左衛門    久城あす



いやー、うまかった!ほんと、うまかった!!

これも本役さんがうますぎるため新公メンバーがやったらどうなるのかな・・・と

思っていましたけど。


杞憂に終わったとさ。


あすくんがしゃべると、劇場の客席が集中するのがわかるんですよね。

一語一句聞き逃さねえぞ、感。

本公演でも「久城あす、ここにいます!!!」っていう歌が素晴らしいけど、

(ピーン・・・と場が張る)

お又さん歌わないんですよね。ちょっと見る前は残念感に襲われたのですが、

まあ。まあよ。


この芝居も任せろや!オーラ。


全然久城あすを堪能できましたよ。手放してはいけない逸材ですね。


ううう、きっと優しいお父さんで甚内の成長を心から喜んでいる、

いーい親なんだろうなあ・・・と、いうところまで考えてしまう。

きっと、道中もお茶屋でみたらし団子に食いつく甚内を目を細めながら見つめながら、

「よし、そうだ、わらびもちも頼もうか?甚内?」みたいな・・・。


本役さんも非常にあったかいお父さんであり、強く、たくましい、いいお父さんオーラが

漂っているんだけど、あすくんお又さんも十二分にその魅力を放っていたのでした。


考えてみるとカリ様(悪役専科)とあすくん(あったかい雪組の良心)が

同期って・・・面接官、何があった・・・(そ、そこまでさかのぼる!?)

(すごい期すぎて泣けてくるわ!!!)



また長くなりました。ひとまず、メインキャストはここまで。


次回、箇条書きにて雪組のスーパー名脇役たちを


ここまでか!!!


といえるほど賞賛したいと思います・・・あーあ、クッソ!!!!



雪組好きだ!!!




(うん、知ってる☆彡)