TRUNK DIARY -ナナメカラタカラヅカ-

宝塚見て早半人生。まだまだ未知の世界すぎて幸せ。

数年の時を経て、和涼華が今熱い。(私の中で)

どうも、今録画していた「マラケシュ・紅の墓標」を観ているのだけれど

これ生で見たとき全然理解できなかったのに今観ると深いお芝居だなあと、

改めてオギー芝居にこの春野寿美礼政権時代の花組の深さに感動している

あくるです。オサ様のベージュスーツ姿とか超好きだったな。



当時は全然わからなかったけど今はなんかこの芝居わかる気がして、

それで結構面白いと思っている自分に、やっぱり同じ人間でも、

こんな私でも年齢重ねているんだな、と。



同じオギー作品の「螺旋のオルフェ」、今観たらちょっとはわかるかな。



オギー演出と聞いて「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」がすっごく観たくなりました。


この前「レディ・ベス」を見に行ってお手洗いに並んでるときふと

ポスターを観て、「へー、キャッチやるんだ・・・ってオギーかよ!?」と

ひとりしばらくもうひとりの自分と戦っていました。



(しかし雪組ともろかぶっていてあきらめる。

ごめんオギー、今の私は雪組担にさせていておくれ・・・申し訳ないけど・・・!!!)

(えりあゆちぎまつを観れるのは今しかないんだ・・・!!!)

(※キャッチミーも同じ今しか見れないものですよ。あくるさん。)

(そ、そんなことはわかっておるのだが・・・!!!ああ、舞台鑑賞という趣味はつらいな・・・!!)



オギーといえば、あ、私まだグラフ感想書いてないや、やっべー、あ、いや

(大きなひとりごとだな!!)

蘭寿さんのさよならインタビューでオギーの名前を久々に聞いてきゅんとなりました。


なんだよオギー、



さすがいいこというじゃねえかよ。



じわじわきますね、研1で新公で役が付いた蘭寿さんに向かってのひとこと。


なんか・・・厳しいけど、愛を感じました。



「成績がいいから役が付いただけ。これが続くとは思わないで。」



・・・うう、オギーのこのひとことで蘭寿さんが腹をくくったと思うと・・・



オギー、いいこというなあ!!!


そして、それで今の蘭寿さんがいる。



オギー、あんたサイコーだよ!!!


で、何を話すかと言うと、サイトーのお話です。(おーーーーーーい!)

(同じ演出家の話でも180度違う人すぎるじゃねえかよ!!)



この前いつものヅカ友さんとお話していて急にふたりとも「エル・アルコン」を

観たいねと言い出し。

深夜の鑑賞会をしておりましたんですけども。



やっぱりオープニングが神すぎました。



オープニング画面で、しばらく二人とも言葉を発しない状況に

(見入っていたため)。



でね、(でね?)サイトーの大劇場お芝居デビューがこの「エルアルコン」とだった、

と教えていただいて。



ヒュウ~(←※鳴らない)。



音楽、映像、盆、セリ。



若手演出家デビューにありがちな



「はしゃいで盆セリ舞台美術を多様使い舞台進行さん激怒」



の図だと思うんですけど、やっぱりサイトーってこの舞台の立体感を作り出す

才能ってすごいなと思いましたね。


まあ、中のスタッフ(特に舞台進行さん)は



「げー!!!次サイトーヨシマサかよー!!??」

ってげんなりする図も見えるのも当然かと思われるような

盆セリ使いですけど。お察しします。もう



奈落戦争のような状態ですよね・・・これ・・・。


タイミングが合わないと、すべてぐちゃぐちゃになる具合が。


あと、やっぱり語彙センス的なものも。



一度聞いたら耳から離れない



「♪みっしょ~~~~~~ん」



とか。



それがあのとうこさんvoiceで流れてきたらもう、深夜で

熱唱現象が起こります。はい、一緒に



「♪みっしょ~~~~~~ん」


ですよ。不思議よね、とうこさんと歌うと歌うことも怖くないの(※勘違い)。



ちなみにそのヅカ友さんとの間で今熱いのがTHE・あの86期の



彩海早矢と和涼華さんです。


(なにがTHE・あの86期なんでしょうね・・・)(「THE・あの」という日本語がおかしい)


当時マスターズのあかしがせりあがってきたところで


「キャーーーーー!!!!!なにあのイケメンーーーーー!!!!!」



となり、しみこさんのブラックの薔薇加え登場で



「ぎょええええええええ!!!!!

とんでもないのキターーーーーー!!!!」



となったのが昨日のよう・・・(※軽く8年前。)(あくるさんのシナプス腐ってます)

(これでペガ子で意識吹っ飛んだらあくるさん、病院行ったほうがいいぜ)

(いや、今すぐ行ったほうがいいぜ)



でもさあ(でもさあ?)やっぱりしみこさん、華があるんだよ・・・

登場であの輝きはなっかなかいない逸材だったなと・・・

はっきりいうと今いたら



相当無双なスターさんだったと思うよ・・・?



くう、つらい。

ひとつひとつ動作に華があってどこにいても目に付く。言い方!!!




この「エルアルコン」、原作少女マンガのせいなのかヴィジュアルも

かなり凝っていて、忠実なんですよ。これ、きっとサイトーが



「しみこ、顔にキズ作ってね」



ときっと指定済みだと思うんですよ。でね、顔にあれだけキズを作っても、



和涼華の美しさといったら国宝ものなんですよ!!!


ううう、つらい・・・しみこさんかっこよすぎてつらい・・・。(そっちかよ)



今在団中だったら、(組替えしてないと考えて)

もしかしたらもしかしたら柚希礼音と星組を背負ってたかもしれないと思うと・・・



俺つらくてじゃっかん気持ち悪くなってくる。




(訳:星組さんが無双すぎてキャパに入らないかもしれないってくらいすごい組だ)

(訳2:今も十分星組さん無双でつらいけど)



またね、ブラックっていう役がめっちゃくちゃ!すっごく!どうしようもなく!!!



かっこよすぎるんだ!!



イケメンで、漢で、義理人情に厚く、柚希さんをいいところで助けるんだ。




これ、どうしよう!!!ってなるんだ!!!!!!



(あくるさんうるさいよ)(「!」マーク多用すぎてつかれるよ)



あああ、和涼華。


8年の時を経て、あくるさんの中で再ブーム中。



(今・・・初演スカピンを観ていて・・・アルマンのところで一時停止してる・・・)

(病気だよ!あくるさん!!)

(あんたさっさと今日は寝てくれよ!頼むから!!)

(ちょっと疲れてるからマンガ同じ巻買ってきちゃうんだよ!!)

(※実話)

(「この新刊買ってないやー」と本屋で買ってきたマンガもう買っていて

軽いダメージ負ってる・・・)(病気というかね、バカなんですよね)



(しかもこれ、二回目なんだ)

(ああ・・・バカだね・・・)



・・・あれ?今日はサイトー作品マンセーの記事書こうと思って開いたのに、

人間って正直だね、結局「しみこさん、ああしみこさん」っていう思いが募ってたら

しみこさんの記事になっちゃったよ。






まあ、あれです。総括すると、



根がヲタクで同じマンガ愛好家である斎藤吉正の世界観が

あくるさんは嫌いじゃなく、そしてみなみちゃん(南海まりさん)の10頭身に

震えが止まらなく、色気ダダ漏れの愛人シグリット様に溺れ、

とうあすはやはり奇跡のトップコンビだよ!!!




そしてバイトしまくりのゆりかちゃん・・・



嗚呼・・・ちくしょー星組・・・




で、




し!み!こ!さ!ん!!





ってことなんですよ・・・(最後の最後まで意味不明な、今日の記事)

(あくるさん昼から酔っぱらうのやめて?ね?)

(いえ、シラフです・・・)




そして、星組先生のSさんから「「エルアルコン」新公のブラック役は真風涼帆」という

情報に・・・




私は主に泣いています・・・





(しかもその新公、去年流れたんですって・・・)

(あくるさん、過去最高級に自分で自分を罵っている状態だから・・・そっとしておいてね・・・)

(ああもう!!!自分のバカさ加減に頭にくる!!!)




さて、初演スカピン再生します。続きを。




くう。つらい。(なにもかもが)