TRUNK DIARY -ナナメカラタカラヅカ-

宝塚見て早半人生。まだまだ未知の世界すぎて幸せ。

月組「月雲の皇子」を見て、たまみゆドリーム入道雲のように広がっていく俺の夢お前の夢

いや、数時間のはずだったんだよね。仮眠。

それなのに、なんで時計を見たら(昼の)12時を過ぎていたんだろう?


と、いうことでたっぷり睡眠をとった後の


たまみゆは格別です。


どうも、あくるです。もうこのたまみゆ(withちなつさん)心待ちにしておりました。

昨日は解約するとかいってごめんね、CSさん。

こんなに早く放送してくれるなんてありがたい限りだよ

(なにこの変わり身の早さ)(なんてあくるさん自分勝手)。


と、いうことでバウ版の「月雲の皇子」(3回目)を見ておりました。


いや~・・・ほんと、いい作品ですね。おうちで落ち着いてお茶飲みながら見ると、

またいろいろな発見やたまみゆ(withちなつ)の素晴らしさ、

脚本、演出、照明、歌、キャスティング、まあひっくるめて上田くーみん先生、


ありがとうございます(三つ指)


(菓子折り持って)。


思えば年末、無理やり銀河に飛び、涙したたまみゆ(withちなつさん)にまた

出会えた喜び。これほど嬉しい桃の節句はございません。


私の安定のたまみゆ萌えはそのままに、月NWで「たまちな」に目覚めたところ

最期たまきくんがちなつさんの腕の中で力尽きるところなど、


上田くーみん、あなたは神ですか!!!!!!!!!


の領域ですよ。


まじめな感想は年末に仕上げたので萌えだけを箇条書き。

ごめん、この感動私の拙い文才では無理だったんだ。(こういうときのための箇条書きという手段)


・たまきくんの一幕の王子様っぷり(ここにリアルプリンスがいました。)


・しゃべらないみゆ姫(なのにどうしよう顔で語れるこの子の演技力)


・ちなつさんの無邪気な穴穂(この穴穂というキャラを鳳月杏に当てたくーみん先生は

マジで座付演出家の役目をこれだけで果たしたといえよう)


・と、いうかたまちなの相性がマジで良すぎてふたりが並んでるだけで

涙が出てくるんだ。一幕から泣いてるんだ・・・(一幕のどこで泣くのか自分でもわからない。)


・ハッチさんの歪んだ愛シリーズ。

この「実はお前は俺の息子なのだよ」シリーズはどの演出家が止めるのだろう。


・ハッチさんだから、納得できるこのシリーズ。私たちは大丈夫です。(何が)


・まゆぽん先生は本当に95期なのですか?いや、95期だから納得できる

何かもあります。


・まゆぽん先生とハッチさんが同等でも何も不自然さがないまゆぽん先生の奇跡。


・NO!みゆ姫の「声は発しないけど兄上(たまきくん)が好きなんです」オーラ全開NO!!!!!!!

(訳:ありがたいです、咲妃みゆさま・・・私たちに夢、与えてくださり。)


・たまみゆドリームその①木梨が衣通姫の部屋に忍び込む瞬間。


生きててよかったです。(私が)


・たまみゆドリームその②木梨が一瞬躊躇う、あの泣きそうな瞬間。


たまきくんにあの表情させる上田くーみん先生が僕は怖い。


・たまみゆドリームその③後ろからの木梨がみゆ姫への、あすなろ抱き。


振り切れる。そのままどこまでも行け、木梨。(理性なんか振り払え)(←それではダイナシです)


・たまみゆドリームその④木梨に抱かれた時のみゆ姫の表情。


お願いです、これは見てください。私がどうしてこんなにキータッチが

止まらないかを理解できるのはCSの「月雲の皇子」を見た、あなただけです!(ジャンプ風)

(訳:私の文才では無理です)


・たまみゆドリームその⑤このたまきくんとみゆ姫の身長差と体の大きさの差がたまらないんです。


無理のない男女カップルがここ、女の園タカラヅカで見れます。

(ドリーム以外なにものでもない)


・たまみゆドリームその⑥優しくみゆ姫に触る、たまきくんの理想の男性像。


このみゆ姫をフランス人形のように扱うたまきくん、そのスキルはどこで手に入れたのですか。

学年一桁でこの技を習得できているたまきくんの行く末が怖くてたまりません。


・たまみゆドリームその⑦だいたい、そもそもの発端はたまきくん→みゆ姫という矢印。


そして実は相思相愛だった、っていうオチが上田くーみん先生神なんです。


・たまみゆドリームその⑧「人を呼びます」


みゆ姫、呼ばないでくれ!たまきくんの想いを遂げさせてやってくれ!(結局何もないけど)


・たまみゆドリームその⑨「私が強いたのです」


これ。一幕のたまみゆドリームセリフこれ。



・・・たまみゆでこれだけ(しかも1幕だけ)書けるのって、自分でも病気かと思う。

っていうか、病気だな。



長くなりそうなので次回へ続く。(えっ、続くの?)(箇条書きなのに続くの!?)




ごめん、雪組好きとしてスルーできない情報が入ってきたんだ。

(あー・・・)(細かく言えば次の次です)