TRUNK DIARY -ナナメカラタカラヅカ-

宝塚見て早半人生。まだまだ未知の世界すぎて幸せ。

MENU

そんなこんなで、中日my楽。でも結局りくのことしか話してません

こんばんは、「お前何やってたんだよ(怒)」と怒られても仕方がないと
首を振りつつ、スライディング土下座。あくるです。毎日寒いですね。
と、テレビを見つつ雪の降らない我が地元で大雪の怖さに震えている。あくるです。

ソチもお気楽に応援しながら、中日my楽を迎えました。
最後は、マチソワダブル。最初から決めていたのでもう悔いはありません。
(いや、まあ、その、my初日とmy楽の間にいくらか調整をしたのもいい思い出です。)

今回は宝塚初めての友人と行ったのですが、その友人某中日新聞勤務でして、
ツテで私なんかが座ったら申し訳ない座席に座らせていただいたのですが
友人がですね、終演後一言申しました。


「りく様・・・」


・・・え!!!!!!!!!

・・・ゆうじんは、そらはねりくさんにこいをしました。(棒読み)

友人はひたすらりくのフェデリコと「シトラスの風」のりくに対し・・・
猛烈な勢いで熱い思いをしゃべり倒し・・・

私は、とりあえず、


「友人、「あおはね」ではなく「そらはね」だよ」


と頷きながら心で唱えてたって話。です。


そして、心の中で思いました。


まさか身近にりくのことを早くりく「様」と呼ぶ人間が
来る日がこようとは・・・!!!!!!




りくのくせに!!!!



(これがいいたかっただけ)

そして新公ステージトークのかのちゃんにデレデレなりくを見て、


「フッ、りくだな(微笑)」


とブレない蒼羽りくを見れて私は満足なのでした。
でもやっぱキャパのりくは神がかってると思うよ。

愛ちゃんもきっと認めてくれたよ、容易に想像できるよ
名古屋に見に来たあいちゃんに駆け寄るりくが。
(あいりくドリーム@スカステクイズからこの病)
(っていうか、あいちゃん来てくれたかな、名古屋に)
(ああんリスト様~♡な愛ちゃん@絶好調にエッジワーズ)(青年館も頑張って)


さて、見るたびにブチブチ編集に文句しか言えず、悔しくて唇噛みしめて
血が出そうになるのを必死で我慢する、
「銀英伝ダイジェスト」新公でも見て
りく・・・を、堪能しようか・・・。(ダイジェストなので、満足はできない)





・・・待って博多座もありだな、パツキンりく・・・。




は、待て、りくの話ばっかりになってる。
いかんこれ。いかんのだ!!!!!(何が)
(いいのだよ、自由の国日本なのだよここは・・・)



そして、私は毎回「シトラスの風」プロローグの
「♪ちゃーんちゃーんちゃんちゃん」で泣く、という本能を見るのです。
人間てわりと、正直。