TRUNK DIARY -ナナメカラタカラヅカ-

宝塚見て早半人生。まだまだ未知の世界すぎて幸せ。

雪ナウオンを見て未涼さんと早霧さんの今宵一夜をうっかり目撃。衝撃。

自分が許せない。3月はほぼ毎日更新できていたのに
4月は記事がものすごく少ない。本当に遊びに来て下さる方に申し訳ない。

しかもこの前の休みにHDDを整理し(つまりは容量がいっぱいになってしまい
これ以上録画できないってなった)片っ端からBDに落とし
HDDもからっぽだ。しかも、4月のCSの舞台はほとんど見てしまった。
(じゃあ感想書けよって感じだろう。私もそう思う。)

なので、唯一残っていた雪ナウオンを見る。
雪ベルばら。本当は舞台を見てから見る派なのだが
この場合致し方ない。宝塚を見ないと・・・見ないと・・・私は死んでしまう・・・!!!
(※そんな人はいませんが「死にそうになる」人は結構いると思います。)

マツダさんがパンダ卒業っていってたのに衣装がバッチリパンダである
(白黒のシャツ)(どうでもいい)
しかもマツダさんの下級生モード久々に拝見できて
マツダさん、敬語とか使えるんじゃん!!!」となる←失礼すぎる

あと夢乃聖夏さんが私の好きな夢乃聖夏さんすぎてたまらない。
「シュッといてパッと」あたりがたまらなく夢乃聖夏。
「理性を持ってシュッといてパッと」。ああ、たまんない。
ニュースではなかなか映らなかったジェロ様がばっちり映ってて、
あながち私の夢乃聖夏ごっこが間違ってないことに喜びを感じる。

ここで私は気づく。そうだ。まぁ様は夢乃聖夏さんを追って佐賀からやってきたのだった。
つまり、夢乃さんは佐賀出身だ。
じゃあ、楽屋はチギタさんと・・・九州・・・弁・・・!!!!!

も、萌える・・・!!なにジェロ様とオスカル様九州弁(決めつけ)
ドーナツのプレーン味を「透明!!」というジェロ様とオスカル様。
・・・夢のような楽屋だな(ドーナツの話どうしてここでする)
(そして九州だからなんだって話、最もである)
(方言は正義)

チギタさんは今回も名言がばんばん出てくる。

「私、研13。オスカル、女。女、乙女心。乙女心って、何。」

こんなカタコト中国語のようなことを真顔でとうとうと語る、チギタさん。

本気だ、この人末期。

チギタさんのオスカル、期待してます。
まあ、乙女心って何、って聞かれるとあれかな、お茶会の前には
美容院行くとか、ネイルするとか、そういうことかな・・・と思う私も末期。


人生が宝塚中心に回っていて正直両親が心配している(実話)。