TRUNK DIARY -ナナメカラタカラヅカ-

宝塚見て早半人生。まだまだ未知の世界すぎて幸せ。

宙「ロバート・キャパ 魂の記録」【CS観劇】

いや・・・!本当に・・・!涙が・・・!止まらない・・・!

世間ではどうだったかリサーチ不足ですが、
私はこの手の作品大好きです。
もともと戦争ものだけど、女性でも魅了される演出になっていて
タカラヅカ作品になってる!!
あの無骨なロバート・キャパの人生をここまでミュージカルにできるとは!
諒君!君はすごいよ!!

諒君の底力を見たシーンはなんといっても
キャパとゲルダの別れのシーン。
あの場面の美しさったらない。
涙が止まらないってこのことを言うんですね。(私が)

「パリで小さな写真館を開くんだ。子どもたちの写真をいっぱい撮ろう」

「僕はいつか失業するよ、世界が平和になるからね」

・・・諒君の脚本に涙が出る!!

別れのシーンもいいし、いち君が死んじゃう前の場面で
キャパといち君が話すシーンも大好き。
なんでいち君って愛称呼びなのかというと役名が長いからです(スパーン)

あと、なんといってもいちくんのダンスね。素晴しいね。
ずっと見ていたいダンスですよね。あーなんで辞めちゃったんだ、いち君よ。
キレッキレのダンス。な、泣けるぜ。

あと忘れはしない、エロ様(春風のみー様)のフィナーレの釣り師具合(またそこか)
(お前はそこしかないのか)。
だって!ちー様が!あんなに!さわやかに踊ってらっしゃるのに!

横でお客さん釣ってるんだもん!!

(本人は天然なのがまたくるよね、何かが)

ちょっと出番が少なくて残念だったな。
でも最後まで味方っていうのがイイ。
ふー、やっぱりみー様の釣り堀に案内されかけてるぜ。注意しないとな。
(もうハマってるのでは?)

あとかなめちゃんのこんなの見たことない!!っていうのは
ゲルタが亡くなったって聞いて取り乱すところ。
涙がとまらないよ、コレ(三回目)。
凰稀さんはだーだー泣いてるし。あんな感情をあらわにする
かなめちゃん見たことないよ。
いつもは余裕かましてるくせに(←かましているわけではない)。
あんな感情むきだしのかなめちゃんは見たことない(何度繰り返す)

あと、諒君は元祖ミュージカルバカ・小池修一郎の後に続ける逸材だと思います。
個人的に諒君のお芝居好きです。
「華やかりし日々」大好きでした(告白)。

夜中に見て夜中に感想を書くというのは危険行為ですが・・・
コレ、たぶん明日も見るよ、わたし。
で、明日も「キャパ、いーわー」って言ってると思うよ。


・・・人生、繰り返しよ。(←悟るな)


あと、(まだあるんかい)怜美うららちゃんの骨格が素晴しいですね
(それ、言っていいのか)(正直な感想)
なんか陽月華嬢を思い出す骨格の持ち主。
・・・もちろん褒めてます。うららちゃんいろいろあると思うけど、
レ バ ン ガ ! ← ウザイ・・・