TRUNK DIARY -ナナメカラタカラヅカ-

宝塚見て早半人生。まだまだ未知の世界すぎて幸せ。

歌劇

望海風斗が女性表紙の歌劇3月号が始まる。「カリスタってハー○クインじゃなかったんですね。」

ツイッターで表紙を見ていたにも関わらず、本屋にいざ行ってみると二山積んである歌劇を見て数か月前のことを思い出し「ほんっとこの人きれいだよなぁ・・・」と思わず声に出していましたみなさんお元気ですかあくるです。今回はピンクの背景に、赤のシャツ…

久々復活、歌劇2月号の長い感想文。涙腺壊れてます。

「さすがに前記事(れいちゃんかわいい記事)は降り切れてたねwww」と結構な方々に言われました、うん、私も読み返すと自分でも「どうしたww」となる。そんな雨の日曜日、みなさんいかがお過ごしですか、あくるです。私ごとではありますが、先日無事に…

本屋の力関係、歌劇9月号

「月刊プリンセス」の関係で、いつもと違う本屋で購入しました今月の「歌劇」。いつもの本屋は入荷5冊。と聞いていたのですが(地元の小さいころから愛用している本屋だったのでレジのおばちゃんともお友達感覚)ちょっと駅の方の大きな本屋さんへ行ってみる…

宝物の歌劇、8月号(長いよ)

この歌劇の感想を書かず、お前は宝塚ブロガー(※地方)なのか!・・・と、自分を少々責めまして、ネタもちょうど切らしていたので←本当はゴロゴロ転がっている・・・久々に歌劇感想を書きたいと思います。・・・今妹(四季ヲタ)が「カナリア」の「アジャー…

「それ、意味ある行動か。」父につっこまれた、歌劇7月号の感想を書いている私の姿。

「凄く良いです、色々と。大好きです。」・・・そんなかいちゃんがね!!!!!と、いうことで歌劇7月号。リアルロイエンタール(蓮水氏)と白ワイン片手にはしゃぐ(素化粧の)かいちゃんは、マダムタッソー館で全力で遊ぶロンドンガール、そのものです。…

私の「時間がない」はたぶんジェンヌさんには「ありあまっている」レベル。歌劇5月号。

どうも、4月号のグラフを見事スルーした、あくるです。いや、単に時間がなかっただけ。学生時代、そう言い訳を繰り返していろいろなことに逃避していた私に友人が一喝、「時間はあるものじゃない、作るものだ!」・・・と、いうことで涙が止まらない歌劇5月…

微妙すぎて発言に気を付ける、歌劇4月号。

「あくるさん、今月は複雑すぎて歌劇感想書かれないのですね?」んなこたぁありません人生でヤバいことからは逃げていますあくるです。100周年4月号、歌劇のタイトルもキラキラで理事も超絶の美しさときて「触れるのが・・・微妙すぎてこの号だけ感想やめよ…

遅れてごめんね、あんまり二ーズはない私の歌劇3月号感想

今日何日だよ!?今さら感想って恥ずかしくないのかよ!?・・・ごもっともでございます、でもそうも言っていられない早花先生はどこのソースで組レポ。を書いていらっしゃるのですか?そんな歌劇3月号。まぁ様の表紙がまぎれもなくまぁ様で素敵ね♡そしてい…

社交男子にハート射抜かれ今月たぶん最長記録。歌劇2月号

今日のお仕事が終わり(早番だったので)、いそいそと本屋に向かう私はふと、空を見上げ考えるのである。・・・今からでも中日行けるな・・・!!!!!はい、そんな毎年2月恒例の「この時間からでもソワレ中日行けますよ」持病を抱えるあくるさん、歌劇2月号の姫…

ベルばら見ながら歌劇1月号

とっくに仕事始めしていますがお正月ももう終わりですね。おばんです、あくるです。そんな私は雪組さんNHK「ベルばら」を横目で見つつ最初の宝塚活動を始めたいと思います。ハイビジョンうつくしい・・・。正月から夢乃聖夏ジェロさまを見れて私は幸せ者です…

今年ラスト、歌劇12月号感想

名番組「翔け!すみれんず!!」の再放送にウキウキしています。おばんでーす!あくるでーす!これ、四国・中国編ではがおりさんがイッテQばりに洞窟探検したり(タカラジェンヌがヘルメットで頭に懐中電灯をつけて探検するという画がかつてあっただろうか…

ウイスキーのロックに酔いしれる、歌劇11月号

全く私も単純である。座談会でお酒の話になっていて「最近・・・ビールしか・・・飲んでないな・・・」と考えること数分、もう車に乗り込み気づけば近所のリカーショップに行ってウイスキーを買っていた。気分は早霧さんである。あとついでにジンとウォッカ…

グラビアモデルな望海風斗 歌劇10月号!

歌劇やグラフを読むときは大好きなポテトチップスは食べない――――自分への掟である。学生時代、私の無類のポテチ好きのせいでうちにあるグラフと歌劇は少々油がしみついているのを発見し、TSUNAMIのような後悔に襲われ、大好きなものを食べながら大好きなもの…

轟理事のスカーフの柄すげえなと思ったら「PARIS」・・・さすがだぜ!な歌劇9月号

クーラーの効いた部屋で、おいしい柚塩冷ラーメン(※サンクスの新商品)をすすりながら歌劇を読む。休日前の素敵な素敵な土曜日の夜である。私は歌劇を読みだすと他のものがどうでもよくなる習性があり、今日ももれなくである。そこに、家電が鳴った。もちろ…

歌劇発売日に爆弾投下、でもめげずに気づけば深夜1時です歌劇8月号!!

歌劇発売日に爆弾を投下するある日本の歌劇団に、ひとこと言いたい。クララ・シューマンの伝記マンガが小学生のときの愛読書であり、半年間図書室に返さなかったのは私です。その私の愛する世界を今話題の上田久美子女史が描く「究極の三角関係もの」をまぁ…

一刻も早くねねあゆ対談を!!!歌劇から次々出てくるキャラ無限大。歌劇7月号!

ちょっとお久しぶりになりました、あくるです。みり様のさわやかな表紙がヤバいぜ歌劇7月号!■ ロミオとジュリエット 舞台写真全体的にしーらんの写真が非常にいいセレクト。しかし結婚初夜の写真がないけど、仮死状態のお人形ねね様をぎゅうっと抱きしめる…

文豪ふたりの記事が今月も冴える!そして早花まこ先生はついに禁断の・・・!?歌劇6月号!

もう涙涙の展開、歌劇6月号。少しも早く、歌劇のふたりの文豪・雪組早花まこ先生と七海ひろき先生の誌上対談を!!少しも早く!!と、いうわけであゆのお兄ちゃんが表紙だよ、歌劇6月号☆・雪組 ベルサイユのばらこうやって順を追ってあらすじを読むと、自…

宙組・七海ひろき氏のリアルヲタク系文化女子度ハンパない歌劇5月号!

おはようございます。昨日ブリドリまぁ様編見る前に「のぼうの城」見たのですがあれ・・・長い!!(※宝塚と同じ時間くらいです)水攻め、怖かった。あれ、震災を思い出すとかの関係で一年公開延びたんだよね。うん、あれはだめだわ。軽くデジャヴだと思う。…

壮一帆の雪組スタートだぞ歌劇4月号!

と、ジャンプのような記事名で始めます。まだ半分しか読んでません!座談会でチギタさんの中2コメントに読者も赤面です!壮さんとあゆっちお披露目対談。の、前の演出家コメント。相変わらずのキムシンの言葉センスに震える半ページ。いや、語彙センスがない…

今さら3月号

・・・もう10日だっていうのにね!(朗)・歴代ベルばら出演者スチールの並びが勉強になる件。【オスカル】ミズナツキがさりげなく紛れ込んでいる!!(※水夏希さんは本当にオスカルをやりました)(ウォーリーじゃないんだから)オスカルは赤か水色の軍服。…

タカラジェンヌと文才

ブログの記事画面を開いて、もう30分になる。今日は何を書こうか。歌劇を読んでいて、最近すごいと思うのは「組レポ。」の雪組担当の早花まこ嬢とOG陽月華嬢の連載なのだが。何だあの文章。タカラジェンヌだったうえにあの文才。歌って踊れて芝居ができてあ…